早稲田大学ラグビー蹴球部

早稲田大学ラグビー蹴球部公式サイト

WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE
MAIL facebook twitter Instagram YouTube

部内マッチ   試合結果

2005/08/14
(Kick off 14:30)

菅平

早大A 早大B
  45 26 - 5 5  
19 0
T G PG DG   T G PG DG
4 3 0 0 1 0 0 0
3 2 0 0 0 0 0
7 5 0 0 1 0 0 0

T:トライ G:ゴール PG:ペナルティゴール DG:ドロップゴール

レフリー
//
タッチジャッジ


日本で1番熱い夏 佐々木組『荒ぶる』ヘ驀進!

2005/08/16


 「いやぁ、よかったね。あれだけ激しい試合は他のチームとはできないよ」(清宮監督)―。コップの中の争い。そんなちんけな言葉では表わせない超壮絶な潰し合い。この時、この場所だからこそのガチンコ『バトル』に、仕掛け人・清宮監督の顔も思わず揺らいだ。
 試合は開始から最強の『刺客』・ワセダBが怒涛の攻勢。激しいブレイクダウンから、BKでのスピード勝負(ちなみにWTB高津雄矢は100m10秒7の部内最速!FB大野、『音速男』、『遅れてきた天才』も11秒フラットレベル!)に活路を見出し、Aチームをこれでもかと苦しめた。「Bチーム、淡白だけど、乗ったら強い…」(主将・佐々木隆道)。
 15分。『遅れてきた天才』平野進也の華麗なアウトから敵陣深くへの進入に成功すると、粘り強い『継続』から最後はFB大野雄也がインゴールへ渾身のダイブ。鉄壁と思われた牙城の崩壊、Bチームの躍動感溢れる姿に、菅平は異様な興奮に包まれた。
 しかし、「俺たちがすべてにおいて勝っているからA。負ける要素はひとつもない」と豪語した佐々木隆道率いるファーストチームは、慌てず、騒がず、失いかけた流れを理詰めで奪回。セットへの「拘り」(ゴール前ペナルティーからはことごとくスクラム選択)、ボール争奪戦の「激しさ」(ブレイクダウンの攻防も時間の経過とともに優勢。徐々にターンオーバーも)、BKの「強さ」で『刺客』の勢いを削ぎ、瞬く間にゲームの様相を変えてみせた。主将自らがトライを挙げるまでに要した時間、僅か8分。「ゲバはだいたいあそこまではいける。そこから先が本当の勝負。気持ちだけではやっぱり勝てない。Aチームは強い…」(Bチームキャプテン・高橋銀太郎)。
 点差=心の余裕。佐々木隆道、勝田譲、畠山健介、田中渉太…。続々とトライを重ねる中で、一際光を放ったのが、CTB今村、FB五郎丸の他を寄せ付けない圧倒的な芯の強さ(学生もどよめきまくり…)。このふたりがボールを持った後の展開は、ほぼ100%チャンスフェーズ。特に世界を相手にする男・五郎丸の走りは学生レベルを遥かに超え、ひとり「別格」のオーラが漂った。
 「Bチームに勝つのは当たり前。そりゃみんな関東ですよ」。主将・佐々木隆道もさらりと振り返ったように、30点差を付けた後半20分過ぎからは目の前の敵・ワセダBよりも、宿敵との第2ラウンドへ気持ちはシフト。「おい、関東だ!関東だ!」。清宮監督が用意した『刺客』、どの試合よりも激しい『バトル』を乗り越え、テンションは早くもMAX!「楽しいね、夏合宿は」(清宮監督)。「夏が終わる頃には、今年はワセダが優勝すると誰もが認める、ものすごいチームになりますよ」(主将・佐々木隆道)…。日本で1番『熱い』夏。『佐々木組』魂の30日は、『荒ぶる』を決定づける―


<激しさ溢れる戦いに大満足! 充実の夏合宿に笑顔笑顔の清宮監督>
「いやぁ、よかったね。期待どおりの試合だった。あんな激しい試合は他のチームとはできない。関東との試合ともまた違う感じで。お互い積極的に攻めていたし、むやみにモールで取りにいかないといった意地も見せてくれたし、これまでの安全志向からアグレッシブな試合をしてくれた。目の前のライバル、ひとりひとりの勝負という点でも、そういう気持ちがみんなでていてよかった。いくら足のあるBKがいても、FWが勝たないとそれも生きないしね。隆道も復帰して、前より全然よくなっているし、今村、五郎丸もかなり自信をつけてきている。スクラムもいい課題がでていて、だいぶ上向き。新たな試みをしているブレイクダウン、ジャッカルのところもまあまあ。みんなしっかり充電してきているからコンディションは春よくなってるよ(笑)。とにかく今日こういう激しい試合をしてケガ人が出なかったのが1番の収穫。レフリーもよかったね(この日はウェリントン在住のレフリー。関東戦も吹いてくれるそうです)。春関東のときのワセダは精一杯で、余裕なくやっていたけれど、今回は懐の深い戦いをしたいと思っている。少し雨は降ったけど、練習計画はここまで順調に消化できてるし、手応えありという感じ。いいんじゃないですかね。いやぁ、楽しいよ夏合宿は(笑)」


<久々の実践復帰 この夏の飛躍を高らかに宣言する主将・佐々木隆道>
「いやぁ、きつかったです。Bチーム、強いですね。まだまだ淡白だけど、乗ったら強い。それが最初の10分、15分。Aチームとしては、あれは不甲斐なかったです…。でもみんな久々で試合勘もなかったし、あんなもん。五郎丸がタテにいいプレーしてくれたし、東条もよく絡んでくれたし、谷口もいいコールだしていたし、みんな前が見えていたと思う。久々の試合でもコミュニケーションはしっかり取れていてよかった。ディフェンスも最初近かったですけど、途中から修正できましたし。ゲバに向けては、それぞれがライバル意識を持ってやれたし、僕自身も今週は林、ジャガーを倒すことだけをイメージしてやってきた。まぁ、思い通りにはいかなかったですけど…。途中からは、みんな関東を意識していたけれど、それは当然のこと。B相手に勝つのは当たり前ですから。関東前にいい試合ができた。でもこのままでは関東には勝てないとみんなも分かっている。明日の練習からもっともっと高い意識で取り組んでいきたい。今日は合宿でやってきたことが多少でていたし、みんな色々とやろうとしていた。あとは本当に精度の問題。関東までの一週間みんなで拘って、前に出た課題を出さないようにと、ひとつひとつしっかりと積み上げていきたい。合宿は1日1日がすごく早くてあっと言う間。みんないい緊張感を持っていて充実してます。自分もケガあけにしてはよく動けていますし。夏が終わる頃には、今年はワセダが優勝すると誰もが認める、ものすごいチームになりますよ(笑)」


<清宮監督も大絶賛! ひとり別次元の領域でプレーする『怪物』五郎丸歩>
「やっぱり味方同士の戦いは、手の内も分かりあっていてやりずらいです。Aチームが取りきれなかったのはコミュニケーションと精度のなさ。練習ででていることがそのまま試合にも出ているので、もっと意識を変えてやらないとダメです。BKはもっともっとうまく。パスもだし、スキルもだし、コミュニケーションも。前半押されたのは、入りのところのモチベーションの違い。Aは気持ちが上がりきってなかった。ただ、ひとりひとりが自分の仕事をやろうとする意識はあったし、そこはよかったと思う。やろうとしてたこともチョロチョロできてきているから、あとは精度の問題。走るコースにしても、ラストパスにしても、自分のプレーはまだまだ。この合宿でレベルアップして、シーズンで仕上げていきたいです。春の関東戦は19-7。自分のプレーもよくなかったので、次の試合ではまずその得点を超えるように、内容はもちろんですけど、何よりスコアに拘ってやります。今日はジャッカルにいく意識はよかったけれど、ボールを取れるところと取れないところの見極めがよくなかったので、そこの見極めをしっかりとして、厚みのあるディフェンスをしていきたいです。昨年は後ろからついていくだけでしたけど、今年は少しでも前にでて、後ろから的確な指示を出して、チームを引っ張れればと思ってます」


<圧倒的なパワーに屈し、無念の表情を見せるBチーム主将・高橋銀太郎>
「今日はボロボロにやられましたね…。最初の20分。動けているうちはブレイクダウンもきれいに出て、うまく攻めれていたんですけど、徐々にマイボールが確保できなくなって苦しかったです。ミスばかりで、自滅という感じでした。とにかく最初は勢いと気持ちであの展開に持ち込みました。ゲバはだいたいあそこまではいけるんですけど、そこから先が本当の戦いなんですよね…。AのBKのヨコの動きはハンパない。進也で勝負しにいっても、しっかりついてきますから。あれはきつかったです。Aチームはたしかに強いですけど、継続さえできればここまでの差は開かないと思います。ブレイクダウン次第。1番の差はそこです。FWの奴ら曰く、Aがあれだけ重いときついと。時間の経過とともに動けなくなって、次第に穴がでてきてしまう。だんだんマイボールも減ってきて、自分もゲームを動かせませんでした。菅平でやるなかで1番強い相手だし、Bも気持ちはかなり入っていたけれど、やっぱり気持ちだけでは80分の勝負には勝てない。圧倒的にパワーで劣ったという感じです。合宿はここまでいい練習ができているし、強くなるイメージはだいぶ持てている。個人的には、春の終わりに清宮さんからゲームメイクのことを言われたので、それをしっかりとできるように。キックでゲームを動かすことはできるので、それ以外の判断の部分で。まずは打倒・孝成。それに下から曽我部もきてますから。この夏が勝負です」

<どうにも止まらない 『野獣』今村雄太この日も爆走!>

トラックバック一覧

TOP
OUR PARTNER
asics
株式会社共立メンテナンス 新潟の新しい米 新之助 POWER PRODUCTION GAME READY
Wattbike ATARIYA 当矢印刷株式会社 Diverta Nakashima & Co.
finan=sense cocolone AuB Valor Holdings
LINK
MAIL facebook twitter Instagram YouTube
OUR PARTNER