早稲田大学ラグビー蹴球部

早稲田大学ラグビー蹴球部公式サイト

WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE
MAIL facebook twitter Instagram YouTube

日本選手権 二回戦  試合結果

2006/02/12
(Kick off 14:00)

秩父宮

早大A トヨタ自動車
  28 21 - 14 24  
7 10
T G PG DG   T G PG DG
2 1 3 0 2 2 0 0
1 1 0 0 1 1 1
3 2 3 0 3 3 1 0

T:トライ G:ゴール PG:ペナルティゴール DG:ドロップゴール

レフリー
桜岡 将博
タッチジャッジ
岸川 剛之
篠原 克行
土屋 有司

対トヨタ自動車 ドリームチーム『佐々木組』ついに『伝説』へ

2006/02/13


 そこには想像を絶する感動と興奮が待っていた。早大28―24トヨタ。揺れる秩父宮、止むことのない大歓声、とめどなく溢れる涙…。Theワセダラグビー。2006年2月12日、『佐々木組』はついに『伝説』への扉を開けた。
 そのすべては偶然ではなく、必然…。「1年間ずっとこの日だけを見てやってきた」(主将・佐々木隆道)。対関東はもちろん、『佐々木組』のあらゆる判断基準は、「トップリーグに通用するのか、しないのか」。そして連覇を達成したあの夜、清宮監督から発せられた一言が、144人の想いをより強固なものにした。「俺は今季限りでワセダの監督を退くことを決めた。…。このチームは2月12日、歴史に残るゲームをします」―
 歴史に残るゲーム…。そんな一世一代の試合で掲げられたゲームキーワードは、このチームを最も奮い立たせる言葉・『ワセダ』。小さな者が大きな相手にいかにして勝つか。創部以来歩んできた88年は、すなわち挑戦の歴史。「明日勝つことこそが、俺たちの存在意義だ。お前らそう思わないか」(清宮監督)。もちろん、主役の144人も同じ思いを共有していた。AもBもCもDも、そしてスタッフも、いつもこの言葉でひとつになれた。『俺たちはワセダ』…。スキッパー・佐々木隆道は代表してその思いを口にした。「明日はワセダにしかできないラグビーをしよう。勝つことで、必ず何かが見えてくるから」。
 14:00、神風に乗って『伝説』へのキックオフ。そのファーストコンタクトで、ワセダの自信が確信に変わる。「最初のスクラムでいけると思った」(副将・青木佑輔)、「これ負けてるところないだろうって」(内橋徹)…。スクラム、ブレイクダウン、コンタクト、あらゆる局面でまったく問題なし。「五分だったらうちの勝ちですから」(主将・佐々木隆道)。あとはゲームキーワード『ワセダ』、周到に練り上げられたプランを、魂で遂行するだけだった。
 7分、14分と、奇跡の男・五郎丸のPG。さらに23分には、『佐々木組』の強い結束を象徴するかのようなモールで加点(11-0!)。対トヨタ用に準備したディフェンスが裏目に出る場面(ちょっぴり判断を誤りました…)もあったものの、それを吹き飛ばす『キング』曽我部佳憲のスーパートライ(ジャパンへ一直線!)、『諸岡組』の想いを背負った内橋徹のインターセプト&ラン(いやらしさ全開?)で、『伝説』の扉のカギだけはしっかりと握り続けた。この65分までの完璧な展開は、すべて劇的なエンディングへの布石…。
 そして4点差に迫られた残り15分。ここからが涙涙の『ワセダ劇場』、本当の幕開けだった。「世界のトヨタ」のプライドを懸けた突進、迫り来るゴールライン、いつ取られてもおかしくない窮地…。「もう本当に必死でした。みんなでトツしまくりです。ほんと、しんどかった…」(主将・佐々木隆道)。ひたすら繰り返される狂気のタックルと、魂のリムーブ。インゴールを背負い、横一線に構えるあの『伝統』のスタイル、あの大歓声がここに復活。明治でも慶應でも同志社でも関東でもなく、『俺たちはワセダ!』…。様々なものが移り変わる中でも、88年培ってきたワセダの『伝統』、赤黒にとってもっとも大切な『荒ぶる魂』は、『佐々木組』にもしっかりと受け継がれていた。骨折をおして戦い抜いた男・3名、フラフラになりながら無意識で刺さり続けた男・多数…。耐えに耐え迎えた歓喜のノーサイド。佐々木隆道の言った「ワセダにしかできないラグビー」、『ワセダアイデンティティ』は、最高の形で成就した。
 「何かが見える」。そう語っていた男の目に映ったものは、それまで見たこともなかったような涙と笑顔のハーモニー。「自分たちだけはなくて、ワセダを応援してくれている人が、こんなにも笑って、こんなにも泣いてくれて、これ以上幸せなことはない。これはジャパンでもない、ワセダだからこそ味わえるものです」(主将・佐々木隆道)…。2006年2月12日、多くの証人の下『佐々木組』は『伝説』になった。
 そして、興奮冷めやらぬ試合後のロッカールームには、清宮監督歓喜の雄叫びが響き渡る。「いやぁ、みなさん、やってしまいましたねぇ~!!!、次もいくよ、次も~!!!」。清宮克幸と佐々木隆道、そしてワセダ全員で成し遂げた、余りにできすぎの感動巨編。でも…、「ここがゴールなんかじゃない。まだみんなでラグビーができることが、嬉しくてしょうがないんです…」(主将・佐々木隆道)。ワセダ史上最も熱く、最も泣ける、マネのできない超大作。『佐々木組』夢物語は、まだまだ終わらない―


<5年目の集大成 夢の打倒TLを果たし感極まる清宮監督>
「1ヶ月以上今日に向けて準備してきて、色々とあったけれど、一言で言うと、学生たちが期待に応えてよくやってくれた。もうそれだけ。目が赤い?、最近本をたくさん書いている執筆疲れということにしておきます(笑)。昨年1番差があったのがセットプレー。スクラム、ラインアウト、モール。トップリーグにはこの3つがイーブンでないと勝てない。そこが今年のチームを作っていく上での柱だった。今日はファーストスクラムを見ていけると確信したし、ラインアウトもスカウティングの成果と、インテリジェンスでしょうか。別に研究し尽くしていたわけではなくて、いつもと同じように動きを読んでいた。ターンオーバーいくつしたんでしょう?、ここの勝利だと思います。ほぼイメージどおり。風でボールが曲がるなど、天も我を味方したという感じです。モールに関しては、トヨタがトップリーグの試合で1番失点しているところ(トヨタの失トライで1番多いのはモールです)。そこは絶対にいくと決めていた。あのトライはプランどおりです。今日戦っていく上で、自信を持てたのは最初のスクラム。スクラムがいけるとモールもいけるもんなんです。前5人にはお前たちが主役だぞと、ミーティングでもずっと言い続けてきた。今日はタイトファイブの勝利。(隣に座る佐々木隆道の顔を見て)いやっ、違うな。8人で組むということをやってきたから8人の勝利だな(笑)。観衆の力も今日の試合を左右した。今日のような雰囲気で試合をするのは、スポーツ選手にとって至福のとき。今日改めてそう思いました。すばらしかったです。次の東芝戦に向けても準備はしています。やってきたのはトヨタと東芝。トップリーグで1番強いチームがどう戦うのかすごく参考になるし、よく見ていた。トヨタは自ら前半の風下を選択したけれど、風上を取るべきだったと思う。トヨタが風下を選択したと聞いたときは、かなりよしと思いましたから。まぁそこは心理戦ですけど。佐々木を出すことは最初から決めていた。こいつが出ないなら俺もでないって感じですから(笑)。(トヨタ・内藤)慎平は今シーズンのベストパフォーマンス、すばらしいプレーをしてくれた。お互いに力を導き合う。来年以降もこういった形になっていくんだと思う。今村のローバー?、あれはローバーに見せかけてローバーはしないという戦術(思いついたのは○日前!)。あの位置にBKが立つと相手はスクラム押しに来なくなる。あの形を取ると、どのチームもそうなる。90年代は社会人が右肩上がりで成長した10年だったけれど、学生は同じことをしていた。私が監督になった2001年からの5年間は、その開いた差を縮めてきた5年間。自分の感覚としては、以前と同じ位置に縮まったという感じ。この5年間やってきたことが、しっかりと跳ね返ってきていると思う。今日は5年間の集大成。この勝利はワセダにとってものすごい財産になる。この先3、4年もいけるというくらいの。88年の勝利より価値がある。今日はミッション達成したぞという感じ。ファンの皆様にお礼を言いたい。あのスタンドの大歓声に、選手も私も酔いしれました。次の東芝戦も今日と同じ声援をよろしくお願いします」


<ワセダに新たな歴史を刻んだ『史上最高』のスキッパー・佐々木隆道>
「昨年この舞台で負けた悔しい思いを、1年間ずっと引きずってここまでやってきた。今日の試合は、清宮さんと部員みんなで築いてきたワセダのラグビーをしようと自分に言い聞かせていた。トップリーグでも上位に入る、オールブラックスの選手がいるチームに勝つことができて幸せです。でも次の東芝にはまだ借りが残っているので、やってやろうと思ってます。今日はすべて最初のコンタクトでいけるぞと。スクラムもタックルも全然負けてないって。スクラムを1本組んだら、前田が今日はいけるって言いましたし、僕自身もそう思いました。5分の勝負ができた。そこが5分だったらうちの勝ちですから。風上風下は別にどっちでもよかったんですけど、前半風上になったので、これは最初からいくしかないと。最後はほんと必死でした。ターンオーバーしようって、ほんとそれだけでした。トツしまくりです(笑)。しんどかった…。五郎にはあのPG決めて欲しかったです(笑)。五郎は行きたがってたんですけど、僕のプランの中ではあそこは10点差。ショットって言う前に、五郎は抗議してきましたけど(笑)、迷いはなかったです。あの点差で勝つならあそこはPG。序盤はここまで完璧って感じだったんですけど、やっぱりひとつのミスが命取りになると言っていたとおりになった。自分も後半1発目でターンオーバーされてしまいましたし…。でも1回落ちてからよく盛り返せたと思います。うっちー?、よかったですねぇ(笑)。あそこはうっちーが狙っているのは分かったし、僕も狙っていたんです。それで外切ってくるだろうなと思っていたら、ウッチーがインターセプト。絶対追いつかれると思いましたけどね(笑)。決勝もそうでしたけど、今日はみんなの喜んでいる顔が見られてよかったです。今年ほどチームのためとか、仲間のためと思ってプレーしたのは初めてでしたから。僕の周りにはいい人間がいてくれた。負けたまま清宮さんをワセダから去らせるわけにはいかなかったですし、今日はすべての人に恩返しができたと思います。来週はもっとでっかいプレゼントがしたいです。今日の勝利で何か見えたか?、んー明日とかじゃないですかね。とりあえずみんなの喜ぶ顔が見えました(笑)。それは自分たちだけではなく、ファンの方もです。ワセダを応援してくれている人が、こんなにも笑って、こんなにも泣いてくれて、これ以上幸せなことはないです。こんなのはジャパンでもない。ワセダだからこそ味わえるものだと思います。ワセダにはまだ次があるので、別に今日で達成感に満ちているとか、そういう感じはないです。ただひとつの壁は乗り越えたかなと。まだまだあがいている4年生と、また一緒にラグビーができるのが1番嬉しい。勝った瞬間は、次だ次って思ってました。別にこんなところでって(笑)。僕がここで切れたら終わりですから。嬉しいですけど、ここがゴールではないし、すごいことを成し遂げた感もないです。今日はワセダにとってどうこうというより、大学ラグビー界諦めてる場合じゃないって試合だったと思います。社会人とか関係なく、自分たちが上に這い上がってやろうという気持ちを失くしたら、ますます差が広がってしまう。ずっとそう考えてやってきた結果が、今日出たと思ってます。とにかく、このみんなでまだラグビーができることが何より嬉しい。東芝はジャパンの選手もたくさんいますし、ワセダがどれだけやれるのか、すべてをぶつけます。楽しみで仕方ないです」


<隆道に負けない存在感!最前列でTLを粉砕した副将・青木佑輔>
「今日は本当によかったです。ものすごい感動。もうそれだけです。言葉ではうまく表せません。今日は最初のスクラムでいけるぞって。前田もそう言ってた?、前田はそう言っていっつもやらないんですよ(笑)。全体としてはよかったですけど、最後少しやられていたのが心残りです。途中からはほんときつかった…。でもそこはFWだけでなく、みんなでがんばって乗り越えられた。最後はもう夢中です(笑)。これはヤバイ。こんなところで負けたら死んでも死にきれねぇぞって(笑)。ほんと必死でトツしまくり。勝てて本当によかったです。ワセダらしさ、だせたかなって(青さん、本当にすごかったです。激熱でした…)。次の東芝戦もやってやります。『佐々木組』はまだまだ終わらねぇぞって感じです。ワセダって本当にいいですね(笑)。最高です。今日はこの上なく幸せでした」


<5年間で最高のパフォーマンス!ついに夢を実現させたロック内橋徹>
「本当にこの日勝つためにワセダに入ったようなものでした。決勝に勝って喜び、安堵感というものはあったんですけど、満足感は得られなかったんです。でも今日この試合に勝つことで、やっとその目標を達成できた。今日はほんと命懸けという感じでした。ここで勝てたら死んでも構わないって。勝ってしまった?(笑)、今日はこうして生き延びて勝つことができたので、次も命懸けます。あのインターセプトは狙ってました。広瀬さんがもたついた上にパスもゆっくりだったので、いけるぞって。快足バックスリーの水野さんが追いかけてきたので、捕まるかと思ったんですけど、何とか逃げ切れました。最後にジグザグ走ったのがポイントです(笑)。今日はセットが互角だった時点でいけるぞと思いました。ラインアウトも完璧でしたし。やりながら、これ負けてるところないなって。外国人のパワープレーくらいで。慎平にインターセプトされたときは、こいつめって思いましたよ(笑)。慎平はすごく意気込んでいたし、ピリピリしてました。次東芝と戦えるのは本当に楽しみです。まさに挑戦。今日はベストパフォーマンスでした。いつもだったら走れないところでも走れましたし。ワセダっていいですね。声援がものすごい後押しになりました。今日は満足感、達成感で一杯です。今日で『諸岡組』の奴らが知らない境地に立つことができました。それもみんなが応援に来てくれたおかげだと思いますし、その代表としての気持ちを背負って戦った結果だと思ってます。感謝の気持ちで一杯です」


<佐々木隆道への恩返し!ついにTLをも凌駕した『キング』曽我部佳憲>
「今日はほんとやっちゃったって感じでした…。これで負けたらどうしようって。パスカットされるし、抜かれるし…。別に焦ってたわけではないんですけど、周りが見えてなかったです…。トライは狙ってたというか…、はい(笑)。僕のミスで取られていたので、絶対に取り返そうと。前を見たらちょうど13番の遠藤さんが狙い通りきたので、これはいけるって。あの場面で取れて本当によかったです。もう最後のところは、高校時代を思い出してました(笑)。工大戦のことがめっちゃ頭に浮かんで、ここは守らなぁって(笑)。(隆道に何それと突っ込まれながら…)隆道さんが先頭に立って引っ張ってくれたおかげです(笑)。実は昨日の夜、スラムダンクの山王対湘北のところを読んだんですよ(詳細は敢えて割愛…)。それでこんな風に勝負に絶対はない。ワセダも湘北みたいになれたらいいなって(笑)。本当にそんな風になってよかったです。まぁ僕は何もしてないですけど…。今日は喜びというより、ホッとし過ぎたという感じです。試合後は泣いたのに声も出なくて。こうして笑ってしゃべれるのは本当に幸せです。今日はBKで思うようなアタックができなかったので、次はやります!。次は東芝戦も、今日思っていたように、清宮さんを初めとするスタッフの方、そして4年生に教わってきたことを出すだけです。清宮さん、そして隆道さんに恩返しができてよかったです。」


<奇跡の復活! TL越えでまたひと回り成長したFB五郎丸歩>
「僕は何もできませんでしたけど、今日は本当にみんながよくやってくれました。後半ああいう厳しい展開になることは初めから分かってましたし、セコベをよく止められたと思います(昨年は手のまわらなかったセコベ対策、今年は万全でした!)。今日はケガへの恐怖心もまったくなかったですし(本当にケガ人かというほどのプレーぶり!!!)、メディカルスタッフの方には本当に感謝の気持ちで一杯です。この試合に間に合って本当によかったです。今日は清宮さんに2年間教わったことを出そうと思ってました。清宮さんが監督でなかったら、ここまでにはなってなかったと思いますし。本当に色々なことを教わって、自分のラグビー人生に大きな影響を与えてくれた人です。ゴールキックを外してしまったり、今日はそういう自分のプレーはできませんでしたけど、勝つことができて、まだ次があるので、そこでは最高のパフォーマンスをしたいです。東芝は秋のリベンジの意味もある。まずは体を万全の状態に戻してがんばります。勝った瞬間は、疲れて死にそうでした(笑)。その場に倒れこむ勢いで(笑)。特別な達成感とかは今はないです。決勝のときと同じで、色々な方から祝福されて実感するんだと思います。今日勝てたのはみんなのおかげです。感謝しています。そして大きな声援もすごい力になりました」

<『佐々木組』伝説への寄せ書き>

日本選手権 試合情報一覧

2006/02/19 準決勝 東芝 ● 0-43 ○

2006/02/12 二回戦 トヨタ自動車 ○ 28-24 ●

2006/02/04 一回戦 タマリバ ○ 47-7 ●

トヨタ自動車との戦績

公式戦対戦成績(1999年〜2005年) 早大 0勝3敗0分

過去3試合の対戦結果

2005/02/12 日本選手権二回戦 ● 9-28 ○

2002/01/20 日本選手権一回戦 ● 12-77 ○

1999/02/14 日本選手権準々決勝 ● 7-101 ○

関連画像

トラックバック一覧

  • » 早稲田、トヨタに勝つ!  dimanche 12 fev.06 from Liberation/blog
    日本選手権2回戦・早稲田×トヨタ自動車(秩父宮ラグビー場、快晴、強風)前半21-14 後半7-10 計28-24トヨタ(トップリーグ4位)に勝った! 毎年メンバーが入れ替わる学生チームが、外国人の補強と熟練する社会人のトップチームに勝つことは最早無理と思われていたがやってくれた。ノーサイドの瞬間、89年ジャパンがスコットランドXVに勝ったときと同じ放心した感覚になった。(あっ、あの時はチケットあったがサボったんでした)手堅く2PGを決めた後、23分マイボールラインアウトからモールを形成、佐々木隆道が押さえ込んでトライ。幸いにもメインスタンド中央席SSで見ていたのだが、伊藤忠側の左隅で見づらい位置だった。だがその瞬間は、ゴールライン周辺の観客が一斉に立ち上がったので出来事が確信された。早稲田が社会人相手にモールを押し込んでトライするとは……。31分にはスクラムから左に回したボールをSO...
  • » 東芝戦を前に想う from 荒ぶる胸の想い
    早稲田ラグビーを追いかけ続けて20年。清宮氏就任以前は、「早稲田不利」が常態的な期間でした。そして何度も、何度もその予想を覆す結果を出してきた早稲田。その瞬間を目にすることこそが早稲田ファン冥利でした。明日が87年の東芝戦の再来となるのか。...
  • » 鉄になれ! from 荒ぶる胸の想い
    私が菅野を見る目は、恐らくは母のようである。か細くひ弱だった菅野がたくましく成長し、いまや押しも押されぬスターバックスの一員。でも、やっぱり心配。トヨタ戦、後半20分過ぎセコベ登場。予想された事とはいえ、心中恐怖心で一杯だったでしょう。...
  • » 静かに熱く燃える町から 緊急告知! from 我楽多スケッチ byNaoko
                 帰り道に大発見です!!上井草駅の真ん前「牛角」で・・・ワセダラグビーファンの方へ。19日の準決勝のチケットは買えないものだと諦めていたけど、まだの方、是非お問い合わせください。私は残念ながら、この日行けないのです。。。    そして・・・試合には行かない地元の方も。行けない私にも、こんな企画があります。[:赤い旗:]彼らのお見送りです。駅前でワセダラグビー部の勝利を願い、みんなで声援を送りましょう!(これ、牛角のメニューの上に貼ってあります。何とも温かいの。参加します!)
  • » 早稲田は体の一部分 from ☆ペコの月面宙返り☆
    激闘から一夜を経て、おはようございます。昨日の試合は凄まじく。録画したビデオを見るのも憚られるくらいに壮絶。痛々しい、とでも言えばいいのだろうか?そこにあるのは、魂と魂の激突。意地と意地の張り合い。まさに正面衝突の激しさであって、如何に頑強なハマーでさえも、乗員全員死亡確実な衝突事故であったのでしょう。ノーサイドの笛の間際、記憶が定かではない。それは、2.5リットルのお酒のせいではなく、極度の興奮からだと思う。TVでこれだけの興奮。秩父宮にいたら心臓が止まっていたかもしれない。阪神の優勝も物凄い事だが、学生がプロを破ったのである。これは例えば、KKを擁したPL学園が 阪神 や ロッテを倒すような事。TOYOTAにはオールブラックスの外人選手がいるし、数々の経験を踏んだ猛者がいっぱい。何よりも TOYOTAの14番。内藤慎平。去年の早稲田の14番。まざまざとトップリーグで培った技術を後...
  • » ULTIMATE CRUSH from ばーすの日記
    ラグビー日本選手権 早稲田大学対トヨタ戦。 ここしばらく爆勝になれていたところも
  • » 『極限の静寂と大歓声』 -ワセダ、トヨタに勝利! from Where there is a will
    2006年(平成18年)2月12日 午後2時1分キックオフ 於:秩父宮ラグビー場観客数:16,460人(自由席一般で観戦) ※急に予定が変わり参戦。指定売り切れ第43回日本ラグビーフットボー
  • » ちと寂しいラグビー日本選手権 from 上方OLのはんなり日記
    すごいよ、学生が社会人に勝っちゃった!今回のラグビー日本選手権は!いつも「やってもムダ」って言われるくらい社会人圧勝だったのに。確かにすごくいい試合してましたね。早稲田のラインアウトはすばらしかった。はっきりいって、トヨタが今年の社会人チャンピオン
  • » 早稲田悲願の勝利! from ラグビーフィーバー!!
    ブログランキング(御協力お願いしマース) 写真は?チャンスを作り、ピンチ
  • » 早稲田魂 ~ラグビー日本選手権~ from スポーツマニアのワイン日記
    今日は秩父宮でラグビー日本選手権早稲田-トヨタ戦を観戦、のはずが、体調を壊し、やむなくテレビ観戦することにしました。2時キックオフに備え、12時過ぎから昼寝したところ、起きたらなんと3時!あわてて飛び起き、NHKをつけました。つけた瞬間目にとびこんでき...
  • » 勝ち負け from リーボーですよ!
    日曜日の午後は、テレビでスポーツ観戦をしていた。 と、言ってもトリノのオリンピッ
  • » 勝った!!早稲田、トヨタに勝利!! from きょうのできごと ~自分のための平和と、誰かのための平和と~
    世の中はトリノオリンピックだと騒いでいますが、こっちの方が重要なスポーツイベントです。ラグビー日本選手権準々決勝早稲田大学ラグビー蹴球部対トヨタ自動車ヴェルブリッツ。結果は・・・早稲田勝利!!スコアは28-24。去年は残り10分で逆転され....
  • » 日本選手権2回戦第2試合観戦記~秩父宮~ from SANDA
    === 第2試合 早稲田大学 vs トヨタ自動車 === 地力で有利とみられたトヨタ自動車。 そのトヨタ関係のブログを覗いてみると、「早稲田は最もやりたくない相手」と評していた。 しかし昨年同様、対する早稲田を倒し東芝と戦うシナリオはあるはずだ。 早稲田は「史上最強」というレッテルを胸に、清宮監督が指導をはじめて3度目の トヨタへの挑戦である。注目は学生がトップリーグ上位の城を崩せる確率が高くなったという 早稲田の力を発揮できるかということになる。  秩父宮は今年...
  • » 早稲田対トヨタ、目立ったのは速さと勝利への貪欲さ from 日本大好き、好きです早稲田日記
     今からでも遅くはない。早稲田の第一列、前田、青木、畠山を代表に呼ぶべきだ。 トヨタのラインアウトを「完封」したロック豊田も良かった。 顔面骨折の五郎丸も、ケガを感じさせないコンタクトを見せていた。 少し残念だったのは、曽我部のパフォーマンス。前半パス...
  • » [ラグビー]日本選手権2回戦 早稲田大学×トヨタ自動車(28-24) from ぽりsee←→policy?
    「絶対に観に来てください。大学選手権優勝以上の感動と興奮をお約束します」 日本選手権初戦のタマリバ戦後、清宮克幸監督はこんなメッセージを全国のラグビーファンに伝えた。 善戦はすると思った。心の底から、トップリーグチームに勝ってもらいたいと思っていた。 「有言実行」を何度も目の辺りにしてきたものの、やはり社会人には勝てない…。社会人相手には「挑戦者」。だから、誰も口にはしないが、多くの人はここまで強いチームを作ってくれた清宮監督への感謝と、最後になるかもしれない早稲田・佐々木組の勇姿をこの目に焼き付け ...
  • » [rugby]トヨタ撃破。 from 赤・黒・黄色のひとりごと
    今シーズンで一番興奮したエキサイティングなゲームでした。 社会人上位チーム相手の勝利は18年ぶりの快挙。 勝ちそうな予感が現実になった夕方4時前の秩父宮。すばらしい試合でした。ホント、ベスト・ゲーム!! 激しいディフェンスと接点の強さ、そしてセットの安定。スクラムでは押し負けず、なんといってもラインアウトで終始優位に立ったところが勝利の伏線になったなあ。矢富を起点にしたバックスのスピーディな攻撃はトップリーグにまったく引けをとってませんでした。 f:id:kon-kon:2006021 ...
TOP
OUR PARTNER
asics
株式会社共立メンテナンス 新潟の新しい米 新之助 CITIZEN GAME READY
Wattbike ATARIYA 当矢印刷株式会社 Diverta Nakashima & Co.
finan=sense cocolone AuB Valor Holdings POWER PRODUCTION
LINK
MAIL facebook twitter Instagram YouTube
OUR PARTNER