早稲田大学ラグビー蹴球部

早稲田大学ラグビー蹴球部公式サイト

WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE
MAIL facebook twitter Instagram YouTube

PROFILE

1917年 早稲田ラグビー蹴球部の歴史が始まる

大正6年(1917年)秋のある日、井上成意たちの仲間が大学の校舎の片隅でパスやキックの練習に興じたことが引き金となり、大正7年に産声を上げた早稲田ラグビーの歴史は、2000年11月7日で83年が過ぎた。

昭和2年の画期的な豪州遠征をきっかけとして「ゆさぶり戦法」を編み出し、幾多の名選手を輩出した戦前の黄金時代。また、戦後昭和20年代の常勝時代。あるいは40年代の連覇の歴史。そして50年代、早明伯仲の、常に優勝を競い合った時代など。早明戦の人気を考慮して、協会が国立競技場の観客席を全て指定席にしたというのも、スポーツ界では初めての出来事であった。

こうした、いわば早稲田ラグビーの輝かしい順境の時代は、それとは裏腹に、多くの逆境の時代があったればこそ可能となったのではないであろうか。エンジと黒のジャージーに袖を通すことのできなかった多くのチームメイトの存在があったからこそ、80年の時の流れの中で築かれたものではなかろうか。

太平洋戦争では多くのラガーマンが戦場に赴き、戦火に散った早稲田のラガーマン、その数25名。
戦後は食糧難に加え、畳がなく、窓ガラスは割れ、電灯がない寮でのスタート。OB諸先輩の、自らをもかえりみない援助。

昭和30年代にはBグループ転落からのAグループへの復活。それは優勝した年以上の血のにじむような汗と泥、たゆまぬ情熱、それに知恵の凝縮の賜物ではなかったろうか。37年にどん底から再起した時には、いわゆる「カンペイ」というサインプレーが生まれた。43年に、全日本がニュージーランド遠征でオールブラックス・ジュニアを破った試合でも、この「カンペイ」でトライを挙げている。

近年、ラグビー界も国境の垣根は年々低くなり、情報が、人が、技術が交流する時代である。
しかし、どんな時代背景にあろうとも、技を磨き、戦法を磨き、ひたむきで果敢、俊敏なプレイこそが早稲田ラグビーの真骨頂であろう。
幾多の風雪を越え、早稲田ラグビーは歩んできた。

ラグビーを愛する不断の思いと技術の継承、そして新しい戦法を育んできた創造性。それは力を得、時を得、人を得た時こそ、勝利という名の女神が微笑んでくれるのではないであろうか。15人が一体となった、激しくも麗しいプレーが緑の芝生の上で花開いた時、勝利を超えたた歓びが、早稲田ラグビーを包んでくれるであろう。少年のようなみずみずしい心をもったラグビープレー。そんなひとつのチームが、早稲田が想い描くラグビーの姿かもしれない。

profile03.jpg

TOP

今年の抱負

部長ご挨拶

2015年度は、対抗戦4位、大学選手権ではセカンドステージ敗退という結果に終わりました。ご声援ありがとうございます。今年度は新監督に山下大悟(2002年度主将)が就任し、主将には桑野詠真を選出しました。2016年度は大学選手権優勝に向けて、チームを生まれ変わらせたいと考えております。また、部員には、練習においては自分に厳しく、そして日常生活から早大ラグビー蹴球部の矜持をもって行動することを徹底したいと思います。どちらに転ぶかわからない勝負の世界、最後に勝利を引き寄せるのは、日ごろの練習に対する自信と日常の目に見えない努力が必要と改めて感じるからです。選手、マネージャー、トレーナー、分析、レフリーの全部員が己の役割を全うし、早稲田大学を代表して戦っていることを肝に銘じて頑張ります。

大学関係者、校友、ファンの皆様、上井草地域の皆様、提携企業の皆様など、早稲田ラグビーを愛するすべての方々の期待に応えられるよう全力を尽くしますので、今年度も、一層のご声援をお願い申し上げます。早稲田ラグビーを見た全国の少年少女が楕円球に触れてみたくなる、そんなラグビーを目指していくことを誓います。また、2018年には創部100周年を迎えます。この年を部関係者だけではなく、ファンの皆様とともに喜びあえるよう準備してまいりますので、ご協力よろしくお願いいたします。

ラグビー蹴球部長 早稲田大学副総長
法学学術院教授 島田 陽一

shimada.jpg
TOP

スタッフ

2017年度チーム体制【学生委員】

 
氏名 ポジション 学部 学年 出身校
主将 加藤 広人 FL スポーツ科学 4 秋田工業
主務 大藤 伊織   スポーツ科学 4 学芸大国際
副将 黒木 健人 CTB 教育 4 高鍋
副務 小柴 大和   3 函館ラ・サール
副務 南場 美佳   国際教養 4 南山国際
寮長 髙橋 吾郎 CTB スポーツ科学 4 修猷館
委員 鶴川 達彦 PR 文化構想 4 桐蔭中等
桑山 聖生 WTB/FB スポーツ科学 3 鹿児島実業
佐藤 真吾 FL スポーツ科学 3 本郷
岸岡 智樹 SO 教育 2 東海大仰星
TOP

早大上井草グラウンド

早稲田大学ラグビー蹴球部寮

167-0023 東京都杉並区上井草3-35-21
TEL 03(5303)9546 FAX 03(5303)9547

西武新宿線 上井草駅より徒歩2分

sakura.jpg

西武新宿駅より各駅停車で約20分。高田馬場駅より約17分です。
上井草駅に停車するのは各駅停車のみです。急行や準急は通過しますので、お気をつけ下さい。
また、上井草グラウンドには来場者用の駐車スペースは用意されてません。
ご来場の際は公共の交通機関をお使い下さい。

寮の前のスペースは緊急時の救急車などの駐車スペースとなっています。スタッフ、関係者以外の駐車はご遠慮下さい。
ご来場の際は、芝生の中には立ち入らないようお願いいたします。

上井草駅前商店街公式サイト ちょっと駅前上井草

TOP
BE THE CHAIN WASEDA RUGBY 早稲田大学ラグビー蹴球部
OUR PARTNER
asics
株式会社共立メンテナンス 新潟の新しい米 新之助 POWER PRODUCTION CITIZEN GAME READY
Wattbike ATARIYA 当矢印刷株式会社 株式会社 識学 Diverta Nakashima & Co.
nendo finan=sense cocolone
LINK
MAIL facebook twitter Instagram YouTube
OUR PARTNER