早稲田大学ラグビー蹴球部

早稲田大学ラグビー蹴球部公式サイト

WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE
MAIL facebook twitter Instagram YouTube

関東大学ジュニア選手権 決勝  試合結果

2006/12/10
(Kick off 12:00)

秩父宮

早大B 関東学院大B
  3 3 - 0 12  
0 12
T G PG DG PT   T G PG DG PT
0 0 1 0 0 0 0 0
0 0 0 0 2 1 0
0 0 1 0 0 2 1 0 0 0

T:トライ G:ゴール PG:ペナルティゴール DG:ドロップゴール PT:ペナルティトライ

レフリー
藤実
タッチジャッジ


Jr選手権決勝・対関東学院大B戦の試合動画をアップしました

2006/12/17

前半

13分 早大 ハイパントからターンオーバー→Pから速攻でノックオン
21分 早大 左中間35メートルPG佐藤晴成功 3-0
38分 早大 右8-9から継続するもノックオンでチャンス喪失
40分 早大 22mPから継続しキックパスも抑えきれずトライならず

後半

1分 関東 自陣のターンオーバーから継続を許し14→6でトライ G成功 3-7
7分 早大 ターンオーバーからの継続でゴールへ迫るもトライならず
8分 早大 5mSからの継続でゴールへ迫るもノックオン
24分 関東 22mSから継続→7にタックルを外されてトライ G失敗 3-12



動画の閲覧には最新のAdobe Flash Playerが必要です。
Adobe Flash PlayerはAdobe社のサイトより無料でダウンロード可能です。
Flash Player ダウンロード

対関東学院大B(Jr選手権) ワセダ正念場、痛すぎるV逸…

2006/12/11


 ありえぬこと…、ではなく、あってはならぬことが起きた。起こしてしまった。Jr選手権決勝、相手はあの関東学院大。5連覇、プライド、大切な仲間のために…。すべてを賭け、死ぬ気で臨んだ『東条組』セカンドチームは、あまりに痛く悲しい敗北を喫してしまった。進んでいた時計の針が止まったか。まるであの頃に逆戻り。何があっても勝たなくてはいけない、さらに突き抜ける分岐点になるはずの試合だったにも関わらず―
 気合はもちろん、「超」がつくほど入っていた。手を抜いた選手は誰一人としていなかった。それでも…、結果待ち受けていたのは受け入れ難い「敗北」の二文字。もう二度と同じ過ちは犯さないと誓っていたのに、散々いいゲームを繰り返し、あの弱さは克服したはずなのに、またまたまたまた「悪夢」のような80分は訪れた。
 先蹴で始まったキックオフ、いきなりのハイタックルでつまずくと、ファーストスクラムでのアーリーエンゲージ、コラプシング等々、その後もありとあらゆる局面でペナルティを連発。サインミス?オンパレード(早めに出す、何度でも繰り返すを徹底できず…)でラインアウトも崩壊。若さが出たか、胸のすくようなBKのアタックも皆無(と、いうよりまともなセットアタックは数えるほど…)。さらにさらに、頼みのFWがまったく走れず(ピラーセットなく内側いかれまくり。原因は…)、ドツボから永遠に抜け出せすことができなかった。意識はある、なんとかしたい、けど体がついてこない。流れを変えるプレー、変えられるプレーヤーがついぞ現れなかったのは、あまりにも痛かった。ワセダ、それもこの日やらないでいつなるのかという決勝なのに…。何度も言うが、痛すぎる。「本当に苦しいときこそ、力を出せるように。もう一度本当の基本のところを大切に、見つめ直していかないといけない」(中竹監督)―。
 いいところを見つける方が難しい。間違いなく最悪のゲーム。それでも、そんな「らしさ」ゼロの展開でも、トライシチュエーションは多々あった。勝つチャンスすら十分すぎるほどあった。本当に「勝負強い」、タフなチームであれば、恐らく最後には笑っていただろう。昨年まで何度も言われていた、「勝って反省できるのが何よりです」と。しかし、今の(昨日の?)ワセダにはそれができなかった。もう払拭したと思っていたものが、本当に突然姿を表わした。本物の強さ、磐石さは身についていなかったということか。
 断じて、『 Necessary loss 』なんかではない。第一『東条組』にはもうそんなものは必要ない。全力を注いで勝ちにいった末のあまりに痛く、受け入れ難い敗戦。これで本当の崖っぷち、ここからがここ数年にはなかった正念場。どんなにショックは大きくとも、ここで戦いを止めるわけにはいかない。そんな選択肢がワセダにあるわけもない。ファーストフェーズ対関東しかり、セカンドフェーズ対明治しかり、常に先んじて『06ワセダラグビー』を体現してきたセカンドチームがこうなるということは、赤黒にも同じ可能性がまだ残されているということ。それが分かったことが、この日唯一無二の収穫。もしこれが大学選手権であったと思うと、ゾッとする…。ここで今一度チームは変わらなければならない。この日悔しい思いをしたメンバーにできることは、自分たちから何かを発していくこと。「お前ら、まだ終りじゃないだろう。やってやろうと思ってるよな。絶対に下を向くな」(中竹監督)。さすがは宿敵・関東学院。またしても、ワセダにものすごいものを見させてくれた。こんな『衝撃』はあの雪の国立以来。4年生はまだ若かったあのときのことを思い出しただろう。下級生たちは初めてだったかもしれない。それでもワセダは『Die Hard』。『荒ぶる』だけは絶対に譲れない―


<すべての面で完敗 再度の出直しを誓う中竹監督>
「今日は完敗です。まさにハマッてしまったという試合。テンポも上げられず、変えられず、セット、ブレイクダウン、イーブンボール、すべての面で関東に負けてしまっていた。そうしたなか、みんながやろうやろうとしすぎて、力が入ってうまくいかなくなる。誰も手を抜いた選手はいないし、気持ちが入っていなかったということもない。けど一歩間違えて、こういう結果になってしまった。この経験はAチームにとってもいい教訓。本当に苦しいときこそ、力を出せるように。今日の試合を踏まえて、もう一度本当の基本のところを大切に、見つめ直していきたい。今日出たBのメンバーが、チームを変えていってくれると思ってる」


<あまりに痛い敗戦… 試合運びのマズさを悔やむJrリーダー・伊勢昌幸人>
「80分間、ずっと向こうの流れで試合をしてしまいました…。前半はペナルティばかりで自陣に釘付け。みんなでノーペナルティ、マイボールの時間を増やそうと言ってはいたんですけど…。取りきることができなかった。相手が立って絡んできたのに対して、いい球が出せず、常にプレッシャーがかかった状態で。ひとりひとりの寄りも遅かったですし、ブレイクダウンが敗因です。それでも取れるところはいっぱいあったんですけど…。ここで終わってしまってはワセダじゃないです。この負けを絶対に忘れずに、真摯に受け止めて、大学選手権では絶対にリベンジします。中竹さんにも試合後、自信と誇りの話をされました。このままでは終わらせません」


<近場での敗北にガックリと肩を落とすプロップ・宮崎潤野>
「今日は密集サイドのせめぎ合いで前に出ることができず、そこから相手に繋がれてやられてしまったという試合です。ワセダのコミュニケーションミスから裏に出られて、そのままトライ。アタックに関しては、いい崩しもありましたけど、最後でミスが出て攻めきることができなかったです…。スクラムは一発目でペナルティを取られてしまいましたけど、レフリーとコミュニケーションを取って、そのあとはまぁまぁというか、劣勢でもなかったですし、お互いプレッシャーはかかっていた状態だと思います。ラインアウトのミスは、サインが聞こえなかったというか、相手がうまかった。ワセダがサインを言うときに、大きな声を出して聞こえないようにしていて、それに負けてしまった感じです。それでテンポを上げることもできずに、ミスも続いて、そこから崩れてしまいました。この雪辱は絶対に果たしたい。今はその気持ちが1番強いです」


<ファーストプレーでのペナルティに責任を感じるロック・近藤嵩>
「キックオフ一発目のハイタックル、あれがすべてです。相手がもぐってきて、アッまずいと思ったんですけど…。今日の試合はあのプレーのせいです。いいチェイスできていましたし、取れそうだったんですけど、僕のせいです。誰に言われなくても分かってます…。ラインアウトに関しては、最初に空いていると思って投げたところに北川がひとりで飛んできて、思い切り引き倒されてしまって、それからずっとプレッシャーを感じてました。スクラムはまぁ悪くなかったですけど、ラインアウトがまったくで。それにFWが走れていなかった。前半セットプレーが多すぎてテンポがおかしかったですし、後半はやらなきゃやらなきゃと焦ってしまってミス。チャンスはたくさんあったんですけど…。もっと切らずに攻めないといけなかった。この先に向けては、寺とも太郎とも彰友とも、バックファイブみんなと、とにかく勝負してやっていくしかないです。大学選手権の決勝で雪辱する。その気持ちだけです」

関東大学ジュニア選手権 試合情報一覧

2006/12/10 決勝 関東学院大B ● 3-12 ○

2006/11/26 準決勝 明大B ○ 43-19 ●

2006/11/05 関東学院大B ○ 46-10 ●

2006/10/21 東海大B ○ 19-14 ●

2006/10/07 明大B ● 14-19 ○

2006/09/23 帝京大B ○ 48-0 ●

2006/09/16 法大B ○ 34-10 ●

関東学院大Bとの戦績

公式戦対戦成績(2000年〜2006年) 早大 7勝3敗0分

過去3試合の対戦結果

2006/11/05 関東大学ジュニア選手権 ○ 46-10 ●

2006/08/20 練習試合 ● 19-21 ○

2006/06/24 練習試合 ○ 45-19 ●

関連画像

トラックバック一覧

  • » ラグビー:早稲田Bvs.関東学院大学B戦 from レコード会社社員の勝手にプロモーション
    前日の雨からうってかわって快晴の天候のもと、秩父宮ラグビー場へラグビーを観に行きました。関東大学ラグビー・ジュニア選手権決勝・早稲田Bvs.関東学院大学B戦。前日の雨のことはバックスタンドの座席に水がたまっていることで思い出させられましたが、日射しのおかげで12...
  • » 快晴の秩父宮 from 天の王朝
    本当は行くつもりはなかったのですが、素晴らしく晴れたのでつい秩父宮ラグビー場まで。外苑の銀杏並木もようやく黄葉になりました。この日は、関東大学ジュニア選手権(レギュラーではない選手たちの試合)の決勝が行われたのですが、関東学院が12対3で早稲田を下し、...
  • » 横に展開するロボット?? from 猫じゃらしの猫まんま
    最近すっかりロボット制作にはまってる弟くんだけど、今はラグビーの動きをするロボットを試作してるんだって。選手の動きをよく見てみたいそうで、今日は一緒に秩父宮へ行ったんさ。ジュニア選手権決勝。ワセダVSカントー。結果は12-3でワセダの負け。5連覇を逃しちゃっ...
TOP
OUR PARTNER
asics
株式会社共立メンテナンス 新潟の新しい米 新之助 POWER PRODUCTION GAME READY
Wattbike ATARIYA 当矢印刷株式会社 Diverta Nakashima & Co.
finan=sense Valor Holdings
LINK
MAIL facebook twitter Instagram YouTube