早稲田大学ラグビー蹴球部

早稲田大学ラグビー蹴球部公式サイト

WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE
MAIL facebook twitter Instagram YouTube

練習試合   試合結果

2001/05/13
(Kick off 11:30)

東伏見

早大C 法大C
  19 0 - 31 55  
19 24
T G PG DG   T G PG DG
0 0 0 0 5 3 0 0
3 2 0 0 4 2 0
3 2 0 0 9 5 0 0

T:トライ G:ゴール PG:ペナルティゴール DG:ドロップゴール

レフリー
///
タッチジャッジ


2001/05/13

オープン戦・法政大観戦記

強い日差しが照りつける中、東伏見グラウンドにて昨シーズンの選手権準優勝校・法大とのオープン戦が行われた。 Cチーム、Aチーム、Bチームの順で試合を行い、1分け2敗。先日の東日本大学セブンスでの雪辱はならなかった。


早大A対法大A

早大は開始からテンポのいいアタックを見せ、リズムをつかむ。6分にはハーフライン付近のラックから大きく左に展開。 プロップ大江菊臣(3年)が抜けたところにフランカー町田啓太(4年)がうまくフォローしトライ。幸先のいいスタート を切る。勢いに乗った早大は11分にもゴール前でのラックから大きく展開しトライ。序盤は完全な早大ペースとなった。 しかし22分にターンオーバーからトライを許してしまうと、その後は一進一退の攻防となる。前半は互いに一歩も引かず 12-12で終了。勝負は後半に持ち込まれた。
 先にリードを奪いたいところであったが、5分にまたしてもターンオーバーからトライを奪われてしまう。このあたり から早大のミスが目立ち始め、セットプレーも安定せず苦しい展開。フィットネスも切れたのか次々に相手の突破を許し てしまう。結局は後半だけで5トライを許し、29-45。セットプレーの不安定さとミスの多さが今後の課題となりそうだ。

<昨シーズンの主将・江原も観戦>
この日も多くのOBが駆けつけたが、その中に昨年の主将江原和彦(現リコー)の姿があった。「今日は月田(平11卒、 現リコー)さんの日本代表デビュー戦とどっちにしようか迷ったけど、伏見に来てしまいました」とやはり後輩たちのこ とが気になった様子。試合後はアドバイスを求めに行く部員の姿も多く見られた。試合の感想については「ひとりひとり の特徴を生かした戦術だと思った。合理的で意思統一しやすそう。精度を上げればいける」と語った。さらには「毎日き ついかもしれないが、モチベーション高くやって欲しい」と後輩へのエールも忘れなかった。

<清宮監督試合後のコメント>
「前半はよかった。しかし時間が経つにつれ、やろうとしていることがだんだんできなくなってしまった。ディフェンス はまだまだ理解できてない部分がある」

<左京泰明主将試合後のコメント>
「セットプレーでのミスや軽いプレーがきっかけでやられてしまった。最初の方は意図したとおりにできた。しっかり今 日の反省をして次に生かしたい」

<SH田原耕太郎試合後のコメント>
「前半15分くらいまでテンポは良かった。FWは細かいところの精度がまだ低い。ただ、やることは分かっているので。 BKは決定力がまだまだ。今日も決定力の差で負けた」


早大B対法大B

最後に行われたこの試合。早大は開始からエンジン全開。BK陣が面白いようにゲインラインを突破し、次々にトライを奪う。 前半は38-7と完全にゲームを支配した。しかし後半に入り、相手がメンバーを大幅にメンバーを入れかえると、防戦一 方となってしまう。相手の6トライに対し早大は1トライを奪うのがやっと。終わってみれば43-43と引き分けに持ち こまれてしまった。アタックでのBK陣の活躍が目立った試合だった。


早大C対法大C

スターティングメンバ―に1年生が5人とフレッシュな顔ぶれで臨んだこの試合。開始から早大はWTB正木健介(2年)や CTB豊山寛(1年)が再三に渡ってゲインラインを突破。幾度となくチャンスを作るも、後が続かずなかなかトライを奪う ことができない。逆に前半5分にターンオーバーからトライを許すと流れは一気に法大へ。ミスをしてはトライを奪われる という最悪のパターンで前半だけで5トライを献上。0-31と一方的な展開になってしまう。しかし後半に入ると早大も らしさを発揮。10分にトライを返すと、12分、38分とFB山田智久(2年)がスピードを生かしてトライを挙げた。最 終スコアは19-57と完敗。いい形のアタックがたびたび見られただけにミスが悔やまれる試合となった。

<アタックで活躍した豊山試合後のコメント>
「今日はチームも自分も走れなかった。あと少し走ればボールが取れるというところでの気持ちが足りなかった。まだまだコ ミュニケーション不足。外に展開してつなぐといういい形は何度か出せた。ただターンオーバーが多かった。密集での力足り なかった。(ワセダに入学しての印象)さすがという感じ。日本一の練習をしていると思う。みんなで盛り上げている感じが する。先輩たちもいい人ばかりでやりやすい」

<自慢のスピードで2トライの山田試合後のコメント>
「相手の絡みが強くて上手くいかなかった。やっていることが出せればもう少しやれたと思う。ミスの多さが上のチームとの差。ミ スを少なくしていきたい。足は速い方だと思うので、そこをアピールして今年は赤黒を着たいです」

C練習試合 試合情報一覧

2001/12/15 曼荼羅クラブ ● 36-55 ○

2001/12/01 タマリバB ○ 73-21 ●

2001/11/04 関東学院大C ● 17-38 ○

2001/10/20 習志野自衛隊 ○ 78-17 ●

2001/10/13 拓大 ○ 74-28 ●

2001/10/07 明大C ● 12-47 ○

2001/09/29 ● 33-38 ○

2001/09/22 東海大C ○ 53-19 ●

2001/09/15 ○ 58-7 ●

2001/09/01 日大C ○ 73-19 ●

2001/08/29 福岡大 ○ 79-7 ●

2001/08/21 拓大 ● 29-88 ○

2001/08/19 関西学院大 ○ 85-7 ●

2001/06/24 第一勧銀 ○ 52-45 ●

2001/06/16 GWクラブ ○ 113-5 ●

2001/06/10 立教大 ○ 43-31 ●

2001/06/03 東海大B ● 22-31 ○

2001/05/20 タマリバ ● 39-55 ○

2001/05/13 法大C ● 19-55 ○

2001/05/03 流通経済大C ● 24-33 ○

法大Cとの戦績

過去の戦績はありません

トラックバック一覧

TOP
OUR PARTNER
asics
株式会社共立メンテナンス 新潟の新しい米 新之助 CITIZEN GAME READY
Wattbike ATARIYA 当矢印刷株式会社 Diverta Nakashima & Co.
finan=sense cocolone AuB Valor Holdings POWER PRODUCTION
LINK
MAIL facebook twitter Instagram YouTube
OUR PARTNER