早稲田大学ラグビー蹴球部

早稲田大学ラグビー蹴球部公式サイト

WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE
MAIL facebook twitter Instagram YouTube

ワセダへの道上井草グラウンド紹介

芝生について

天然芝メイングラウンド

上井草最大のウリは何といっても天然芝のメイングラウンドです。「色々なものを試して一番いいものを選んだ」(清宮前監督)と言う様に、芝の種類、配合にも拘った最高のものとなっています。

芝のグラウンド最大のメリットは「低いプレーに強くなる」こと。ワセダの生命線・ブレイクダウンの強さは芝のグラウンドがもたらしたと言っても過言ではないでしょう。「やりたい練習がいっぱいできるようになった」と誰もが口を揃える様に、効率的な練習が可能となります。さらに忘れてならないのが、転がってもジャージーが汚れない清潔さ。「芝に変わって一番よかったのは鼻の穴が汚れないこと」という冗談も、あながち嘘ではなさそうです。ワセダラグビーの3Kは「快適・きれい・華麗」と言ったところでしょうか。

ちなみにゴールポストの高さも14メートルと秩父宮や国立をしっかりと意識。照明設備はもちろん、全天候型ランニングコース併設と、まさに至れり尽くせりです。オックスフォード大・スティーブヒル監督も感嘆の声を挙げました。「First class in the world!」―

01_g02.jpg 01_g01.jpg

人工芝サブグラウンド

グラウンドは1面だけにとどまりません。人工芝半面のサブグラウンドも隣接されています。こちらも、「ラグビーで使うのなら、サッカーと違って高くていいものでなければ意味がない」と言う清宮前監督の意向により、品質は最高級。メーカーとの研究後、品質と値段を検討し、カナダ産フィールドターフを採用しました(当時のラグビー界ではワセダが初!)。人工芝によく見られるケガもほとんどなく、その質は日本一と言っても言い過ぎではありません。もちろん雨の日も練習可能で、チームの強化にはこの上なく強い味方となっています。ちなみにこのサブグラウンドの人工芝化は、OBの方々による寄付によって実現しました。

01_g04.jpg 01_g03.jpg

スクラム練習場

さらにさらに、上井草にはスクラム練習場なるものも存在します。これはメイングランド脇にあるおよそ400㎡ほどのスペースで、こちらにもサブグラウンドと同様の最高品質人工芝が導入されています。このふたつの人工芝により、年に3~4ヶ月は必要とされる天然芝養生期間中も、しっかりとトレーニングを積むことが可能です。ちなみにこのスクラム練習場、FWの間では「国立」と称され、日々熱い戦いが繰り広げられています。そう、ラグビー=スクラムです!

01_g06.jpg 01_g05.jpg

↑ナビゲーションへ戻る

トレーニングルームについて

グラウンドに隣接されたトレーニングルームには、ラグビー選手に必要であろうとされるマシンの中から、最良のものが世界中から集められています。

冷暖房はもちろん完備。最新の『カム』(関節可動域中、十分に負荷が筋肉に与えられるように工夫したもの)を備えた最新のマシンがズラリと並んでいます。中でも首のトレーニングマシン、スクワットや椅子に座って肩を鍛えるショルダープレス、背筋用のマシンなどは日本中を探しても、2,3台しかありません。

そして、このトレーニングルーム最大の特徴は、コンピューターと各マシンがケーブルでつながっていること。それぞれの選手が行ったトレーニングの重さ、回数、スピードの履歴が、コンピューターへ自動的に入力されていく仕組みになっており、100人を超える部員のデータの一元管理が可能となります。

また、選手が割り当てられたICチップ入りのリストバンドをコンピューターの読み取り機の前にかざすと、各々のトレーニングデータが画面に現れ、その日のトレーニングメニューが選手に示されるという、世界でもなかなか類を見ないシステムも導入。まさに世界最先端ともう言うべき、『科学的』なトレーニングで、選手たちのモチベーションも絶頂です。

02_g02.jpg 02_g01.jpg

↑ナビゲーションへ戻る

寮について

グラウンドと目と鼻の先、寮の概要から説明しましょう。

ラグビー部の寮はグラウンドと目と鼻の先に隣接されています。鉄筋コンクリート2階建てで、使用されている部屋数は16。部員全員が生活しているとお思いの方もいらっしゃるでしょうが、キャパシティーの問題もあり、入寮できるのはおよそ40名の強化指定選手のみとなっています。
それぞれの部屋は天井がおよそ4メートルと、窮屈さを感じることのないすっきりとした造り。もちろん冷暖房完備で、とっても快適です。大きな机も人数分備え付けられており、勉強もバッチリ!共同生活だと自分ひとりの時間はなかなかありません(部屋は2~4人で使用)が、これも大学生のうちしかできない貴重な経験です。

そして気になる食事はといえば、メインがひとつに副菜がふたつ。朝食には納豆がつき、夕食では新鮮なサラダとフルーツが食べ放題。欠かすことのできない牛乳もたっぷりと用意されています。毎食のメニューはしっかりとカロリー計算されており、試合が近づくと肉類を避ける配慮までなされています。ご飯を作ってくださる方々には頭が上がりません。また、栄養士の方も付いており、食生活についての細かいアドバイスを受けることもできます。レシピまで教えてもらえるので、一人暮らしの学生でもしっかりとした自己管理が可能です。味付けも北は東北から南は九州まで、マルチな味覚に対応しています。

交替浴が可能なお風呂に治療部屋もついて、住み心地は最高です!

03_g01.jpg 03_g02.jpg
03_g03.jpg 03_g04.jpg

↑ナビゲーションへ戻る

前のページで受験体験記を紹介をしています。
受験体験記 / 早稲田上井草グラウンド

TOP
BE THE CHAIN WASEDA RUGBY 早稲田大学ラグビー蹴球部
OUR PARTNER
asics
株式会社共立メンテナンス 新潟の新しい米 新之助 POWER PRODUCTION CITIZEN GAME READY
Wattbike ATARIYA 当矢印刷株式会社 株式会社 識学 Diverta Nakashima & Co.
nendo finan=sense cocolone AuB Valor Holdings
LINK
MAIL facebook twitter Instagram YouTube
OUR PARTNER