早稲田大学ラグビー蹴球部

早稲田大学ラグビー蹴球部公式サイト

WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE
MAIL facebook twitter Instagram YouTube

関東大学ジュニア選手権   試合結果

2003/11/29
(Kick off 14:00)

上井草

早大B 明大B
  43 29 - 19 31  
14 12
T G PG DG PT   T G PG DG PT
5 2 0 0 3 2 0 0
2 2 0 0 2 1 0
7 4 0 0 0 5 3 0 0 0

T:トライ G:ゴール PG:ペナルティゴール DG:ドロップゴール PT:ペナルティトライ

レフリー
//
タッチジャッジ


対明大B戦(Jr選手権準決勝)・観戦記

2003/11/29

 紆余曲折を経たJr選手権もいよいよセミファイナル。この日はホーム・上井草で宿敵・明大と対峙した。
 降りしきる雨に、田んぼのようにぬかるむグラウンド。ワセダお得意の『揺さぶり』も覚束ない。「雨の日のメイジはやっぱり強い…」(フランカー・紀昌宏、4年)。
 開始2分、ラインアウトからの計画的な仕掛けでFB小吹和也(2年)が幸先よくトライを挙げたものの、その後は相手FWのゴリゴリに手を焼き、我慢の展開。『高速アタック』を掲げるワセダも、この日ばかりはひたすらキックに終始した。
 そして28分、相手のミスからチャンスを作り、CTB今村雄太(1年)がディフェンス4人を吹き飛ばして40メートルを走りきると、一気にスパート。ペナルティーからの速攻、裏へのキック(セービングで相手に競り勝ったWTB山田智久が、インゴールまでそのまま5メートル滑りトライ。これには「偏差値高いねー」と清宮監督も大絶賛)と効率的にトライを挙げ、瞬く間に均衡を打ち破った(29-12)。
 ところが、これで気が緩んだのか、ここからカウンターに次々とゲインを許し、自陣に釘付け。一発で決まらないタックルに、不発のジャッカル。「相手の圧力を感じた」(SO久木元孝成、2年)と言う様に、モールもまったく止められず、後半9分には逆転を許してしまう。
 一気に引き離せないもどかしさ。頭をよぎる2度の悪夢。夕闇迫る上井草は嫌な雰囲気に包まれた。
 しかし、この流れをスーパールーキー、現代ラグビーの穴を突く男・矢富勇毅が吹き飛ばす。逆転を許した直後の後半10分、ピッチに入ると、まるで曲芸かのような身のこなしで次々とゲインラインを突破。それまでの停滞がウソかのように、チームに勢いをもたらした。13分、ドンピシャのパスで逆転となるトライを演出すると、31分には密集サイドを自ら抜け出し、ダメ押し(43-31)。「矢富が入って助かった」(久木元)。この日も『矢富イリュージョン』。最後は再び息を吹き返し、チーム一丸虎の子のリードを守り抜いた(チームを鼓舞するプロップ東野憲照の激しいディフェンスは秀逸!)。
 苦しみながらも、これでついに決勝進出。2度の敗戦を乗り越え、消えかけた連覇を再び手の届くところまで引き寄せた。勝つことを宿命づけられた決勝戦はどちらが来ても(帝京大、法大の勝者)リベンジマッチ。地獄を見たワセダJrに失うものは何もない。<HP委員 疋田拡>

<メイジFWの圧力に苦心したフランカー紀昌宏>
「今日は攻守ともにあまりいいプレーができなかった。雨と言うこともあって、今週練習してきたことがあまり生かせなかった。本当はもっとボールを動かしたかったんですけどね。やっぱり雨の日のメイジは強い。モールは特に苦しかった。自陣で相手にボールを持たれるともう、危ないという感じで…。ワセダも雨用の戦いをしたけれど、キックでしか敵陣に入れないのはやっぱり苦しい。自分ももっと突破しなくてはいけなかった。課題はとにかくモールディフェンス。今日はデキが悪かったので、次の決勝では自分たちのらしさをだしてすっきりと勝ちたいです」

<激しい雨、ぬかるむグラウンドに苦心した久木元孝成>
「今日はとにかく苦しかった。ワセダのペースになる前にミスでリズムを崩してしまった。雨になるとやっぱりメイジは強い。前に出てくる相手の圧力を感じた。自陣に入ると危なかった。こういう日はどうしてもキックが多くなってしまうし、うちはFWだけでいけるチームではないので苦しい。回せないから組み立てにも苦労した。トライも2,3本はいい形で取れたけれど、あとは矢富の個人技。後半はゴール前でプレッシャーを感じていたけれど、矢富のトライで楽になった。矢富の持ち味がでたという感じ。アタックでも仕掛けられるようになってきて、自信もついてきたけれど、まだまだ竜彦さんの域には遠く及ばない。自分と竜彦さんの一番の違いはミスとか安定感。竜彦さんがいるとチームが安定するけど、自分はまだミスが多い。あとは何といってもディフェンス。自分の課題をしっかりと意識して上を目指していきたい」

関東大学ジュニア選手権 試合情報一覧

2003/12/23 帝京大B ○ 49-40 ●

2003/11/29 明大B ○ 43-31 ●

2003/11/16 関東学院大B ○ 40-34 ●

2003/11/09 帝京大B ● 21-24 ○

2003/10/25 明大B ○ 47-22 ●

2003/10/18 法大B ● 7-22 ○

2003/09/20 東海大B ○ 28-17 ●

明大Bとの戦績

公式戦対戦成績(2001年〜2003年) 早大 3勝0敗0分

過去3試合の対戦結果

2003/10/25 関東大学ジュニア選手権 ○ 47-22 ●

2003/06/07 練習試合 ○ 67-26 ●

2002/09/21 関東大学ジュニア選手権ファーストフェイズ ○ 61-17 ●

関連画像

トラックバック一覧

TOP
OUR PARTNER
asics
株式会社共立メンテナンス 新潟の新しい米 新之助 POWER PRODUCTION GAME READY
Wattbike ATARIYA 当矢印刷株式会社 Diverta Nakashima & Co.
finan=sense cocolone AuB Valor Holdings
LINK
MAIL facebook twitter Instagram YouTube
OUR PARTNER