早稲田大学ラグビー蹴球部

早稲田大学ラグビー蹴球部公式サイト

WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE
MAIL facebook twitter Instagram YouTube

関東大学ジュニア選手権   試合結果

2003/10/18
(Kick off 14:00)

上井草

早大B 法大B
  7 7 - 15 22  
0 7
T G PG DG PT   T G PG DG PT
0 0 0 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

T:トライ G:ゴール PG:ペナルティゴール DG:ドロップゴール PT:ペナルティトライ

レフリー
//
タッチジャッジ


対法大B戦(Jr選手権)観戦記

2003/10/18

 「練習で起きていたことがそのまま出てしまった…」(ゲームキャプテン・正木健介)。芝生の養生に豪州遠征。Bチームにとっておよそ1ヶ月ぶりの公式戦。そこに待ち受けていたものは、13ヶ月ぶり、学生相手ではおよそ2年ぶりとなる敗戦だった。チームに走る大きな衝撃。試合後選手たちは言葉を失った。
 この日のワセダはいいところまったくなし。集散の遅さからくる再三のノットリリース。少しも前に押し返せない受身のタックル。何とかボールを継続しても、フェイズを重ねる毎にラインは減り、降りしきる雨とともに時間だけを浪費した。
 そんな最悪の展開でも前半を7-15(取られた3本はノットストレート、ペナルティーからのノータッチなど、すべてミス絡み)。メンバーを目まぐるしく入替えた後半も激しくゴール前に迫り、逆転の期待も抱かせたが、勝負所でミスを犯しジ・エンド。38分にはシンビンでひとり少ない相手に根負けし、7-22で後のない法大に会心の勝利を献上した。
 試合後にはあまりの不甲斐なさに、間髪を入れず反省練を敢行。「戦術とかではなく、もっと根本的なところ。こういう時こそ4年が引っ張らないと」(WTB山岡正典)。山岡、正木、紀ら4年生が見せた悲壮な決意。「これで終わりじゃない。とにかくここからやるしかない」(正木)。ワセダの危機は4年が救う…<HP委員 疋田拡>

<苦悶の表情を浮かべたゲームキャプテン・正木健介>
「今週は練習の時から姿勢がよくなくて、それがそのまま出てしまった。すべたが全然ダメ。ミスが多かったとしか今は言えない。悪すぎてビデオを見てみないと何とも…。春から内容のよくない試合をしても、結果としては勝っていたので、そのままきてしまっていた感がある。今日の負けが変わるきっかけになれば。幸いにもトーナメントじゃないし、これで終わりじゃない。とにかくここからやるしかない」

<悲壮な決意を見せたWTB山岡正典>
「負けてしまいましたね。僕って結構負け試合に出てるんですよ…。今日は全然ボールが回ってこなかった。後半はCTBの2人が前に出だしたんで、いけるという雰囲気があったのに、こっちに振ればトライというところで逆に行ったり、ターンオーバーされたり、チャンスを潰してしまった。ディフェンスでも受けて受けて、また受けてトライ。2人目も遅かったし、ボールを出しても時間が掛かってセットされてしまった。タックルで一発で倒せなかったのもあるし、バックスリーがノーバウンドで処理できなかったのもある。ここ何年かでこんな試合初めて。いけるって感じがあるのに、修正できずにズルズルと…。とにかくこれをいい反省にしないとダメ。練習のための練習ではなくて、試合のための練習だということをもっと全員が意識しないと。紀と正木とも話したけど、4年が熱くガツガツいくのは当たり前で、さらにそれを見た下の奴らがこういう風にしなくてはいけないんだと感じるような、方向性を示してあげられるようにならなくてはいけないと思う。まだみんな人頼みの部分がある。勝負を決めるのは戦術とかではなく、もっと根本的なところだという意識をもう一度持たないと」

関東大学ジュニア選手権 試合情報一覧

2003/12/23 帝京大B ○ 49-40 ●

2003/11/29 明大B ○ 43-31 ●

2003/11/16 関東学院大B ○ 40-34 ●

2003/11/09 帝京大B ● 21-24 ○

2003/10/25 明大B ○ 47-22 ●

2003/10/18 法大B ● 7-22 ○

2003/09/20 東海大B ○ 28-17 ●

法大Bとの戦績

公式戦対戦成績(2000年〜2002年) 早大 4勝0敗0分

過去3試合の対戦結果

2003/08/31 練習試合 ○ 38-14 ●

2003/05/31 練習試合 ○ 59-14 ●

2002/11/30 関東大学ジュニア選手権セカンドフェイズ・準決勝 ○ 43-17 ●

関連画像

トラックバック一覧

TOP
OUR PARTNER
asics
株式会社共立メンテナンス 新潟の新しい米 新之助 POWER PRODUCTION GAME READY
Wattbike ATARIYA 当矢印刷株式会社 Diverta Nakashima & Co.
finan=sense cocolone AuB Valor Holdings
LINK
MAIL facebook twitter Instagram YouTube
OUR PARTNER