早稲田大学ラグビー蹴球部

早稲田大学ラグビー蹴球部公式サイト

WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE
MAIL facebook twitter Instagram YouTube

関東大学対抗戦   試合結果

2008/12/07
(Kick off 14:00)

国立競技場

早大A 明大
  22 5 - 7 24  
17 17
T G PG DG   T G PG DG
1 0 0 0 1 1 0 0
3 1 0 0 2 2 1 0
4 1 0 0 3 3 1 0

T:トライ G:ゴール PG:ペナルティゴール DG:ドロップゴール

レフリー
桜岡 将博
タッチジャッジ
河野 文高
河野 哲彦
森 健

対明大 ワセダらしさとは…

2008/12/08


 メイジはやっぱりメイジだった。紫紺の誇りは失われてはいなかった。久々に味わう『重戦車』の恐怖…。末代まで語り継がれるであろう歴史的敗戦…。「史上最低」、「前代未聞」、そう評され、世間の関心から消えていた『早明戦』は、ワセダにとって、『豊田組』にとって、生涯忘れることのできないものになった。再度繰り返された失態、全ワセダラガーが悲しみに暮れた1日―
 この試合、中竹監督が掲げたテーマは『挑戦者』。かつてない、誰もが無関心を装う特殊な状況で本気になれるか、リアルに失うものなきメイジを相手に、自分たちを出せるのか。「ワセダはいつでもチャレンジャー。それが先輩たちから教えてきてもらったこと。ここでチャレンジしてこそワセダ。厳しい視線で見ていて欲しい…」(主将・豊田将万)。しかし…、そんな決意、仲間たちとの約束とは裏腹に、メイジの方がはるかにひたむき、はるかにチャレンジャー、その魂をこれでもかと見せ付けられた。
 開始僅か25秒に訪れたファーストスクラムでいきなりのペナルティ、直後に中途半端なキックを豪快に切り返され一瞬にしてゴール前。何の迷いもなく、ただひたすらに『前へ』へのメイジ。それを無抵抗で受け続けるワセダ。何とかごまかしごまかし、体裁を保ってはいたものの、ほぼすべての局面を制圧されては、勝てるはずもなかった。タックルに入れる人間は片手で数える程度、ちょっとフェーズが重なると穴たくさん、正面から体を当てにいくシーン皆無…。熱さなし…、魂の欠片もなし…。これが本当に『早明戦』を戦うワセダ??
 そしてこの日の敗北を象徴していたのが、生命線・ブレイクダウンでの走り負け、力負け。メイジが文字どおり、捨て身でなりふり構わずボールを殺す → ワセダ球出しに時間が掛かる → ディフェンスが順目にびっしり広がる → 状況の変化に対応できず、まんまのアタックでディフェンス網にカモられる。80分この繰り返し。まず根本を辿れば、1対1で簡単に倒される。そして、意識が異常に高かった(特に順目セット、対戦したなかで1番?)とは言え、2人目、3人目が走り負ける。相手が執拗にボールを殺してくる『早明戦』はここ数年でも幾度となく経験した(『清宮ワセダ』初期等々)。似たような状況は過去にもあった。しかし、先輩たちは苦しみながらも、それを確固たる意志で剥がし、進むべき道を自らの力で切り拓いてきた。それが『ULTIMATE CRUSH』の根源。敬愛する大先輩・奥克彦さんに黙祷を捧げ臨んだこの日のワセダには、その精神、情熱、受け継がれてきた意志を体現する選手はいなかった。「ツメの甘さ。自分たち、弱いなって…」(主将・豊田将万)。
 22-24。猛追のなかに「らしさ」は少し垣間見せたものの、勝負には負けるべくして負けた。最後の最後、コンバージョンがポストに弾かれたのは、「今日、君たちは負けるべき」と言われてるかのようだった。創造性なきアタック、ゆる~いタックル、動き出し、ブレイクダウンスキル…。この日の負けは、「気持ち」だけでは絶対に片付けられない。この土壇場に来て、あまりにも大きな一敗。輝きを放つはずの12月の第一週、アカクロには多くのモノが欠けていた。ワセダでプレーすることの意味、虎肉を喰らってからの90年、培ってきたワセダらしさとは…。ついに来た崖っぷち。もう後はない。3度目の正直か、2度あることは3度あるか。大学選手権は自身、そして自信との戦い。「とにかく落ち込んでいる暇はないです…」(主将・豊田将万)。『豊田組』、ここからは『Dramatic Challenge』―


<改めて『早明戦』の怖さを口にする中竹監督>
「今日は何が起きるか分からない早明戦を体験しました。試合前からそのことは言ってきて、挑戦者になろうと言ってきたけれど、その点からもメイジは本当の挑戦者だった。最初の勢いが80分、最後までもったメイジからは学ぶべきところがたくさんある。帝京戦で見えた課題が今日も見えたと感じるかもしれないですけど、今日はやられ方が違う。新たな課題が見えたという試合。(後半のように前半からもっと回すべきだったのではの問いに)根本はエリアを取って敵陣~と考えていたけれど、思ったより取られ、逆転するために回すという選択になった。新たな課題というのは、ブレイクダウン周り。どうやったらワセダが崩れるのか、今のルールだとどう崩れるのかが見えた試合だった。そういうシーンが今日は多かったなと。あとはビッグゲームで、相手が本気で来たことで起こるミス。メイジにとっては素晴らしいゲームだったと思う。FW対FW、BKに対するFWのディフェンス。1:1でワセダのBKを止めるFWがたくさんいた。メイジにしてみれば、勝つべくして勝った試合。(メイジに対するギャップはちょっとあったということかの問いに)ちょっとどころではなくて、まったく別チームだと感じた。今後へ向けては、まずディフェンスをきっちりやる。そこをしっかり考えてやれば、みんな意識は上がるだろうけど、やっぱりプレッシャーのなかでいかに精度の高いアタック、ディフェンスができるか。今日は精度の低さが見えた。その部分を上げていかないと、勝つことはできない。試合後、学生に対しても、選手権に向けての言葉をかけた。メイジは素晴らしかったし、今日の試合は今後へのヒントがたくさんあった。週明けからの計画はこれまでと変わらない。まずジュニア選手権の決勝。今日は改めて、早明戦というものを思い知らされました」


<崖っぷち… 至るところで甘さを痛感する主将・豊田将万>
「今日は見たことのないメイジの強さがやってきてビックリしました。ワセダには普段は起きないようなミスがでて、普段は抜かれないところを抜かれてしまっていた。今日はメイジにビックリしたというのもありますし、あとはルールの解釈の部分も…。(前半ゴール前でPGを狙う選択肢はなかったかの問いに)あのゴール前ではなかったです。メイジはスクラムでくるチーム。その相手に対して、スクラムで上回ろうという考えでした。まだ前半でしたし、まずやれることをやってみようと。(ルールの解釈についての再度の問いに)それは…、まぁ僕たちの思っていたのとは違っていたということです。(ハーフタイムはどんな状況、どんなことを言ったのかの問いに)話していたことは戦術的なことがほとんどだったので、ここではあまり話したくありません…。基本的には、ディフェンスからいこうということと、あとはブレイクダウンを有利に運ぶための話でした<以上、記者会見>。今日の試合は…、何でしょう…、今は何と言っていいか分からないですけど、とにかく落ち込んでいる暇はないです…。自分たちには足りないところが多過ぎると実感できたので、それをひとつひとつクリアしていくしかありません。1番はブレイクダウン。相手にペナルティさせないくらい、圧倒的にやらなくてはいけないと、改めて思いました。会見でも言ったように、普段はしないようなところでミスをしたり、普段は何気なくできていることができなかったり、それらが積み重なって、自分たちは弱いなと…。ツメの甘さです。課題にしてきたショードサイドディフェンスに関しても、今日は全然ダメ。まだまだです。メイジのディフェンス自体にプレッシャーはなかったと思いますけど、セットがすごく早くて、穴がありませんでした。それに対してワセダは攻める術がなかった。キャプテンの杉本には…、これだったら選手権余裕で出られたのにと言いました。向こうもそうだよなって。逆に大学選手権がんばれよと言ってくれました。情けない話ですけど…。今日は挑戦をテーマに掲げ戦いましたけど、見せ付けられたというか、メイジの方がチャレンジャーでした。週明けからはまずジュニア選手権。Bのメンバーはすごくがんばってくれているので、慶應を全員で倒す。そしてもう1回、大学選手権に向けてやり直していきます」


<ラグビー=スクラム 敗北を淡々と振り返る副将・瀧澤直>
「相手が最後の試合に懸けてくることは分かってましたけど、そこでやり返すことができなかったです…。その気持ちの部分…、気持ちと言ってしまったら簡単なんですけど、相手の勢いに対しやり返すことができませんでした。スクラムのいきなりのペナルティに関しては、正直取られることもあるかなって。ある程度は自分でも自覚しているつもりです。今日はペナルティどうこうより、スクラム自体、もうちょっとレベルアップする必要があると感じました。でも、まったくダメだったという訳ではないですし、スクラムに関して言えば、小さな手応えと課題が見えた試合です。レフリーの桜岡さんも言われていたように、僕側と相手の3番側が同じ方向に押しているのでああいう風に流れる。あの方向にスクラムがいくのは当然です…。相手ボールも押すつもりでやってましたけど、結局やりたいようにスクラムアタックを許してしまって、そこは完全に僕たちの負けでした。近場についても、止めているところもありましたけど、一度行かれだすと、それが連続して向こうは流れに乗る。ゲインされたあとのところがよくなかったです。メイジはブレイクダウンに人数を掛けてきたイメージはないですけど、正直反則覚悟で球出しを遅らせにきてると感じました。寝て仕掛けて、その間にディフェンスが広がる。ワセダは球を出すのに時間が掛かる。メイジがペナルティも覚悟くらいの気持ちできていたのは間違いないと思いますけど、そこでやりたいようにやらせないのがFWの仕事。その点からもワセダとしては全然ダメでした。選手権に向けては、今はあまり考えられないですけど…、このまま負けっぱなしで終るわけにはいかないですし、次からは負けたらもう本当にそこで終わり。春の慶應戦、この間の帝京戦でも同じことを言ってますけど…、このまま負け慣れてしまったらワセダではなくなってしまうので、ひとつひとつ、引退の懸かった試合だという意識を持ってやっていくしかないです」


<責任痛感… 自らのプレーを悔やむ副将・長尾岳人>
「何て言うんでしょう…、今日は個人的には裏に出るのに必死で、ボールを落としてしまったり、攻撃のリズムを作るべきところを止めてしまっていたなと…。フェーズになると、僕の行くところのディフェンスは厚かったです。それでも僕が前に出ないといけなかったんですけど…。1次できれいな球が出ず、2次で詰まっているところで同じムーブをして、渉太が狙われたり、球出しが遅れたところを冷静に対応することができませんでした。ディフェンスに関しては、FWとBKの間をいかれてしまってたので、そこはもう一度やり直しです。ディフェンスでひとりひとりが喰い込まれて、ラインが下がったところを突かれる、そしてペナルティも多くて…。すぐ大学選手権が始まりますし、落ち込んでいる場合ではないです。すべては『荒ぶる』を取るためにやってきましたし、そこに向け突き進んでいくことだけを考えて、練習からまたやっていきます」

<今一度生命線… ブレイクダウンの更なる激しさを誓うロック橋本樹>
「今の自分の感じとしては、あまり言葉になりません…。メイジのディフェンスは、タックルもいいのがきてましたけど、その後のボールへの絡み、球出しを遅くする動作、それに対してワセダがしっかりスイープできず、そこでリズムが崩れてしまいました。反則に近いプレーも見受けられましたけど、実際には取られてないわけですし、そこをはがすことができなかったのは僕たちが力不足だったということです。その部分をもっとしっかり、やるべきことをやっていかないとダメだと感じています。今日はボールキャリアがどうこうよりも、倒れたあとのところ。ロングゲインはそう何回もできるわけではないので、ブレイクダウン。そのスイープだったと思います。ショートサイドディフェンスも、止めきれず、相手の一番勢いのでるところでやられてしまったのは、課題が残りました。選手権に向けては、色々とあると思いますけど、それをしっかりと受け止めて、時間がないなかでいかにやっていくか。とにかく『荒ぶる』を取るしかない。開き直る、迷ってはいられません」


<今こそ真価を!スクラムでの反省を口にし前を向くプロップ山下高範>
「今日は死にもの狂いできたメイジさんに対して、FWが受けてしまい、好きなようにやらせてしまいました。スクラムは事前にレフリーから落ちたらペナルティを取るよと言われていたので…。相手との兼ね合いもあるんでしょうけど、いきなりこちらのペナルティを取られて、ディスアドバンテージになったかもしれません。相手の3番がすごく内にきたことで、スクラムが流れてしまいました。ヒットで勝ててないから好きにさせてしまう。まずヒットでしっかり当たることだと思います。前半のスクラム選択も流れてしまって球が出てしまった。相手がセットという声を組む前に出すんですけど、それにつられて反応してしまい、いいヒットができない面もありました。そして、横に流れる。ブレイクダウンに関しては、メイジさんはボールを守ろう守ろうという意識があって、意図したスローテンポ、スローテンポでハマってしまったなと。今日はやりたいようにやられてしまった感じです。セービングによく行っていたのは…、イーブンボールを支配しろと中竹さんにも試合前言われていたので。誰よりも行ってやろうって。選手権に向けては…、今日はスクラム、FWのところがよくなかったですけど、ここからは負けたら終り。下を向かずに、修正点、課題をしっかり分析して、みんなで冷静に話をして、乗り越えていきたいと思います」

<『早明戦』、実に9年ぶりの敗戦>

関連ロケーション

地図を大きくする。 [国立競技場]

関東大学対抗戦 試合情報一覧

2008/12/07 明大 ● 22-24 ○

2008/11/23 慶大 ○ 34-12 ●

2008/11/09 日体大 ○ 84-8 ●

2008/11/01 帝京大 ● 7-18 ○

2008/10/19 筑波大 ○ 64-0 ●

2008/10/12 成蹊大 ○ 60-0 ●

2008/09/13 立教大 ○ 83-12 ●

明大との戦績

公式戦対戦成績(1923年〜2007年) 早大 50勝41敗3分

過去3試合の対戦結果

2008/05/31 招待試合 ○ 57-0 ●

2007/12/02 関東大学対抗戦 ○ 71-21 ●

2007/06/03 招待試合 ○ 21-17 ●

関連画像

トラックバック一覧

  • » SOシェーン・ドゥーラム(クボタスピアーズ)は凄いらしい from BRRK BLOG(社会人野球、ラジオ、ラグビー、福岡・佐賀情報など)
    M日新聞より。■ラグビートップリーグ:三洋電機が開幕8連勝で首位堅持ラグビートップリーグは12/7、第8節の残り4試合を行った。三...
  • » ラグビー早明戦! from Rugirl(ラガール)*うーちャンのぶろぐ
    いやはや、更新遅れまシタ塚、みなさん見ました!?早明戦、NHKさんで14:05~カら放送されてましたけど('-^*)/試合結果早稲田大学 ● 22 - 24 ○ 明治大学前半とか、早稲田の先制トライにはじめりー。すぐに明治が同点トライ!いやあ、見
  • » ラグビー:早稲田vs.明治戦 from レコード会社社員の勝手にプロモーション
    雲一つない快晴の国立競技場へラグビーを観に行きました。早稲田vs.明治戦。昨年は71対7で早稲田の勝利、今年は早稲田が5勝1敗(2位決定)、明治が2勝4敗(6位決定、大学選手権の出場を逃す)という状況、かつこの試合が順位に影響しないこともあってか、客席には空席が目立ちま....
  • » 1回戦は熊谷で関東学院 from ぽっちゃりスポーツ天国
    大学選手権組み合わせ抽選会を覗いて来ました。ちょうど終わるところで、豊田主将をはじめとして各大学主将が壇上に並んでいたところ。予想以上に大勢の観客で熱気に包まれている。司会の村上晃一さんも「抽選会やってよかったですねえ」と。慶應林監督らしき姿も見える。...
  • » ラグビー:早明戦2008 from だぶろぐ
    早稲田負けたぁ~・・・。 早明戦、明大が9年ぶりに早大破る!(サンスポ) 22対
  • » [ワセダラグビー]紫紺の意地。 from 赤・黒・黄色のひとりごと
    メイジの意地で9年ぶりの早明戦敗退。 久々に「早明戦」らしい試合でした。2001年のロスタイム逆転以来でしょうか。ああ、これが早明戦だなあ、という気分になったのは。文化としての「早明戦」復活。 大学選手権に出れない「低迷メイジ」が、今シーズン最後の試合(最後っ
  • » ラグビー早明戦 from プロパガンダファクトリー
    盛り上がりに欠ける早明戦である。対抗戦の優勝は帝京に決まった。今日の結果に関係なく早稲田の2位、明治の6位は確定だ。早稲田が対抗戦の優勝を逃すのは7年ぶり。明治が大学選手権の出場を逃すのは24年ぶりらしい。チケットの販売不振は新聞のネタになる....
  • » 早明戦 from 井上太市 blog
    早稲田22-24明治まず、明治は強かったです。明慶戦を見ても個々の能力は慶應を凌駕していると感じていたので、なぜこんなにも勝てないのか不思議なくらいでした。大学選手権に出場すらできないという異常事態、これで何かがふっきれたのではないでしょうか。今日の明治には凄みがありました。鋭いタックル、密集での圧力、お家芸のスクラムでのターンオーバー、ここまでは想定の範囲内、それに加えてなぜかBKのアタックまでが覚醒、鋭いチェンジアングルでのラインブレイクから2トライです。21-5の場面で得たペナルティでのショット選択、早稲田が1トライ返した後のリスタートでののろのろ歩き、今日の明治はやっと勝ちにきました。お見事です。早稲田は悪くはなかったと思います。負けたのは気持ちだと思います。「荒ぶる」を歌うことが第一義、それに加え今季の明治の凋落、早明戦といえどもどこか気の緩みがあったのは事実でしょう。対す...
  • » 謙虚に自信を持って from ぽっちゃりスポーツ天国
    昨日までの早明戦への危惧は杞憂に終わりました。結果はワセダにとっては喜ばしくないもの、悔しさの残るもの。24対22で1999年以来の敗戦。ただし、試合としては久しぶりに早明戦らしい興奮に包まれる、応援しているこちらを本気にさせるものでした。今年で27年連続国立....
  • » 早明戦 from 神宮の杜ブログ兼れんらくちょう
    12月7日(日) 晴れ。明大24(前半7-5)22早大早稲田ファンという視点とこの先の大学選手権どうなるだろうとかいう視点を無視すれば、久々に最後まで手に汗握る面白い試合でしたね。ガラガラな国立でしたが見に来たお客さんにとっては満足度の高い試合だったんじゃないのかな。明治の前へ、前へ、前へのらしい突進は久々に見たような気がします。どうしてこれで下位2チームからしか勝てなかったのか不思議で仕方ない出来。早稲田さんは、ディフェンスの出足の速さと、球出しの速さが全く見られず。ゴールが決まらないとか以前に、あれだけ奇麗にディフェンスライ...
  • » ワセダ、明治にも敗れたか!(大学ラグビー) from 想い出のブリーフケース
    ● 早稲田 22 - 24 明治 ○4敗の明治は、もう失うものがなかった。全力で
  • » 早明戦の夜… from 猫じゃらしの猫まんま
    本当は日記UPするのやめようかと思ったけど。このままだと明日の仕事に影響するので。ちょっとだけ。今日の試合はいろんな意味で。考えさせられたよ。明治については言うことないの。明治は自分のやるべきことをやっただけ。対抗戦6位も9年ぶりの早明戦勝利で。チャラに...
  • » 早明戦、早稲田負ける... from 外資系経理マンのページ
    9年ぶりだか、8年ぶりかで明治に早稲田が負けた。最後の最後、トライを早稲田が決め、コンバージョンキックが決まれば同点だったが、ボールはポールに当たりはじき返され、瞬間に早明戦の負けがきまった。この試合に限っていうなら、そのまえのコンバージョンのうち一本...
  • » プライドの差 from とみざわのマーケティングノート
    大学選手権出場の道は、すでに断たれている。 すでに対抗戦の順位も決まっている。 このような状況で「勝
TOP
OUR PARTNER
asics
株式会社共立メンテナンス 新潟の新しい米 新之助 CITIZEN GAME READY
Wattbike ATARIYA 当矢印刷株式会社 Diverta Nakashima & Co.
nendo finan=sense cocolone AuB Valor Holdings
LINK
MAIL facebook twitter Instagram YouTube
OUR PARTNER