早稲田大学ラグビー蹴球部

早稲田大学ラグビー蹴球部公式サイト

WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE
MAIL facebook twitter Instagram YouTube

トレーナー募集

早稲田大学ラグビー蹴球部では、学生メディカルトレーナーを募集しています。

私たち、選手たちと共に大学日本一を目指しましょう。

 

学生トレーナーの果たす役割は部内でも大きく、その仕事は多岐にわたります。

早稲田大学ラグビー蹴球部では、男子2名・女子2名の計4名の学生トレーナーが所属しており、100人を超える選手のメディカル面をサポートしています。

 

現役の学生トレーナーも、入部を志望した動機は様々です。

将来トレーナーとして活躍するための経験の場としたい。

好きなラグビーに関わりたい。

純粋に早稲田大学で日本一を目指したい。          など

 

ラグビーというスポーツは激しいタックルを繰り返すコンタクトスポーツであり、全身のさまざまな怪我が起こります。そのため、トレーナーとして多くの知識を学び、経験を積むことができます。
ラグビー部専用のグラウンド、治療部屋、リハビリ場があり、毎日プロのトレーナーの方々の治療を間近で見たり指導をいただいたりと、トレーナーとして学び、活動するためには最高の環境が揃っています。


メディカルトレーナーは、現在グラウンドとリハビリの2部門に分かれて活動しています。
それぞれ少し紹介したいと思います。

 

【グラウンド】

グラウンドで行われている練習を最も近くで見て、サポートしている部門です。
基本的にはグラウンドでの練習があるときに、その時間に合わせて行動しています。
一日は練習の準備、選手のテーピングから始まり、
練習中は怪我人の応急処置、
練習後も選手の怪我のフォローを行うなど、選手が練習を行うためには欠かせない役割を担っています。

↑練習前にテーピングを巻きます。毎日の選手の体の状態を把握する場でもあります。


↑練習前に選手をマッサージしている様子です選手がハードな練習をこなすのに必要です。



↑練習中のグラウンドトレーナーは、応急処置でテーピングを巻くこともあります。


【リハビリ】
 アスレティックリハビリテーションとは、怪我をした選手が日常生活レベルから競技復帰のレベルにまで戻すことです。リハビリ部門では、その過程で日々選手の状況を把握したり、患部の回復に必要なケアなどを行います。
 主な仕事は、選手のケアやリハビリ選手のタイムスケジュールの管理、プロトレーナーの補助、任せてもらえればリハビリの選手を担当しメニューの作成などもします。
 メニューを作成するときなどは特に頭を使い悩みますが、自分がサポートした選手が復帰して試合や練習で走り回っているのを見ると本当にやりがいを感じます。

↑リハビリの選手は特に日々患部のケアが欠かせません。



↑日々選手の状態を把握するのもリハビリトレーナーの役割です。



また、試合の時に選手を一番近くでサポートするのはトレーナーです。
最高のコンディションで選手を送り出すために、選手が到着する前にロッカー内を設営し、
試合中もベンチやロッカーで選手や他のスタッフのサポートをします。
大きな会場の大観衆の中でプレーする選手のサポートをすることは、他ではできないような経験になるでしょう。
試合において、グラウンドレベルで選手とともに戦うことができるのは、トレーナーの醍醐味の一つです。

 

トレーナー経験や、ラグビーに関する知識の有無は問いません。

また、学部に関しましても今年はすべての学部からの募集とさせていただきます。

100名を超える部員が不安なく練習や試合に取り組むために、ラグビーに集中できる環境を整えるために、

もっとも長く近い場所で、選手と日々を過ごす学生トレーナーの存在は欠かせません。

 

早稲田大学ラグビー蹴球部に関心のある方、トレーナーという仕事に少しでも興味を持たれた方、

ぜひ一度、上井草グラウンドで、直に選手の熱意・トレーナーの熱意に触れてください。

 

【現役学生トレーナーから新入生の皆さまへ】
こんにちは!
早稲田大学ラグビー蹴球部学生トレーナー・グラウンド部門4年の大竹楓です!

ここまで簡単にトレーナー業務の紹介をしてきましたが、学生トレーナーの醍醐味は、選手やチームの結果に直結する場であるグラウンドやその復帰過程であるリハビリにおいて選手との直接的な関わりが多いことです。もちろん、自分の行動が選手やチームに直結しているという責任も伴います。ですが、日々の練習から試合に至るまで、選手にすぐそばでサポートできるやりがい・感動は、自分の人生でそれまでないほど大きなものです。

しかし、「知識も経験もないから不安・・」という方、安心して下さい!
わたしたち学生トレーナーも、入部前にはトレーナーとしての知識は持っていませんでした。しかし、プロトレーナーの方や先輩学生トレーナーからトレーナーとしての技術や知識、選手や仕事に対する姿勢からラグビーのルールに至るまでを0から教わり実践していく中で、次第に力を発揮し今となってはチームに欠かせない存在となっています。

想いとガッツがあれば大丈夫です!
あなたが挑戦する環境は整っています。
共に日本一を成し遂げる日を楽しみにしています!




随時見学・質問等を受け付けておりますので下記連絡先までお問い合わせください。 

お待ちしております!


※メール記入事項
=====================
2018年 早稲田大学ラグビー蹴球部新人
【トレーナー】 お問合せ

氏名:
学部学科:
出身校:
*
以下、ご用件をご記入ください。
=====================

追加情報につきましては、弊部ホームページにて随時掲載致しますのでご確認ください。

【連絡先】
早稲田大学ラグビー蹴球部寮
TEL:03-5303-9546
MAIL:rugby.waseda@gmail.com
※電話連絡につきましては月曜日を除く日中にお願い致します。

TOP
OUR PARTNER
asics
株式会社共立メンテナンス 新潟の新しい米 新之助 CITIZEN GAME READY
Wattbike ATARIYA 当矢印刷株式会社 Diverta Nakashima & Co.
nendo finan=sense cocolone AuB Valor Holdings
LINK
MAIL facebook twitter Instagram YouTube
OUR PARTNER