早稲田大学ラグビー蹴球部

早稲田大学ラグビー蹴球部公式サイト

WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE
MAIL facebook twitter Instagram YouTube

関東大学対抗戦   試合結果

2008/11/09
(Kick off 14:00)

熊谷ラグビー場

早大A 日体大
  84 41 - 3 8  
43 5
T G PG DG   T G PG DG
7 3 0 0 0 0 1 0
7 4 0 0 1 0 0 0
14 7 0 0 1 0 1 0

T:トライ G:ゴール PG:ペナルティゴール DG:ドロップゴール

レフリー
山田智也
タッチジャッジ
篠原克行
平賀誠司
篠田俊文

対日体大 ワセダ、再び走りだす

2008/11/10

7766.jpg
 その言葉に、豊田将万の決意がみなぎっていた。試合前ミーティングを締めた最後の一言。126人の先頭に立つ男として、リーダーとして、何よりラストイヤーに懸ける1プレーヤーとして…。「もうやるだけです。僕は明日カラを破ります。だからみんなも。明日は僕を止めないでください」―。
 あの帝京戦の後、振り払おうとは思っていても、それでもやっぱり落ち込んだ。週中は練習の雰囲気も、決していいものとはいえなかった。しかし、そんなときこそワセダの真価を、『豊田組』の真価を見せるとき。時にみんなで考え、時にただひたすら体を動かす。いい意味での割り切りと、揺ぎ無い覚悟。もう小さくまとまったりはしない。大胆に、シンプルに、強く、激しく。学生たちの試行錯誤の末、ついに前日、戦う体制が整った。それを象徴したのが豊田の決意。カラを破る!
 無風、けど極寒の熊谷で14:00キックオフ。最初の5分は、後遺症プラス慶應、明治を破り、こちらも歴史的シーズンを送る日体大の勢いに(雰囲気ありました…)苛まれたものの、ハイパンチェイスからのターンオーバーで流れをぶった切り、7分CTB坂井克行がディフェンス3人を吹っ飛ばしインゴールへ雪崩れ込むと、そこからはいつもの、あの躍動感溢れるワセダが復活した。
 この日のアカクロはとにかく刺さる、体を当てる、全員が一枚岩で越えていく。一気のオーバーからそのままトライ。『爆走王』の称号を与えたくなるほどの迫力を見せたCTB坂井克行。突破役としての仕事はさることながら、ボールのあるところに必ずいたフランカー山下昂大。常に意識高く動き続けたロック岩井哲史。4年の風格を感じさせたFB佐藤晴紀。新たなメンバーが活力をもたらしたことはもちろん、この日のワセダを支えていたのは、1にも2にも接点、それも上手く絡んでやろう…ではなく、越えていこうという強い意志だった。CTB宮澤正利を先頭にハイパンでは鬼チェイス、上田一貴が、有田隆平が戦慄のビッグヒット。BKはSH櫻井朋広が捌きまくり、キレ味抜群。連続ノーホイッスルトライの後の27分、SO山中亮平がこの日6本目となるトライを挙げると、スタンドから誰かが叫んだ。「ワセダぁ~!この間の試合は何だったんだぁ~!」。本当に申し訳ございません…。
 後半に入っても、僅か30秒でのトライを皮切りに完全にゲームを支配。レフリーのコーリングがまったく合わず、スクラムでダラダラした時間を過ごし(双方お手上げ?)、さらにはディフェンス面にいくつかの課題が出たものの、メンバーを次々入れ替え、この先を見据え色々と試しながら(No8山下昂大、フランカー有田隆平という魅惑の布陣も!)、前半とまったく同じ数のトライを積み重ねた。これぞ『Dynamic Challenge』。「今日はもう僕たちらしく戦えたと思います。ボールを動かして、ボールを持って、フィールドを走り抜ける。単純に目指すラグビーをやろうって。相手どうこうの前に自分たちのやるべきことに拘りました」(主将・豊田将万)…。
 不安、恐怖、葛藤、様々なカベを自分たちの力で乗り越え、次戦11月23日はいよいよ殺るか殺られるかの『早慶戦』。忘れもしない、甲府でのあの屈辱。「U20の奴らは味わってないですけど、僕はあの敗戦を体験しているので、絶対に負けたくない。その気持ちだけです。とにかくタックル、その一点集中でいってやります」(CTB宮澤正利)。「出ていた選手には特別な思いがあるでしょうし、僕自身も4年間早慶戦でやるべきことを見て、やって、学んできたので、それを出して慶應を倒すことしか考えてないです。思いっきり倒してやろうと思ってます。僕たちは止まってなどいられないですから…」(主将・豊田将万)。もう『豊田組』に迷いはない。『荒ぶる』を取るための覚悟は決めた。ここからは己を信じ、そのスタイルを貫くだけ。Nothing to lose ワセダ、再び走りだす―

7767.jpg
<躓きを乗り越えた学生に頼もしさを感じる中竹監督>

「今日はあんなにたくさん記者の方がいらっしゃるとは…(笑)。異例ですね(笑)。今日は再スタートといえばいいのかもしれないけど、そもそも前回で終ってないし、再スタートというより、今シーズンのストーリーを考えたときにどこかで躓きもあるかなと思っていたので、その躓きを学生たちがよく跳ね返してくれたという感じです。練習で悪い雰囲気のところも実際あったけれど、自分たちで考えて、あるいは考えることを止めたり、とにかく体を動かしたり、色々と試行錯誤して、最終的にいい雰囲気で試合を迎えてくれたのは、すごく頼もしかった。ただ、これで安心することなどないし、これからもチャレンジャーとしての気持ちを持ち続けていきたい。今日はタックルからのターンオーバーで勢いに乗ったのは嬉しかった。シンプルに戦えたと思うし、豊田の言ったように、いい意味での好き勝手、とにかく一生懸命やるという思いが見えて、そこは評価できる。それぞれが思い切り、楽しそうにプレーしていた。ミスもあったけれど、今日はプレーの細かいところはどうでもいい。学生たちの変化は…、みんな頼もしくなったし、あと、ちょっと大人になった気がする。新しく入ったメンバーに関しても、みんな思いきりやってくれてよかった。ただそれは、それまでのメンバーの支えがしっかりとあればこそ。そこは大事。今日はまぁグッドゲームだったと思います。昨日豊田がカラを破ると言っていたけれど、そのとおりで、破ったんじゃないかな。早慶戦はもうリベンジ。それだけですね。自分たちは前回負けてるんだって。前回負けたまま終っていて、次に向かっている。その意識をこの2週間でしっかりと持たせ続けたい。一昨日90周年を迎えましたけど、90年間舞いシーズンこういう戦いのなかで切磋琢磨して、お互い築きあげてきたものがあると考えると…、改めて感謝の思いが沸いてきます。途切れさせずにきたOBの皆様、ファンの皆様、多くの方に感謝の気持ちで一杯です」

7762.jpg
<カラ破る! 敗戦を経て新たな境地を切り拓いた主将・豊田将万>
「今日はもう僕たちらしく戦えたと思います。ボールを動かして、ボールを持って、フィールドを走り抜ける。単純に目指すラグビーをやろうってだけです。相手どうこうの前に自分たちのやるべきことに拘りました。タックルからの越えていくターンオーバーは…、今週それだけやってきましたから。特にテーマというものは掲げてなかったですけど、FWBK関係なく、それ起点でトライができてよかったです。自分のカラを破る宣言については、もう変にまとめようまとめようと思わずに、やりたいようにやってやろうって。破れていたかはビデオを見ないと分かりませんけど(笑)、できていたとは思います。ディフェンスに関しては、まだ内側のところとか、しっかりコミュニケーション取れていないところがあったので、そこは課題です。そこをFWが埋められれば、BKはもっと楽に戦えると思います。タッキーがノーコメントと言ったのであれば、スクラムについては僕も話しません。タッキーが口にするまでは。あいつらにも色々な思いがあると思うので、僕もそれを汲みます。今日は周りどうこうより、まず自分がしっかりと思っていたので、変な感覚はなかったです。帝京戦の負けで変われたというより、僕たちのやりたいラグビーはこれだと確認できました。自由にやって、圧倒的に勝つスタイルでいきたいと思います。みんな小さくまとまるような奴らではないので。それが僕たちらしさです。早慶戦は、春僕は出てなかったですけど、出ていた選手には特別な思いがあるでしょうし、僕自身も4年間早慶戦でやるべきことを見て、やって、学んできたので、それを出して慶應を倒すことしか考えてないです。激しさ、そこだけです。思いっきり倒してやろうと思ってます。今日は再び走り出す試合。僕たちは止まってなどいられないですから」

7764.jpg
<課題クリア? 伝統の戦いに思いを馳せる副将・瀧澤直>

「今日の試合を迎えるまではみんな不安だったとも思うんですけど…、僕も含めて(笑)。今日はやるべきことが色々とあるなかで、それをクリアして、点数を取れたと思います。慶應、明治に勝った日体大相手に、8点は問題ですけど、84点取ることができたのは成果です。特に強いプレーヤー、BKが、おもしろいように強いプレーをしてくれて、こういうゲームしたいという形にしてくれました。スクラムに関しては、ノーコメントの方向でいかせて頂きたいと思っています。僕たちも色々やろうとしていることがありますし、言いたいことも色々あるんですけど…。今日は本数自体も少なかったので。タックル後のターンオーバーは今日の激しさの象徴だったと思います。ビッグタックルも何本もあって。タックルからのターンオーバーはホントよかったです。今週やってきたことですし、これからもやり続けることですから。ディフェンスに関しては、取られてしまったところ、あと内側のところは意識してたんですけど…。そこはできてなかったかなと。今日はまた走りだすのにいい試合だったと思います。自分たちはトーナメント、もう負けたら終わりのつもりです。伝統の一戦もこれからふたつ残ってますし、そこも理屈でない部分で勝てたらいいなと。まず早慶戦に関しては、春のリベンジを…果たすと。豊田はカラを破ると言ってましたけど、実際破り始めているんじゃないですかね」
7763.jpg

<本日の『Dynamic Challenger』!体を当てまくったフランカー上田一貴>
「今日の試合は特にテーマとかなかったんですけど、帝京戦に負けたということもあって、みんなのなかにそれぞれカラを破ろうというのがあったと思います。悪いことがあっても、いいことがあっても、常に同じテンションで盛り上がって戦えたのはよかったです。試合前の緊張とかも僕はなかったですし、たぶんみんなもなかったと思います。ノビノビやってましたから。入りは悪かったですけど、焦らずしっかり戦えたのはよかったです。タックル、いけてましたかね?、たしかにいいところもありましたけど、もっともっとその数を増やせる場面がありましたし、更に上を目指していきます。タックルからのターンオーバーはよかったですね。みんなの頭のなかにあったことですし、体に染み付いている分、意識するだけでプレーに出てくる。すごくいい意識だったと思います。ディフェンスに関しては、内側を行かれてしまって、修正しようと言っていたのにまた行かれてしまった。そこは反省、課題になりました。けど、そこも練習から意識していけば、さらにできるようになると思います。この前の帝京戦でちょっとストップしただけで、今日はそのストップが解消されたというだけです。今までどおり、いつもどおり、やっていきます。次は早慶戦ですけど、春に負けているので、ガッツリいってやろうと思ってます。もう参ったと感じさせるような試合をしたいです」

7768.jpg
<鬼チェイス連発! チームの先頭に立ち前に出続けたCTB宮澤正利>
「今日は色々注目される試合だったと思うんですけど…、自分としてもあの帝京戦で得たもの、学んだものがたくさんあって、それを生かしてこういう結果が出たのはよかったと思います。帝京戦で僕が感じたのは、自分たちの強いところで勝負すること、ファーストの大切さ、ブレイクダウン、そこで負けてましたから。今日は原点に返って、いい試合ができてよかったです。チェイスがよかった?、いやぁ、でも結局ハイパンひとつも取ってないので。もっとやらないといけません。今日はディフェンスに絞ってやっていたので、意識して自分から体を当てにいけていたとは思います。BKについては…、どうでしょう。まだラインが浅いところがあって、山中がチェイスしずらそうなところが多かったので、そこをみんなでしっかり意識して、修正していく必要があると感じています。この間の試合では、色々考えすぎて、相手の弱いところにいこうとしすぎたので、今日は相手うんぬんではなく、とにかく自分たちのことに集中しました。僕ならディフェンス、そしてチェイスという様に。隣のCTB、アイツはやばいっすね(笑)。どこまでも止まらないと思います。メンバーが替わったからといって、根本は変わってないですけど、今日は強い人たちがんばってくれました。次は早慶戦、U20の奴らは味わってないですけど、僕はあの屈辱の敗戦を体験しているので、絶対に負けたくない。その気持ちだけです。とにかくタックル、その一点集中でいってやります」
7765.jpg

<赤黒の『爆走王』! ビッグゲインを連発したCTB坂井克行>
「いやぁ、楽しかったです。今日初めてのスタメンだったんですけど、自分はうまくやろうってキャラではないので、ボールを持ったらひたすらドライブ、タックルで思い切り体を当てる、らしさを出すことだけを考えてました。自分のよさを出せたかは…、最初にいきなりターンオーバーされたので、それを取り返してやろうという感じでした(笑)。BK的には前半、後半もですけど、ラインが浅くなって、山中任せになってしまっていたので、もっとCTBのところからリードできたら、楽にできたかなと思います。個人的には最後も取りきりたかったですけど、バテました…。ギア6速に入りませんでした(笑)。僕は帝京戦に負けた後、Aチームに入りましたけど、雰囲気もよかったですし、初めてでもやりやすかったです。だからこそ、今日らしいプレーができたんだと思います。ディフェンスでもビッグヒットしたかったんですけど…、今日はあまり機会がありませんでした。次の試合も出られるのであれば、ディフェンスでがんばりたいです。(宮澤のことを指し)アイツ、今日もすごかったですね。ディフェンスは本当にすごい。お手本にして、自分もタックルに入ってやろうと思います。早慶戦はまだメンバーに入れるか分かりませんけど、もし出ることができて、相手も増田がでてくるのであれば同期ですし、思い切り対面勝負を挑んでいきます!」

<WTB中濱寛造、この日も4トライ!トライ王へ向け驀進!>
7761.jpg

関連ロケーション

地図を大きくする。 [熊谷ラグビー場]

関東大学対抗戦 試合情報一覧

2008/12/07 明大 ● 22-24 ○

2008/11/23 慶大 ○ 34-17 ●

2008/11/09 日体大 ○ 84-8 ●

2008/11/01 帝京大 ● 7-18 ○

2008/10/19 筑波大 ○ 64-0 ●

2008/10/12 成蹊大 ○ 60-0 ●

2008/09/13 立教大 ○ 83-12 ●

日体大との戦績

公式戦対戦成績(1960年〜2007年) 早大 42勝9敗1分

過去3試合の対戦結果

2007/10/14 関東大学対抗戦 ○ 71-0 ●

2006/10/22 関東大学対抗戦 ○ 100-0 ●

2005/10/16 関東大学対抗戦 ○ 95-0 ●

トラックバック一覧

  • » アメリカとのテストマッチに参加する代表選手が招集される from BRRK BLOG(社会人野球、ラジオ、ラグビー、福岡・佐賀情報など)
    M日新聞より。■ラグビー:日本代表30人を発表 アメリカとのテストマッチ日本ラグビー協会は11/9、アメリカ代表とのテストマッチに臨む...
  • » 関東大学対抗戦 早稲田×日本体育大 from プロパガンダファクトリー
    今年の大学ラグビーは西も東も混戦。早稲田、関東、同志社という構図が揺らいでいる。早稲田が帝京に敗れて1週間。チーム状態は例の如くで会場も熊谷と遠い。でも今日は早稲田でなく「相手」が見たかった。日体大は昨年2勝5敗で6位に沈んだチーム。しかし....
TOP
OUR PARTNER
asics
株式会社共立メンテナンス 新潟の新しい米 新之助 POWER PRODUCTION CITIZEN GAME READY
Wattbike ATARIYA 当矢印刷株式会社 株式会社 識学 Diverta Nakashima & Co.
nendo finan=sense cocolone AuB Valor Holdings
LINK
MAIL facebook twitter Instagram YouTube
OUR PARTNER