早稲田大学ラグビー蹴球部

早稲田大学ラグビー蹴球部公式サイト

WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE
MAIL facebook twitter Instagram YouTube

【関東大学対抗戦/慶應大学戦観戦記】

2021/11/24


前半のリードを守り切り 伝統の一戦を制す
 
11月23日、穏やかに晴れた空が広がる東京・秩父宮ラグビー場で、今年も伝統の一戦が行われた。関東大学対抗戦(対抗戦)も終盤に差しかかり、ここまで4勝1敗で今試合を迎えた早大。前半は終始主導権を握り、5トライを挙げて慶大を突き放した。しかし、後半は慶大ペースにもちこまれ、徐々に点差を詰められる。だがその追い上げを振り切って、40-33で試合終了。接戦を制し、2015年から続く連勝を7に伸ばした。
 
開始6分、NO8佐藤健次(スポ1=神奈川・桐蔭学園)が体を反転させて相手をかわし、先制トライを挙げる。17分にはFB河瀬諒介(スポ4=大阪・東海大仰星)がステップで相手を翻弄しながら突破、パスを受けたフランカー相良昌彦(社3=東京・早実)がインゴールへ飛び込んだ。21分に慶大が得意とするラインアウトモールで失点するが、早大の勢いは止まらない。29分、今季対抗戦初出場となったフッカー原朋輝(スポ4=神奈川・桐蔭学園)がパスで抜け出し独走、そのままトライを奪う。その後34分には、SO伊藤大祐(スポ2=神奈川・桐蔭学園)が慶大のパスミスでこぼれたボールをキックし敵陣へ。自ら拾い上げてグラウンディングし、雄たけびを上げた。そして40分にも追加点を挙げ、大きくリードするかたちで前半を折り返した。
 

今季対抗戦初出場でトライを挙げた原
 
しかし後半、慶大が反撃に出る。7分、14分にラインアウトからのモールトライを許し、点差を縮められる。だが31分、ターンオーバーしてボールを得たフランカー前田知暉(社3=大阪・東海大仰星)が大きくゲイン。残り5メートルほどまで攻め入ると、SO久富連太郎(政経2=島根・石見智翠館)がさらに前進し、最後はSH宮尾昌典(スポ1=京都成章)がディフェンスの隙間をかいくぐってトライを決める。しかし36分には慶大に4度目のモールトライを献上。43分にもキックパスからインゴールを明け渡す。慶大の猛追にあったものの、早大は最後までリードを守り切り、40-33でノーサイドとなった。
 

パスを放る伊藤
 
強みであるアタックが光り、いい滑り出しを見せてからそのまま逃げ切った早大。しかし後半、相手が変えてきた部分について「それに対応するディフェンスがなかなかできなかった」と大田尾竜彦監督(平16人卒=佐賀工)は振り返る。次戦の相手は宿敵・明大。昨季の対抗戦ではセットプレーや接点でのミスから流れを渡してしまい、14-34で敗れている。今年も、簡単な試合にはならないだろう。『荒ぶる』奪還への弾みをつけるために、課題は修正し、強みには磨きをかけて、対抗戦最終節を勝利で飾りたい。
 
記事:大滝佐和 写真:横澤輝(早稲田スポーツ新聞会)

 
TOP
OUR PARTNER
asics
株式会社共立メンテナンス POWER PRODUCTION
ATARIYA 当矢印刷株式会社 Diverta
Valor Holdings
LINK
MAIL facebook twitter Instagram YouTube