早稲田大学ラグビー蹴球部

早稲田大学ラグビー蹴球部公式サイト

WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE
MAIL facebook twitter Instagram YouTube

招待試合   試合結果

2001/06/30
(Kick off 19:00)

三ツ沢競技場

早大A 関東学院大
  5 0 - 24 57  
5 33
T G PG DG PT   T G PG DG PT
0 0 0 0 4 2 0 0
1 0 0 0 5 4 0
1 0 0 0 0 9 6 0 0 0

T:トライ G:ゴール PG:ペナルティゴール DG:ドロップゴール PT:ペナルティトライ

レフリー
//
タッチジャッジ


2001/06/30

対関東学院大戦・観戦記


 ワセダにとって春シーズン最後のオープン戦が三ツ沢競技場にて行われた。相手は清宮監督が就任時から「目標のチーム」 と言い続けてきた関東学院大。昨シーズン(大学選手権2回戦で25-38で敗戦)のリベンジ、そして何よりここまでの練 習の成果を測る絶好の機会となった。ナイターということで観衆も多く、両校の注目の高さがうかがえた。<HP委員疋>

 昨シーズンの対戦では開始早々に2トライを奪われ敗れただけに、先手を取りたいワセダであったが、キックオフから相手 に攻めこまれてしまう。何とか凌いでいたものの、5分にゴール前でのスクラムからトライを許してしまう。さらに10分に もトライを奪われる苦しい展開。しかしワセダも一度ボールを確保するとしつこくつないで相手ゴールを脅かす。しばらく敵 陣で攻める時間帯が続いたが、26分にマイボールスクラムを奪われそこからトライを献上。このプレーで試合は完全に関東 学院大のものとなってしまった。36分にもターンオーバーから失点し、0-24で前半を折り返す。
 何とか流れを変えたい後半であったが、1分にトライを奪われると相手の勢いに拍車がかかり、FW、BK一体となった攻撃に その後も立て続けに4トライを許してしまう。ワセダは終了間際に1トライを返すのがやっと。結局は5-57と大敗した。
 球出しのうまさ、展開力、接点での力強さ、なかなか崩れないディフェンス。すべてにおいて大学ナンバーワンチームとの 差を感じた試合となった。しかし清宮監督は「関東学院とやって得るものはたくさんあった。今日は試合をやってよかった」 といたって前向き。そしてその強さを肌で感じた選手たちも気持ちを新たにした様子。「何も悲観することはない」(清宮監督) 。まだまだワセダの挑戦は終わらない。「あの試合があったから…」そう笑顔で振り返る日がきっと来る。

<主将・左京泰明>
「(関東学院との差は)点差のままです。(接点で相手の方が強かった?)その通りです。まだまだ甘いところがあるし、それ では関東には通用しません。(試合は)いつも通り練習でやっていたことをやろうとしていました。これからとにかく頑張るだけです」

<副将・安藤敬介>
「去年やったときよりもパワーがあった。なかなか倒せなかった。接点が強くうまく継続することができなかった。相手の1列 はサイズもあるし強かった。自分たちもスキルアップしているけど試合で出し切れていない。これは反復していくしかない。ス タッフと学生の間の信頼関係があるので秋にはいいチームになれると思う」

A招待試合 試合情報一覧

2001/06/30 関東学院大 ● 5-57 ○

2001/06/10 釜石シーウェイブス ● 7-76 ○

2001/06/03 明大 ○ 61-45 ●

2001/05/27 慶大 ● 36-52 ○

2001/05/20 同大 ○ 50-26 ●

関東学院大との戦績

公式戦対戦成績(1989年〜2000年) 早大 3勝2敗0分

過去3試合の対戦結果

2000/12/24 大学選手権2回戦 ● 25-38 ○

1999/01/02 大学選手権準決勝 ● 26-53 ○

1997/01/02 大学選手権準決勝 ○ 32-27 ●

トラックバック一覧

TOP
OUR PARTNER
asics
株式会社共立メンテナンス POWER PRODUCTION
ATARIYA 当矢印刷株式会社 Diverta
Valor Holdings
LINK
MAIL facebook twitter Instagram YouTube