早稲田大学ラグビー蹴球部

早稲田大学ラグビー蹴球部公式サイト

WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE
MAIL facebook twitter Instagram YouTube

練習試合   試合結果

2005/06/26
(Kick off 12:30)

上井草

早大C 関東学院大C
  35 14 - 10 24  
21 14
T G PG DG PT   T G PG DG PT
2 2 0 0 2 0 0 0
3 3 0 0 2 2 0
5 5 0 0 0 4 2 0 0 0

T:トライ G:ゴール PG:ペナルティゴール DG:ドロップゴール PT:ペナルティトライ

レフリー
//
タッチジャッジ


対関東学院大C 4年の意地とスーパー1年の力が融合!

2005/06/27


 「今日は4年の意地とスーパー1年生の融合、ですかね」(ゲームキャプテン・柏木良哉)。ラストイヤーに懸ける4年生の熱きハートと、怖い物知らずのルーキーが持つ間違いのない才能。そのふたつが見事なまでに重なり合い、気合いと根性で宿敵・関東を捻じ伏せた。赤黒も、純白ジャージーも、1年生も4年生も心はひとつ。この試合だけは絶対に譲れない―。
 試合は開始から互いのプライドがぶつかり合う壮絶な消耗戦。取っては取られ、取られては取る。鬼のような暑さがこれに加わり、揺さぶりワセダ対ゴリゴリ関東による究極の我慢比べは、時間の経過と共に熾烈さを極めていった。
 序盤こそ快調に2トライ(長尾&佐藤のホットライン炸裂!)を奪い、試合を優位に進めたものの、FW、セットプレーでの劣勢が顕著になってくると、それに比例するようにズルズルと後退。幾度となくインゴールを背負い、いつ逆転されてもおかしくない危機的状況に陥った。「後半は本当に苦しかった…」(柏木良哉)。
 しかし、ここでワセダを支えたのは、決して折れることのなかった強い気持ち。気合い、気合い、気合い。「あそこは絶対に譲れないところ。みんなもそれを分かってた」(フッカー伊藤勇介)と言う様に、指1本、最後の一線は根性で死守し、リードだけは一度も許さなかった。
 そして、4年の意地とスーパー1年生の融合。そのハイライトは、双方限界点を超えていたであろう後半40分。ハーフライン付近でマイボールスクラムを得ると、ゲームキャプテン・柏木良哉が苦しい体勢から「強気の」左8単。最後はCTB佐藤晴紀が渾身の力でディンフェンス3人を振り払い、文字通りの「熱戦」にケリをつけた。上井草を包み込む歓喜の渦。「ジュニアとして今年1番のゲームができた…」(プロップ・古畑博也)。
 FWは劣勢。スクラムも押され、モールも押され、終盤は足元もおぼつかなかった。しかし、それでも気合いと根性で、最後には試合には勝つ。「関東戦で1番大切なのはハート」(清宮監督)。この泥臭さ、人間臭さこそが、ワセダの根源。しかも春シーズンに関東Cを下すのは『清宮ワセダ』史上初!「今日はうまい酒飲みますよ」(伊藤)。赤黒も純白も、心はひとつ。この試合だけは絶対に譲れない―

<意地と気合いの勝利! キャプテンとしてチームを引っ張った柏木良哉>
「今日はトライを取られるとしたらモールとその周辺だと思っていた。2週間そこを重点的にやってきて、シンビンでひとり少ないところでも凌げたのが、この結果につながったと思う。今日はとにかく粘りの勝利。昨日の2試合を見て、みんなにも我慢だと言ってきたし、みんな本当にその通りにできた。トライを取って離しかけたところで逆に取り返されてしまって、試合としては苦しかった。今日は4年の意地とスーパー1年生の、んー、何ですか。融合ですかね(笑)。4年の意地は、教育実習でいない村上も含めて。苦しかったけれど、最後までみんなきれなかったし、いい試合ができた。負けてしまった試合もあったけれど、春の最後としてはいい終わり方。私事ですが、昨日の夜はかなりのプレッシャーを感じていました(笑)。A、Bにあれだけのゲームされたら、いい意味でプレッシャーかかりますよ。でもそれがよかったんだと思います。昨日の8のふたりを見て、ここは俺の方が上だとか、強気になれるところもあるので、とにかく最後まで赤黒を諦めないで、がんばります」


<今季初の80分 根性で勝利を手繰り寄せたフッカー伊藤勇介>
「今日は超疲れました。今年初めての80分で、不覚にも両足がつってしまいました…。昨日の試合を見て、関東は近場のアタックしかないと思っていたし、今日自分たちがやらなければいけないことも目に見えていた。ゴール前は本当にしんどかったけれど、よく凌げていたと思う。やっぱり4年がやらないとダメだと意識していたし、雰囲気も出ていた。あそこは絶対に譲れないですから。最後、佐藤がトライしたときにはめちゃくちゃ嬉しかったです(笑)。1年の10、12は本当にすごい(この日もフィールドを支配してました…)。もちろんみんなもよくがんばった。でもセットでやられて課題も残ったし、まだまだこれから。4年生がどれだけやれるかがカギを握っていると思うので、必死になってやっていきたい。今日はうまい酒飲みますよ(笑)」

C練習試合 試合情報一覧

2005/12/17 横河武蔵野B ○ 39-0 ●

2005/12/03 タマリバ ● 22-53 ○

2005/11/13 関東学院大C ○ 28-17 ●

2005/10/15 明大C ○ 43-19 ●

2005/10/09 東海大C ○ 45-19 ●

2005/09/17 タマリバ ○ 31-24 ●

2005/08/28 山梨学院大 ○ 40-26 ●

2005/08/24 埼工大 ● 7-37 ○

2005/08/21 関東学院大C ○ 40-24 ●

2005/08/15 立正大 ○ 43-14 ●

2005/06/26 関東学院大C ○ 35-24 ●

2005/06/12 専大 ● 5-24 ○

2005/06/05 東海大B ○ 72-19 ●

2005/05/28 明大C ○ 49-12 ●

2005/05/22 タマリバ ○ 14-12 ●

2005/05/14 日体大C ○ 63-0 ●

関東学院大Cとの戦績

過去3試合の対戦結果

2004/12/12 練習試合 ● 28-29 ○

2004/10/16 練習試合 ● 17-31 ○

2004/08/22 練習試合 ○ 31-26 ●

関連画像

トラックバック一覧

TOP
OUR PARTNER
asics
株式会社共立メンテナンス POWER PRODUCTION
ATARIYA 当矢印刷株式会社 Diverta
Valor Holdings
LINK
MAIL facebook twitter Instagram YouTube