早稲田大学ラグビー蹴球部

早稲田大学ラグビー蹴球部公式サイト

WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE
MAIL facebook twitter Instagram YouTube

招待試合   試合結果

2002/06/16
(Kick off 13:00)

札幌

早大A 明大
  82 28 - 19 19  
54 0
T G PG DG PT   T G PG DG PT
4 4 0 0 3 2 0 0
8 7 0 0 0 0 0
12 11 0 0 0 3 2 0 0 0

T:トライ G:ゴール PG:ペナルティゴール DG:ドロップゴール PT:ペナルティトライ

レフリー
//
タッチジャッジ


対明大戦観戦記

2002/06/16

対明大戦・観戦記

 「6月16日はワセダにとってメモリアルデーになる。それはこの日が、スクラム、ラインアウトで日本一になるファーストステップとなるからだ」。試合前夜のミーティングでのヤングのこんな言葉に、選手たちは奮い立った。「本物中の本物」ヤングに教わってきたのは、技術はもちろんのこと、「熱いハート」。この一週間で『荒ぶる』ワセダにさらなるファイティングスピリットが植え付けられた。
 「スクラムで勝負しろ!」。首脳陣の指示どおり、早大エイトは宿敵・明大を圧倒。目標であったスクラムトライこそ奪えなかったが、終始『重戦車』を押し続けた。特に後半は相手ボールをゲットするにとどまらず、スクラムが走り出すほどの凄まじい勢い。長らく続く「早明」の歴史では想像もできないような光景に、札幌の観衆はどよめいた。
 FWが前に出れば、必然としてそこに待ち受けているのはトライラッシュ。生きた球をBK陣が華麗に仕留め、FWに負けじと見せ場を作った。
 前半一時的にリードを許したものの、結果的に82点を奪っての爆勝。『重戦車』を粉砕した日…。2002年6月16日。この日は本当にメモリアルデーになるかもしれない。<HP委員 疋田拡>

<後半20分に登場。トライも決めたCTB山下大悟>
「今日は久しぶりの実戦だったけど、自分のプレーはまだまだ。チーム全体で見れば、明治が前に出てきたときに受けに回ってしまった。全然よくない。3本は取られ過ぎ。後半はよくなったけど、相手のフィットネスも落ちていた。前半の戦いを80分やられたらきつい」

<清宮監督試合後のコメント>
「後半はディフェンスがよかった。前半は相手ボールが取れな過ぎ。後半くらいボールが取れれば、あのくらい点は取れるよ」

<久々の観戦となった神戸製鋼・増保輝則>
「(82-19というスコアに)すごいね。今日は久々に見たけれど、昨年よりひとつひとつのプレーの精度が上がっている。アタックはとてもよかった。スクラムはビックリした。僕等の頃と全然違うなあと。明治相手にあれだけ押して、スカッとした。BK陣はいいと思う。すべてに言えることだけど、意図的な攻撃ができている。いくつか気になる点もあるけれど、夏洋(=前田コーチ)さんが修正してくれると思う。両WTBもタッチに出ないという意識があっていい。内側でポイント作ったり、リンクプレーヤーとして機能していた。清宮さんも2年目だし、選手もイメージが分かってきていると思う。今年こそ日本一になってほしい。久しぶりに赤黒見て懐かしくなった。最近はオールにも出てないし。久々に着たいなあと(7月7日北風祭では最強OBチームとして出場予定)。」

A招待試合 試合情報一覧

2002/06/29 関東学院大 ○ 35-34 ●

2002/06/23 同大 ○ 62-24 ●

2002/06/16 明大 ○ 82-19 ●

2002/06/09 全広島 ○ 101-5 ●

2002/05/19 慶大 ○ 108-17 ●

明大との戦績

公式戦対戦成績(1923年〜2001年) 早大 44勝41敗3分

過去3試合の対戦結果

2001/12/02 関東大学対抗戦 ○ 36-34 ●

2001/06/03 招待試合 ○ 61-45 ●

2000/12/05 関東大学対抗戦 ○ 46-35 ●

トラックバック一覧

TOP
OUR PARTNER
asics
株式会社共立メンテナンス POWER PRODUCTION
ATARIYA 当矢印刷株式会社 Diverta
Valor Holdings
LINK
MAIL facebook twitter Instagram YouTube