早稲田大学ラグビー蹴球部

早稲田大学ラグビー蹴球部公式サイト

WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE
MAIL facebook twitter Instagram YouTube

関東大学対抗戦   試合結果

2006/09/24
(Kick off 14:00)

熊谷

早大A 青山学院大
  97 57 - 0 0  
40 0
T G PG DG   T G PG DG
9 6 0 0 0 0 0 0
6 5 0 0 0 0 0
15 11 0 0 0 0 0 0

T:トライ G:ゴール PG:ペナルティゴール DG:ドロップゴール

レフリー
山田 智也
タッチジャッジ
土屋 有司
山本 義明
宮田 匡寿

対青山学院大戦試合動画

2006/09/29

前半

3分 早大 22m内S→BK展開でラック→9・7ラック→9→菅野トライ G15成功 7-0
10分 早大 LOをTOして継続→22m内ラック→9→10→菅野トライ G15成功 14-0
14分 早大 22mライン上ラック→9→10→7ラック→9→5→権丈トライ G15成功 21-0
18分 早大 自陣FKから速攻→13ビッグゲイン→9→10キックパスで菅野トライ G15失敗 26-0
21分 早大 G前Pから速攻で6→9→12→10→三原トライ G15失敗 31-0
24分 早大 センターSから継続して22m内ラック→9→瀧澤トライ G15成功 38-0
26分 早大 相手のカウンターを潰して→今村トライ G15成功 45-0
30分 早大 自陣Sからラックを連取して22m内ラック9 ・7・ 8・ 9 ・10・15・13→三原トライ G15成功 52-0
39分 早大 22mライン内LOからモールを押し込んで林トライ G15失敗 57-0

後半

2分 早大 HLラインアウトからモール→20→矢富が3人抜いてトライ G15成功 64-0
16分 早大 1がタックルからオーバーしてTO→こぼれ球を矢富が拾ってトライ G15成功 71-0
20分 早大 G前相手Sをターンオーバーして林トライ G15成功 78-0
28分 早大 HLスクラムから継続してラック→20→21→10→矢富がトライ G15成功 85-0
32分 早大 G前Pから速攻で20→曽我部トライ G15失敗 90-0
37分 早大 敵陣で相手LO取ってモール→瀧澤が抜け出しそのままトライ G15成功 97-0

 本動画配信をご理解、ご了承くださいました青山学院大学様に厚く御礼申し上げます


動画の閲覧には最新のAdobe Flash Playerが必要です。
Adobe Flash PlayerはAdobe社のサイトより無料でダウンロード可能です。
Flash Player ダウンロード

対青山学院大 テーマ『責任と信頼』―

2006/09/25


 2006年9月24日、対抗戦がついに開幕。チームに1本芯の通った『東条組』は、その強い絆で、力強く『荒ぶる』への第一歩を踏み出した。そこにもたらされた大きな変化…。「今日はみんなで『責任と信頼』ということをずっと言い続けてました。ワセダが日本一になるために、それぞれが自分の『責任』を果たす。夏以降そこに懸けてやってきて、今日もプレー中からずっとその言葉を口にしてたんです」(SH三井大祐)。テーマ『責任と信頼』―。
 まずはそれぞれが自分の責任を果たす…。互いにするべきことを明確にし合った誇り高き『赤黒』は、開始から一気のラッシュ。これまでの鬱憤、乗り切れなかったモヤモヤを吹き飛ばすように、これでもかとトライを量産した。その中心は紛れもなく、矢富勇毅、曽我部佳憲の『劇場型』HB団。オックスフォード大戦の反省から、「いかんとこと決めてた」SH矢富が長いパスで展開に徹すれば、「外からのコールに助けられた」と言うSO曽我部もピンポイントスーパーパスを連発。「まだまだですけど、曽我部とふたりである程度ゲームを作れた。練習でやってきたことが出せたかなと…」(SH矢富)。久方ぶりに見られたワセダらしい『高速』展開は、美しさ満点だった。
 実は曽我部が口にした、この「外からコール」こそが、この日最大の収穫。「昨年、今年の春はできていて、その後なかなかできたなかったけれど、ようやく。学生の間でもなぜその声が出せないのかということを詰めてきた」(中竹監督)。BKが突き抜けられなかった要因のひとつが、外からのコール不足。今どういう状況で、自分はどうもらいたいのか―。「俺のとこまで!」。場内騒然、SO曽我部が見せた3人飛ばしのラストパスは、WTB菅野が発したコールによって生み出さたものだった。「みんないい声を出してくれた。練習の成果です。パスは僕の判断ではなくて、外の声に反応したもの。そこはずっと言ってきたことですから。CTB、外の声、大事です…」(SO曽我部)。
 そして、後半は有事に備え、開始からWTBに矢富(お疲れモードも超イリュージョンで3トライ!)、残り20分からはインサイドCTBに曽我部を入れる布陣をテスト。備えあれば憂いなし? FWもロック権丈太郎(『決意』漲る暴れっぷり!)、プロップ瀧澤直(BKもブッちぎる独走トライ!後半16分に見せた、ディフェンスのアップ→SOを捕まえる→倒す→そのままひとりでオーバー→こぼれ球を拾って矢富がトライは、この日のベストプレー!!!)を中心に見せ場十分で、チーム一丸、まずは幸先のいいスタートを切った。
 思えば、この5年間も常に胸に秘め戦ってきた『責任と信頼』―。清宮前監督もことあるごとに口にしていた。「まずはそれぞれが自分たちの責任を果たせ。そうすることで他の14人、スタンドで見ている仲間の信頼を勝ち取ることができる」。「上のチームの奴らが、下のチームの人間に、何でこんなプレーしてるの?って思われるようでは、そのチームはお終いだからね」…。『東条組』にも強く芽生えた『責任と信頼』。「これからもこの気持ちで戦っていこう。毎試合、笑顔でみんなと会えるように。絶対に優勝しようぜ」(中竹監督)。「みんなやっとやるべきことができるようになってきた」(東条主将)。監督・中竹竜二、主将・東条雄介、そして頼もしき仲間たち。‘06-07『新生ワセダ』に、もう「停滞」の言葉はいらない―


<素晴らしき2日間! 対抗戦完封発進に手応えを感じる中竹監督>
「対抗戦の初戦、シーズンへのステップとして今日はいい試合だった。連続してトライを取ることができたし、前半は特によかった。ただ、連続してトライを取るための必須条件、キックオフに関してはまだ修正していかなくてはいけない。BKは外に展開することが多くなるので、大外でのブレイクダウンが課題になる。今日はよく取れていたけれど、まだいくつかタッチに出る場面もあったので、そこはもう少し継続してやっていきたい。後半については、キックを蹴った後、ターンオーバーしていたところは評価できる。あれだけ攻めた割にはミスも少なかった。もう少しミスが出るかと思っていたけれど、みんなよくやってくれた。後半の布陣に関しては、三井はゲームのテンポを作れるプレーヤーだし、WTBに矢富を入れて、前に出る力に期待した。テストとしてはまぁよかった。これからもこのチームの可能性を計るテストをしていきたい。最初にしてはよかった。最後の20分試した曽我部のインサイドCTBも可能性としてはある。ボールをたくさん動かしたいし、それをCTBからできたらおもしろいかなと。FWは練習してきたことが試合で出せるようになってきた。サイドアタック、セットからの走りこみ、いい場面がいくつかあった。瀧澤のランも今年なかなか見られなかったけれど、ようやく戻ってきた。BKも曽我部の判断ではなく、外からのコールでトライすることできた。これはものすごい収穫。昨年、今年の春はできていて、その後なかなかできたなかったけれど、ようやく。ここは進化。そもそも春以降は外が空くことがなかったというのもあるし、学生の間でもなぜその声が出せないのかということを詰めてきた。今日は最初からその声が出せたのは大きい。あとは後半など、FWが疲れてきたときにリズムをどう掴んでいくか。停滞したらどうするか。慌てずに立て直せるか。これまではテンポを上げることを主にやっていたので、これからはいかに自分たちの力で変えるか。相手がどこであろうと課題は自分たちのなかにあって、それを克服するために相手がいて、試合がある。対抗戦序盤の過ごし方は別に難しくないです。選手たちもそう切り替えられているし、彼らにはその力がありますから。この週末は、すばらしい2日間だった。学生たちもだいぶやりたいラグビーを体現できるようになってきたね」


<主将、バイスに替わり途中からゲームキャプテンを務めた三井大祐>

「今日は対抗戦最初の試合、いい形でシーズンに入ろうとみんなで話してました。今中竹さんが言われた連続トライもそうですけど、自分たちの間では『責任と信頼』ということをずっと言い続けて。ワセダが日本一になるために、それぞれが自分の責任を果たす。夏以降そこに懸けてやってきて、今日もプレー中からずっとその言葉を口にしてました。点数をたくさん取ると、どうしても切れてしまうようなところがありますけど、今日はそのふたつを口にし続けることで、切れなかったし、試合にもいい入りができたと思う。課題は連続トライを取るためのキックオフ。そこはまだまだ修正しないといけない。外には五郎丸、今村など、いい選手がたくさんいるので、そこにいい球を供給できれば、もっともっと面白いラグビーができると思う。最後の場面ですか?、あれは五郎丸さんに言われて外に出しました(笑)」

※ 東条の欠場、後藤彰友の体調不良により、試合後の会見には三井が出席


<改めてパス命! 後半WTBもSHとしての自分を見つめ直す矢富勇毅>
「結構しんどかったです…。今日はもう自分でいかんとこって決めてました。とにかく1本も行かずに、捌いてリズムを出そうと。チーム全体としても、練習でやってきたことが出せたかなと。まだまだですけど、曽我部とふたりである程度ゲームは作れた。いい感じだとは思います。FWが走ってランナーにたくさん入ることで、自分が捌くときの選択肢が増える。そこはずっと練習でやってきたことです。ブレイクダウンに関しては、相手が相手だけに苦労せずに球が出せましたけど、ここはもっと精度を上げて、もっと激しさ、強さを出していかないとダメですね…。BKもミスは少なかったですけど、もっと取れるところでしっかり取れるように。ディフェンスも何本か危ないところがあった。もっともっと個のタックルは追及できる。後半からやったWTBは、もしものときに備えてですね。WTBホンマしんどかったです。SHやった後はさすがに(笑)。今日で改めて自分の本職はSHだと思いました。(前田)隆介さんが要所要所で自分にアドバイスをしてくれて、今日もそれを聞きながらやったらいいプレーができた。SHコーチの存在は自分にとってすごく大きいです。あとはとにかくパスですね。まだまだ追求できる。今日で改めて思いを強くしました。本気でSHを追求します」


<スーパーパス連発! ノビノビとフィールドを駆け回ったSO曽我部佳憲>
「今日は外からのコールに助けられました。菅野、後半の谷口、五郎も、みんないい声を出してくれた。練習の成果です。パスは僕の判断ではなくて、外の声に反応して。そこはずっと言ってきたことですから。CTB、外の声は大事です。今日はいいイメージでできた。先週の練習では色々とありましたけど、よかったです。キックですか?、もうペナルティーは岳人で(笑)。他のキックに集中できたのがよかったんだと思います。その後のサインも出しやすいですから。今日はFWがすごくがんばってくれた。いつも迷惑ばかり掛けてきたので、本当によかったです。今までに比べたらいい試合ができました。今年はホントちょっとずつでいいので、1試合1試合成長していきたい。夏、オックスフォード戦を経て、また次のステージに進めたと思います。今日でまたチームは変わったと思う。昨年みたいに強くわけではないので、1日1日ちょっとずつよくなっていく。本当にちょっとずつでもいいので。今の段階で昨年の最後を想像されたら困りますから。来週からフィットネス強化期間?、僕は別に嫌いではないので(笑)。最終学年ですし、毎日いきますよ。今日はいい感じのスピーディーなラグビーができた。この調子でいきたいです」


<久々の爆走で『極賞』! フィールドプレーで見せまくったプロップ瀧澤直>
「今日はタイトなゲームではなかったので、まぁ…。きつい試合でできないと意味がない。この試合でできたかできないかは、さほど大事なことではないです。きついときにこそやれよって話です。ディフェンスですか?、あれは後藤さんにずっと言われてきたことですから。あそこはフロントが行くべきところ、練習からああいうイメージ。今日はそのイメージどおりにできた。今日はFWがランナーとしてボールをもらうことも多かったですけど、そういうところは豊田なんかがうまいし、権丈さんも強いので、自分も見習っていかないといけないです。今日は数少ない人数でずっと球が出続けてましたけど、強いところが相手だとああは出ない。スイープのところはまだまだですね。今日も相手に合わせてしまってましたから。BKがトライを取ってくれるし、FWはセットを安定させて、しっかりとボールさえ供給できれば、やってくれると信じてます。今日もいいイメージでできました。昨年はベンチでずっと見てるだけ。それはそれでいい経験にはなりましたけど、今年こそはです。自分にとってもタイトなゲームが多くなると思いますけど、また今日みたいなイメージで自分の持ち味を出せるようにがんばります。やってくれる人は他にもたくさんいますし、トライ取ってくれる人もたくさんいる。自分は自分のやれることをしっかりとやっていきます」

<外からのコール!曽我部からのパスを受けトライを挙げるWTB菅野朋幸>

関東大学対抗戦 試合情報一覧

2006/12/03 明大 ○ 43-21 ●

2006/11/23 慶大 ○ 41-26 ●

2006/11/02 帝京大 ○ 57-19 ●

2006/10/22 日体大 ○ 100-0 ●

2006/10/19 筑波大 ○ 47-8 ●

2006/10/09 立教大 ○ 55-0 ●

2006/09/24 青山学院大 ○ 97-0 ●

青山学院大との戦績

公式戦対戦成績(1956年〜2005年) 早大 44勝0敗0分

過去3試合の対戦結果

2005/10/01 関東大学対抗戦 ○ 99-19 ●

2004/10/03 関東大学対抗戦 ○ 79-0 ●

2003/10/05 関東大学対抗戦 ○ 116-7 ●

関連画像

トラックバック一覧

  • » ラグビー:早稲田vs.青山学院大学戦 from レコード会社社員の勝手にプロモーション
    快晴でひじょうに暑い天候のもと、熊谷ラグビー場にラグビーを観に行きました。早稲田大学vs.青山学院大学戦。関東大学ラグビー対抗戦の早稲田の初戦です。先制したのは早稲田。開始3分、連続して密集を突き、WTB菅野がトライ。10分には、SO曽我部の超ロングパスがWTB菅野....
  • » 早稲田大学VS青山学院大学~関東大学対抗戦~ from SANDA
    === 早稲田大学VS青山学院大学~関東大学対抗戦~ ===[[attached(1)]]秋空の熊谷ラグビー場。屋根のあるメインスタンドで陽に当たることもなく観戦するには快適な環境。プレーヤーも気持ちよく出来る早稲田公式戦での日本一3連覇への道がはじまった。このブログでその3連覇の軌跡を発信できることを祈るものだ関東対抗戦第1戦は青山学院大学。昨年は93-15で勝利したもののなんとなく後味の悪い試合だったことを思い出した(昨年の記録:2週間...
TOP
OUR PARTNER
asics
株式会社共立メンテナンス 新潟の新しい米 新之助 POWER PRODUCTION GAME READY
Wattbike ATARIYA 当矢印刷株式会社 Diverta Nakashima & Co.
finan=sense cocolone AuB Valor Holdings
LINK
MAIL facebook twitter Instagram YouTube
OUR PARTNER