早稲田大学ラグビー蹴球部

早稲田大学ラグビー蹴球部公式サイト

WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE
MAIL facebook twitter Instagram YouTube

練習試合   試合結果

2001/08/21
(Kick off 14:00)

菅平

早大A 関東学院大
  22 5 - 31 36  
17 5
T G PG DG PT   T G PG DG PT
1 0 0 0 5 3 0 0
3 1 0 0 1 0 0
4 1 0 0 0 6 3 0 0 0

T:トライ G:ゴール PG:ペナルティゴール DG:ドロップゴール PT:ペナルティトライ

レフリー
///
タッチジャッジ


2001/08/21

早大A対関東学院大戦・観戦記


 この日の相手は6月30日のオープン戦で5-57と大敗を喫した関東学院大。その時の悔しさ を胸に練習に励んできたワセダフィフティーンにとって自らの成長を図る絶好の機会となった。< HP委員疋>

 激しい雨のなか行われたこの試合。リベンジに燃える早大は開始からFW、BK一体となった攻 撃で相手ゴールを脅かす。しかしペナルティーでチャンスを潰してしまうとそこから相手に切り返 されトライを許してしまう。先制トライは許したものの試合は早大ペース。8分には春先のケガから 復帰し久々にAチームでの出場となったCTB山下大悟(3年)が力強い突破でインゴールへ。ト ライかに思われた惜しくもノットリリースザボール。その後も攻め立てたが、ミスもあり、あと一 歩のところで得点を挙げることができない。多くのチャンスを逸したことが響いたのか、流れは一気 に関東学院大へ。20分、25分と連続でトライを奪われてしまう。早大も28分に相手ゴール前 でのラックから素早く展開しCTB山下がトライを挙げるも、前半はこの1本だけ。その後2トラ イを追加され5-31で前半を折り返した。

 相手がメンバーを大幅に入れ替えた後半は早大が優勢。相手を1トライに抑え、3トライを挙げた。 最終的には22-36で敗戦。春のリベンジはならなかった。全体を通して攻め込む時間が長かった だけにもう少しトライが欲しかったところ。攻め込みながらミスを犯してしまう早大とそのミスを逃 さず確実にトライを挙げる関東学院大。これが現時点での両チームの差と言えるだろう。

<留学組の上村、高森が出場。ワセダに新たな風を!>
 夏合宿前にオーストラリア、ニュージーランドへの留学から戻りチームに合流したフランカー上村 康太、ロック高森雅和(ともに3年)のふたりが後半から出場。双方とも随所に光るプレーを見せた。 オーストラリアとニュージーランド、国こそ違えふたりが得たものとして揃って口にしたのは「自分 で考える」ということ。やらされるのではなく自ら考えてやる。この姿勢の大切さを実感したようだ。 左京泰明主将も「ふたりともやらされるのではなく、自分で考えて頭を使っている」と精神面での成 長を感じている様子。ふたりのこの姿勢はチームに良い影響を与えそうだ。もちろんプレーでも留学 の成果を大いに見せてくれるはず。留学組に今後も注目です!

<左京主将、試合後のコメント>
「前回の対戦では近場をブレイクされることが多かったので、FWがそこをやられないように意識し た。今日はそこの部分は前回よりも抑えられた。その点ではよかった。ただBKが一発でブレイクさ れることが多かった。そこが新たな反省点。アタックに関してはテンポがよくなる時もあったけど、 ミスでチャンスを潰してしまった。ターンオーバーされすぎ。前回よりも進歩が感じられる試合だっ たと思う。いいところも悪いところも含めて、方向性が見えたのはよかった」

<SH田原耕太郎(4年)>
「この前対戦した時に反省したことができればと思っていた。反省は生かせたけど前回やられなかっ たところでやられてしまった。相手の絡みが想像以上にハードでミスが出てしまった。イメージして いたのよりワンテンポ遅れてその分相手のディフェンスに立たれてしまった。BKはもっと止めない と。進歩は感じられた。自分はワセダのSHとしてテンポにこだわっていきたい。死んだ球を生き返 らせるようなパスをしていきたい」

<CTB山下大悟>
「ケガしている間は戻った時にそれまで以上になれるようにと考えていた。前回関東とやったときは 近場を攻められなかったので、今日は外を攻めようと思った。後半はテンポもよく攻められたと思う。 チームとしては頭をクリアにしての意思統一ができていなかった。攻めているときにあたふたしてし まった。強くてもひるまず攻めれるかが大切。これには経験も必要だけど。ディフェンスはまだ激し さが足りない。今シーズンは若い選手が多いので自分の経験を生かしながら引っ張っていければと思 う」

<後半から出場のフランカー上村康太>
「新しい刺激を求めて留学した。留学で一番感じたことは考えるということ。ワセダは考えてる奴も いるけどまだ足りない。自分で考えなければうまくならない。関東とワセダの差は技術なんかではな くて精神的なところが100%だと思う。関東はきっと練習してても楽しいだろうし、考えてやって いると思う。メンタル的なところでチームを引っ張っていきたい。ワセダで勝つのは目標だけど、自 分はそこに留まりたくはない。もっと上を見ていきたい。ワセダどころじゃないですよ!(笑)」

<同じく後半から出場のロック高森雅和>
「留学してワセダの反復練習で身に付くスキルもあるんだなと感じた。反面ここ一番の集中力がない とも。向こうに行ってラグビー好きになれた。みんな好きだからやっている感じ。全体練習は週2回 だったけど自主的にみんな取り組んでいた。技術的にはコンタクトの強さが身に付いた。ラフプレー に近いこともやられて当たり前だし、やって当たり前と思えるようになった。コンタクトで前に出て いい球をBKに出せるようにしたい。去年1ヶ月留学した時はニュージーランド最高って思ったけど、 今はワセダもいいじゃんって思います(笑)」

A練習試合 試合情報一覧

2001/09/01 日大 ○ 64-21 ●

2001/08/30 京産大 ○ 87-19 ●

2001/08/26 早大ROB ○ 54-45 ●

2001/08/21 関東学院大 ● 22-36 ○

2001/05/13 法大 ● 31-45 ○

2001/05/04 京産大 ○ 42-12 ●

関東学院大との戦績

公式戦対戦成績(1989年〜2000年) 早大 3勝2敗0分

過去3試合の対戦結果

2001/06/30 招待試合 ● 5-57 ○

2000/12/24 大学選手権2回戦 ● 25-38 ○

1999/01/02 大学選手権準決勝 ● 26-53 ○

トラックバック一覧

TOP
OUR PARTNER
asics
株式会社共立メンテナンス 新潟の新しい米 新之助 POWER PRODUCTION GAME READY
Wattbike ATARIYA 当矢印刷株式会社 Diverta Nakashima & Co.
finan=sense cocolone AuB Valor Holdings
LINK
MAIL facebook twitter Instagram YouTube
OUR PARTNER