早稲田大学ラグビー蹴球部

早稲田大学ラグビー蹴球部公式サイト

WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE
MAIL facebook twitter Instagram YouTube

大学選手権 決勝  試合結果

2007/01/13
(Kick off 14:10)

国立

早大A 関東学院大
  14 0 - 0 12  
14 12
T G PG DG   T G PG DG
0 0 0 0 0 0 0 0
2 2 0 0 2 1 0
2 2 0 0 2 1 0 0

T:トライ G:ゴール PG:ペナルティゴール DG:ドロップゴール

レフリー
下井 真介
タッチジャッジ


対関東学院大 ワセダ、一時代の終焉…

2007/01/14


 その笛の音は歴史の終りを告げていた。26-33。次々に崩れ落ち、ピッチにひれ伏す赤黒…。それは一時代の終焉を意味していた。まるで5年間築いてきたもの、そのすべてが奪い取られたような気さえした。誰よりも激しく、どこよりも勝負強く、夢と希望に満ち溢れたワセダは、もうそこにはいなかった―
 この1年のすべてを懸けた一戦。2006年3月19日から始まった『東条組』、その営みの正しさを証明するための舞台。しかし、出てきた答えは、あまりに辛く悲しいものだった。
  気は今季1番入ってはいても、開始からガンガン来る関東に接点で圧倒され、1歩、2歩、3歩と後退。それを受け、BKも果てしなく下がりながらのディフェンスを強いられ、まったく相手の勢いを削ぐことができなかった。関東がここに懸けてくるのは分かっていたのに、ファイトでひるんだら終りだと分かっていたのに…。それでも、関東に対抗する力強さ、激しさ、精度に欠けたワセダ(他のチームにはやれても…)が、苦しむのは当然だった。絶対的な力が足りなかった。「接点のところで関東が激しかった。そこをBKが助けてあげられなかった。常に相手のプレッシャーを感じていた。しんどかったです」(SO曽我部佳憲)…。
 そしてもうひとつ、あまりに痛かったのが未体験・ラインアウトの完全崩壊。4番西の1枚上げの高さ(これができるのは関東だけ?)、プレッシャーは想定を遥かに超え、それを避けるべく、この日のために取っておいたニューサインも、まったく意味をなさなくなっていた。最初の数本でプレッシャーを感じ、その後ドツボにはまっていく悪循環(空いてるところに投げても…)。サントリー練の際の清宮監督の言葉が頭をよぎる…。「あとはラインアウトだけやっておきなよ。そこでプレッシャーを懸けてくるのは分かってることでしょ」。準備は十分にしたつもりだった。たしかに、あそこまでの乱れは想定を遥かに超えていた。しかし、それでも試合中に対応できなかった、修正してあげられなかったのは、余りにも痛すぎた。ワセダらしさはそこにはなかった。
 ブレイクダウンで負け、下がりながらのディフェンスでタックルを外されまくる。試合の途中からは自陣であろうが、相手が網を張っていようがPからGO。周到に準備してきたアタックをひとつも出すことができなくては、この結果は必然だった。戦う前は自信があった。やり残したことはないと思えた。しかし、結果はぐうの音もでないほどの完敗。チームとして関東学院に明らかに負けていた。勝負の世界は厳しいと言ってしまえば、それまで。そもそもの前提を見誤ったか。ワセダは持てるすべてを出し切ったのか。見ている側に伝わるものはあったのか。この試合、ワセダに残ったものは…。
 体制が変わり、すべてが変わり、この1年、今年のやり方で精一杯走ってきた。信じた道をひたすら突き進んできた。しかし…、唯一無二の尺度・結果はついてこなかった。今年の営みは否定されたも同然だった。これだけの才能を抱えながら、勝てなかった事実は重い。輝きを放ち続けた『最強』ワセダ、『レジェンド』ワセダ、その一時代の終焉…。悔しい。できることなら頭の中から消し去ってしまいたい。けど、そんな消しゴムが存在するはずもない。4年生だけではなく、ワセダにも今日というこの日はもう二度と返ってはこない。この日がワセダ一大転換点(…にしなくてはいけない)。過去の栄光などすべて忘れ、生まれ変わらなければならない。苦しくて、困難を極めても、これが新たなスタート。お通夜のような試合後のロッカールーム、多くの者が口にした。「今はまだ何も考えられない」「言葉が何も浮かんでこない」…。でも時計の針は進んでいく。どうするワセダ。これから先、ワセダはどこに向かうのか―


<指導者として自らの責任を口にする中竹監督>
「今日は監督である自分の責任です。ラインアウト、ブレイクダウン、劣勢になったときにどうするのか、準備できていなかった自分の責任。学生たち、4年生には本当に申し訳ない。負けるべくして負けてしまった。完敗。ラインアウト、ブレイクダウン、最後まで修正することができなかった。関東が本当に乗ったときにはああいうパターンになるとは思っていたけど、対応できなかった。0-21になっても、まだいけると思っていたけど…。我慢することができなかった。セットアタックラグビーを柱に掲げていながら、その根本のラインアウトを取ることができなかった時点で厳しかった。そこの準備不足は完全に監督である自分の責任。このチームは本当にいいチームになった。すごい成長を見せてくれた。日本一成長したチームだと思ってる。けれど、今日は負けてしまった。勝てるチームにできなかったのは、自分の責任。サントリー練のときもラインアウトの精度の低さはあったのに、残された時間でそれを完璧に修正してあげることができなかった。そこは指導者の責任。学生は本当にがんばってくれた。学生たちには申し訳ないということ、そしてありがとうと言いたい。今日のこのモチベーションで日本選手権を戦えるかで、このチームは問われる。頭を切り替えないといけないし、まだ成長して、勝てるチームにしていきたい」


<『荒ぶる』は逃すもこの1年の営みに胸を張る主将・東条雄介>
「すべて終わってしまいました…。何というか、いい言葉が浮かびません。本当に悔しいですけど、もうこの時間は取り戻すことはできない。4年生はいつまでもメソメソしていても意味がないので、しっかりと気を切り替えて、明日からまた責任を果たしていきたい。試合に関しては、ラインアウトのところでプレッシャーを受けて浮き足立ったのがまずいけなかったことだったし、イーブンボールも支配することができなかった。この1年間やってきたことが出せなかったのは、それがまだ自分たちの力になっていなかったということだと思う。いつまでも悔やんでいても意味がないので、しっかりとこの経験を消化して、ワセダをいい方向に導けるようにしたい。それは明日からどう生活していくのかで決まると思う。4年間精一杯やって、最高の仲間と最後までこれたのは本当に幸せなことでした。『荒ぶる』を取ることはできませんでしたけど、この同期で本当によかったと思っています。4年目にケガばかりして、今日も最後までピッチに立っていることができなくて、チームには迷惑を掛けてしまって申し訳ない…。まだ残されている日本選手権もそうですし、来年勝てるチームになるためには、これからが重要。自分たちがワセダで4年間教わってきたもの、学んだものを後輩たちにしっかりと伝えて、もうこんな思いはしないようにしてあげたい。中竹さんと出会うことができて、1年間指導を受けることができて本当によかったです。『荒ぶる』は手に入れることはできませんでしたが、ひょっとしたら『荒ぶる』以上のものを得たかもしれません。まだ形にはなってはいないですが。中竹さんには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。この1年、自分たちのやってきたことは間違ってなかったと思います」


<意地は見せるも敗戦に呆然と立ち尽くす副将・首藤甲子郎>
「今は先が見えないです…。明日からどういう生活が始まるのか…。最初に立て続けに3本取られたのが痛かったです。足りなかったものは…、どうなんでしょうね、ひとりひとりの力でしょうか。4年生には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。自分は仲間、スタッフ、応援してくださる方々の支えがあってこの舞台に立つことができました。みなさんには感謝の気持ちでいっぱいです」


<受け入れがたい敗戦にガックリと肩を落とすフッカー種本直人>

「今はまだ気持ちの整理がつかないです…。勝負は勝つか負けるかのどちらか。今はよく考えられないですけど、ワセダは関東に負けたということです。うまく言葉にできないです。先のことは今は考えられないですけど、まだ日本選手権があるので、取り返せればいいかなと思っています。しっかりと責任を果たしていきたいです」


<あの時と同じ過ちに後悔の念を抱くSH矢富勇毅>
「今はいい言葉が浮かびません…。色々と…、今思うことは4年生として、同期、応援してくれた方、支えてくれた方々に謝りたい。試合については、もうちょっとラインアウト、セットを安定させて、そこからBKに振っていきたかったですけど、相手のプレッシャーが強かった。そこが正直なところです。崩せそうな局面、トライを取れそうな局面はたくさんありましたけど、あと1歩のところで…。逆に関東は取るべきところでしっかりと取った。そこの差だったと思います。今日はこれまで経験したことのないような試合、展開でした…。もう僕たちには失うものは何もないし、ワセダのミッションである夢と希望と感動を与えるラグビーを最後まで全力でやりきるだけ。それが来年のチームにもつながっていくことだと思う。ワセダには負けたら何も残らない。自分たちはあの負けを知っている唯一の代なのに、また同じ過ちを犯してしまった。でも、僕はワセダが大好きです。後輩たちにはもう同じ過ちを犯して欲しくない」


<悔しさを滲ませるも中竹監督への感謝を口にするSO曽我部佳憲>
「何でしょう…、今は何も頭に浮かびません。言葉は何も出てこないです。接点のところで関東が激しかった。そこをBKが助けてあげられなかった。相手のプレッシャーを感じてましたし、前半に取られすぎました。せっかく取り返してもなかなか届かない点差で、しんどかったです。僕らがどうこうより、今日の負けをいつか財産と言えるように後輩たちには勝って欲しい。中竹さんは自分の責任だと言いましたけど、そんなことはない。中竹さんと出会えたことで、自分でもこんなに変われるかというくらい変わることができた。後輩たちはしっかりと中竹さんについていって欲しいです。ちょっとの間休みます」


<強みを出せぬままの完敗に言葉を失うCTB今村雄太>

「いやぁ…、言葉が出てこないです…。今は何も考えられません。ひとりひとりの強さが関東の方が上だった。そこで負けてしまってました。自分自身もまったくいいプレーができなかったです。今は何も考えられないですけど、後輩たちにしっかりとしたものが残せるように、1日1日大切に、また勝負していきます」


<セット、ブレイクダウン、自らの無力さを痛感するロック権丈太郎>
「FWのセットプレーを安定させることができなくて、アタックをしてもテンポを出すことができなかった。ブレイクダウンもプレッシャーを掛けられて、人数を多く掛けてしまった。常にプレッシャーを感じていた。自分の無力さと、4年生の何もしてあげることができなかった、今はそういう思いです。勝つことができずに本当に申し訳ない…。まだまだチームも自分も甘かった。これ以上の屈辱はない。また明日から、1日1日出し切ってやっていくしかないです」


<全メンバーに意識改革を訴えるFB五郎丸歩>
「まず4年生のみなさん、申し訳ないです。自分はこの4年生には本当にお世話になりました。それをこんな形で返してしまってすいません…。ワセダには4年で『荒ぶる』を歌えればいいという考えがあるけれど、1、2、3年生にはこの考えを捨てて欲しい。学年に関係なく、勝たなければ意味がない。4年生にはもうこの時間は返ってこない。僕たちにできることは、1日1日常に勝負していくこと。誰もが1日も負けることなく、来年『荒ぶる』を歌えるようにやっていきます」

<この日の1番星 菅野朋幸、責任感、意地でスーパートライ連発>

大学選手権 試合情報一覧

2007/01/13 決勝 関東学院大 ○ 14-12 ●

2007/01/02 準決勝 京産大 ○ 55-12 ●

2006/12/24 二回戦 慶大 ○ 33-22 ●

2006/12/17 一回戦 関西学院大 ○ 85-7 ●

関東学院大との戦績

公式戦対戦成績(1989年〜2006年) 早大 6勝4敗0分

過去3試合の対戦結果

2006/08/20 練習試合 ○ 15-5 ●

2006/06/25 招待試合 ● 3-20 ○

2006/01/08 大学選手権決勝 ○ 41-5 ●

関連画像

トラックバック一覧

  • » 早稲田大学 vs 関東学院大(20070113) from SANDA
    === 早稲田大学 vs 関東学院大学~第1部~ ====== 大学選手権決勝 ==={{{この記事は4部構成で、本記事は第1部ですつづきは以下となります}}}[http://blogs.yahoo.co.jp/t_tnk_2/44503308.html/ 第2部] ←クリックしてください[http://blogs.yahoo.co.jp/t_tnk_2/44503221.html/ 第3部] ←クリックしてください[http://blogs.yahoo.co...
  • » 矢富勇毅! from ラグビーフィーバー!!from上海
    (まだ初々しい1年生のときの早明戦後の矢冨君。この傍らには大怪我で松葉杖姿の曽我部君が。)これまでの早稲田のイメージを超えた、稀有な才能を持ったプレーヤーだ。矢富くんは早稲田の公式ホームページでも「矢富イリュージョン」と評され早くからその幻惑プレーの評判は高かった。忘れられないのが早稲田のサポートをされている老松さんのある写真。まだ1年生だったか。あるポイントからボールを持ち出す矢富選手を写したもので、敵味方全てが順目に流れるなか、矢富選手だけが逆目に飛び出してゆくシーンだった。その写真だけで彼がなにかをやってくれるという期待感でいっぱいだった。「早く海外に飛び出したほうがよい」と早くからその才能にはラグビー解説者からも太鼓判が押され、その期待に近づくかのごとき、3年で早稲田でのレギュラーを確固たるものにし、昨春にはジャパンにも選ばれた。髪型もイリュージョンのごとき、いつの間にか坊主...
  • » 勝利の法則(2006年~2007年シーズンの大学選手権決勝を見て) from お遊び&more
    大学選手権決勝から少し日も経ち、少し心が落ち着いてみると、今回の関東学院の勝利は、ある勝利の法則に沿ったものであることに気付いた。それは、自分たちが最も強いところで勝負するということ。関東学院の最も強いところ、早稲田に勝てる自信のあるところは、ラインアウトであった。そして、そこを徹底した。結果、早稲田のラインアウトは崩壊し、私の眼には、そのことが他のプレイにも影響したように映った。Aという局面には負けても、Bには勝てるというものを持っている場合、徹底的にBで相手を圧倒することで、...
  • » 荒らぶる若き、早稲田の公達よ、しばしの間静かにねむれ。 from Liberation/blog
    大学選手権決勝 早稲田×関東学院 (14:00キックオフ 国立競技場)21-33(前12-21、後14-21)ラインアウト、スクラムすべてに於いて関東学院が優っており、点差以上の完敗、まさに早稲田は惨敗した。昨年のチームからハーフ陣、バックス陣の大半が残り、フォワード一列も信頼性が高まっていた。そのチームが何故これほどまでも惨めな敗北を喫したのか。準決勝で見せた関東学院フォワード陣の強さと高さは、短兵急には解決できないことを明らかにしていた。しかし、なんの策も無く早稲田はこの日を迎えたのか。いや、それ以前に、春から関東学院のブレイクダウンの強さは分かっていたはずだ。また、その強さはジュニアの結果でも再確認できているではないか。その関東学院になんの戦略も立てずに、ボールを廻せると思っていたのだろうか。体力に劣る低迷期に在っても、分析、研究力でどうにか強力な明治に勝利してきた。しかし、そ...
  • » 新生ワセダとともに from 猫じゃらしの猫まんま
    昨日の試合、正直凹んだよ。あまりの落ち込みぶりにハニーが心配して気分転換のためにレンタカーでドライブしたのね。房総まで。ハニーと2人きりでドライブしたのっていつ以来?日にちは覚えてないけど、そのときクルマの中でとっても大胆だった自分たちのことは記憶して...
  • » ありがとう東条組 from 雨のち晴れ
    一日空いてしまったけど。ラグビー大学選手権決勝、観戦してきました。決勝戦キックオフ決勝で、早稲田は敗れてしまった…。関東学院は強かった。例年通りの、接点での強さ。2人目、3人目の寄りが早くて
  • » 1/13 大学選手権決勝 早稲田vs関東学院大学 from 紀伊国屋文左衛門日記
     まさかまけるなんて思ってもみなかった。受け入れがたい事実だ。本人達はどんなにか悔しかろう。だが、あれだけ劣勢に立たされても最後まであきらめなかった。気持ちは見せてくれたと思う。今年一年素晴らしいラグビーを見せてくれた選手たちには感謝したい。 「荒ぶる」を歌えなかった事実はもう消えない。それを忘れることはないだろう。それでも時は流れる、否が応でも日本選手権はやってくる。「東条組」はまだ終わっていない。もう一度、その雄姿を見せてくれるはずだ。早稲田大学ラグビー蹴球部http://www.wasedarugby.com
  • » 涙のあと from MIYAGI VILLAGE
    1月13日、ラグビー大学選手権決勝。そこには、号泣している自分の姿があった。一夜明けた今でも、この空虚さが信じられない。結果は関東の33-26の勝利であった。試合前の嫌な予感が的中してしまった。メディアは早大優位の報道であったが、俺はそんなことはないと思っていた。メディアはデータ主義であり、これまでの戦績や選手の肩書きで判断しようとする。しかし、スポーツはそれだけで決まるものではない。スポーツは筋書きのないドラマであり、ドラマの配役の演技如何ではいかようにも筋書きは変わりうるものだと思っていた。早稲田は、9月の立教戦、11月、12月の慶應戦で苦戦していた。苦戦の理由は相手ディフェンスのよさであった。もし、関東が慶應のようなディフェンスをしてきた場合、早稲田はかなり苦しくなると思っていた。11月の慶應戦で解説を務めた関東学院・春口監督は「慶應のディフェンスがすばらしい。慶應がこのディフ...
  • » 「冬の華」は熱いのです。 from 上方OLのはんなりレビュー
    スポーツ観戦大好き!な私ですが、春~秋がプロ野球としたら冬は断然ラグビー!!なのです。ラグビーって大きい人も小さい人もポジションによって活躍できるスポーツ。肉体と肉体がぶつかり合う激しさも一瞬の判断と反射神経
  • » [観戦]第43回全国大学ラグビー選手権決勝 早稲田大学vs関東学院大学 於国立競技場 from 脱力届 第2版
    2002年の正月以来、久々に大学選手権の決勝を観戦。あの時から決勝戦が6年連続で同じ顔合わせってすごいなあ。 高校ラグビー部時代の同級生を誘って3人で観戦。特にどちらのひいきということも無かったのだけど、なんとなく空いてそうだからという理由で関東学院側の自由席
  • » 遙か遠い「荒ぶる」~関東学院、日本の目指すラグビーを体現 from 為替ディーラーによる為替日記
    結果は早稲田26-33関東学院。点数だけを見れば「あとワントライ返せれば」と言う
  • » 荒ぶる吹雪の逆巻くなかに from ☆ペコの月面宙返り☆
    五郎丸がコンバージョン成功。その瞬間、ノーサイド。飛び上がる関東学院の選手達。崩れ落ちる早稲田の選手達。背番号15がゆっくりと自陣の仲間のとこへ。歓喜の関東学院。燃え尽きた早稲田。26-33後、ワントライだった。後、五分プレー出来たら。タラレバはスポーツで考えちゃいけないが、そう思ってしまう。もう少し、見たかった。彼らを、アカクロを、東条組を。三年連続の「荒ぶる」へ向けた戦い。史上二校目の三連覇へ。ワントライ届かなかった。重圧なのか。早稲田は早稲田じゃなかった。開始直前、陣地が変わった。国立はかなりの風で、開始当時は太陽も出ていたから、え?!どうして陣地変わるんだろう?そんな、思い。戸惑い、動揺。思えば、この一瞬の不協和音が80分ずっとピッチにはあったんだろう。曽我部のキックはことごとくミスを犯し、ラックからの矢富の球出しも何かがおかしい。早く出ないボール。出ても、陣地を回復出来ない...
  • » ラグビー:早稲田vs.関東学院大学戦 from レコード会社社員の勝手にプロモーション
    好天の国立競技場へ、ラグビー大学選手権決勝・早稲田vs.関東学院大学戦を観に行きました。6年連続の同じカ-ドで、昨年までの戦績は早稲田の3勝2敗。昨年、一昨年と早稲田が勝っており、3連覇を期待して国立競技場へ足を運びました。早稲田サイド自由席はスコアボード側で...
  • » 新生ワセダとともに from 猫じゃらしの猫まんま
    昨日の試合、正直凹んだよ。あまりの落ち込みぶりにハニーが心配して気分転換のためにレンタカーでドライブしたのね。房総まで。ハニーと2人きりでドライブしたのっていつ以来?日にちは覚えてないけど、そのときクルマの中でとっても大胆だった自分たちのことは記憶して...
  • » ワセダ、三連覇ならず! from 想い出のブリーフケース
    早稲田 26 - 33 ○ 関東学院お疲れ様、早稲田の完敗でした。関東の健闘を讃
  • » [ワセダラグビー]荒ぶるならず from 赤・黒・黄色のひとりごと
    01年度からの6年間の決勝戦の中で、最もモヤモヤしているというか、気持ちの整理がつかない試合でした。 今日の試合を自分なりに総括するのはまだ難しいのですが、 観戦後に思ったことは、 “自滅”“ハードではなくソフトで負けた”ということでしょうか。 これだけのメン
  • » 早稲田の敗戦 from 考える葦のブログ
    今日は、ラグビー大学選手権の決勝戦。結果は33-26で関東学院大学が早稲田大学を破って、3大会ぶり6度目の優勝となりました。一方、早稲田は大学生相手の公式戦では2004/01/17以来、久しぶりの敗戦。史上2校目となる三連覇ならず。勝者がいれば、その横には敗者がいる・・・でも、ひとつ言える真実は、勝った関東学院はもちろん、負けた早稲田もここまで多くの敗者を生み出した勝者であったこと。祝福される対象であっても、叱責される対象ではないでしょう。関東学院の選手のみなさん、優勝おめでとうございます。早稲田の選手のみなさん、準優勝おめでとうございます。みなさん、ハローです。ホディです。家に帰って、試合をDVDであらためて観ようと思うと、なぜか日本列島の映像が延々と流れていました。千島列島沖の地震による津波のニュースでNHKの中継が総合(1ch)から教育(3ch)に変わっていたんですね。NHKは...
  • » 大学選手権決勝(早稲田対関東学院) from お遊び&more
    早稲田敗北。早稲田26点対関東学院33点関東学院に圧倒されての敗北となってしまった。ラインアウトの劣位が最後まで修正できなかった。首藤選手が交代となって、一礼してグランドを去るとき、そして、今村がロスタイムに最後のトライをしたときに、ぐっと来るものがあった。そしてノーサイド。写真(次男写す。)は、グランドを去り、試合を見つめる首藤選手。...
  • » 美しい落日 from 天の王朝
    今日も落日が美しかったですね。上の写真は国立競技場から見た落日です。今日はその国立でラグビー大学選手権決勝が行われ、関東学院が早稲田を33対26で破り、早稲田の三連覇を阻みました。関東学院はラインアウトの制空権を完全に掌握、接点でも早稲田をほぼ抑え、ま...
  • » 1年前の今日、「荒ぶる」のよる..... from 外資系経理マンのページ
    一年前のきょう、1月8日。大学ラグビー決勝戦。国立競技場から大隈講堂前に行ったと、日記に記していた。ことしは13日。東条主将、首藤、後藤両副将のそろい踏みがはじめて見られる。きょうは、高校サッカーの決勝がその国立で行われ、人も入っていたけど、今週の土曜日も...
TOP
OUR PARTNER
asics
株式会社共立メンテナンス 新潟の新しい米 新之助 CITIZEN GAME READY
Wattbike ATARIYA 当矢印刷株式会社 Diverta Nakashima & Co.
finan=sense cocolone AuB Valor Holdings POWER PRODUCTION
LINK
MAIL facebook twitter Instagram YouTube
OUR PARTNER