早稲田大学ラグビー蹴球部

早稲田大学ラグビー蹴球部公式サイト

WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE
MAIL facebook twitter Instagram YouTube

第29回 主務部屋 『御礼』

2020/01/16

こんにちは。
主務の宇野です。

今回の主務部屋が、私が書く最後の主務部屋となります。
ぜひ、ご一読いただけますと幸いです。


齋藤直人主将率いる2019年度のチームは、1/11(土)に新設された国立競技場で行われました大学選手権の決勝で勝利し、11年ぶりに優勝することができました。
もちろん、この優勝は部員や監督・コーチスタッフだけのものではありません。
様々な方の支えやご声援があり、ここまで来ることができました。
その感謝をこの場をお借りして、申し上げます。


OBの皆様
いつの時代も優勝に向けて戦い続け、努力されていた先輩方の姿を私たち現役は、見てきました。偉大なその背中は今も私たちの脳裏に焼き付いており、継承されています。引退されたあとは、いつも支えていただき、ありがとうございました。
試合前にメッセージを送ってくださる先輩や練習試合にも応援に来ていただける皆様に現役は刺激を受けており、頑張らなければと奮起したはずです。自分のことのように「荒ぶる」を喜んでくださるその姿は、私にとって最高に嬉しいものでした。
4年生はこれからOB会へ仲間入りとなります。今後とも、宜しくお願いいたします。
4年間、本当にありがとうございました。



各社スポンサー、ご協力いただきました企業の皆様
ジャージなどの練習着や試合ジャージを何不自由なく着用することができるように準備していただいている。
練習用具が何不自由なく準備していただいている。
大学ラグビー界ではなかなかないだろう1面の天然芝グラウンドをいつでも綺麗に使用できる状態に管理していただいている。
寮に戻れば、栄養の揃っている食事を食べることができるように準備していただいている。
一番消費量の多いお米もお腹いっぱいにいつでも食べることができように準備していただいている。

ここに書ききれないほどの多くの企業の皆様にご支援をいただいておりました。
大学生では考えられないほど環境面では充実しており、大学ラグビー界でもトップクラスの環境をいつも準備していただいておりました。
この場をお借りして感謝申し上げます。ありがとうございました。



ファンの皆様
いつも温かいご声援をいただき、ありがとうございました。
弊部が勝つときは共に喜んでいただき、負けても「次は期待しているよ」と温かいお言葉をいただけることがいつも励みになっておりました。試合ではなくても上井草までご足労いただき、練習を見学される皆様。弊部HPに激励の言葉を送ってくださる皆様。勝てない時も応援していただき、とても心強かったです。
本当にありがとうございました。これからも早稲田大学ラグビー蹴球部を宜しくお願いいたします。



保護者の皆様
いつも支えていただき、ありがとうございました。学生が打ち込める環境にご理解いただき、送り出してくれることにとても感謝しております。また、学生の一番近くで見守っていただき、激励の言葉をかけてくださる。また、支えにもなってくださる。保護者の皆様あっての私たちです。本当にありがとうございました。



振り返ると私たちは本当に恵まれています。
他にもチームドクターの皆様、学校関係者の皆様、常に温かく見守ってくださった上井草商店街、地域の皆様、各地域の協会の皆様。数えきれない方のご支援、ご協力をいただきました。
多くの皆様のおかげで日々活動することができ、その感謝を日本一という結果で恩返しをすることができました。そのことを大変嬉しく思います。


また、今年は日本でラグビーワールドカップが行われました。
日本代表は、ベスト8という功績を残したことでラグビーの注目度が高まっている状態で試合をすることができました。

現在、トップリーグでも多くのラグビーファンの皆様が会場に足を運んでいただいているように大学ラグビーでも6万人近くの観客の皆様の前で試合をできたこの経験は一生の宝です。
この会場をご用意いただいた関係者の皆様に御礼申し上げます。


最後になりますが、こんなにも多くの方々に応援していただける組織の主務となったこの1年間は、とても貴重な時間でした。どれだけ多くの人に応援していただいているか、支えていただいているか、どんなに大きな組織に所属しているのか。選手だけでは学ぶことのできず、主務だからこそ見えた景色なのではないかと思います。選手と主務を兼任させていただいたことでご迷惑をおかけすることも多くありましたが、ご理解いただき、ご協力いただいた企業や協会の皆様に御礼申し上げます。


そして、
主務と選手を容認していただいた監督や同期、総務の方々、先輩など数多くの方に感謝申し上げます。この日本一に一切の後悔はなく、最高の景色を見ることができました。

こんなにも温かく応援していただける組織に入れる私たちは幸せ者です。


拙い文章ではありましたが、目を通していただいた皆様、プレビューの数を見ていつも嬉しく感じておりました。

1年間、ありがとうございました。

今後とも、早稲田大学ラグビー蹴球部を宜しくお願いいたします。






以上、第29回主務部屋でした。


 

トラックバック一覧

TOP
OUR PARTNER
asics
株式会社共立メンテナンス 新潟の新しい米 新之助 POWER PRODUCTION GAME READY
Wattbike ATARIYA 当矢印刷株式会社 Diverta Nakashima & Co.
finan=sense cocolone AuB Valor Holdings
LINK
MAIL facebook twitter Instagram YouTube
OUR PARTNER