早稲田大学ラグビー蹴球部

早稲田大学ラグビー蹴球部公式サイト

WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE
MAIL facebook twitter Instagram YouTube

関東大学対抗戦   試合結果

2009/12/06
(Kick off 14:00)

国立競技場

早大A 明大
  16 3 - 14 14  
13 0
T G PG DG   T G PG DG
0 0 1 0 2 2 0 0
2 0 1 0 0 0 0
2 0 2 0 2 2 0 0

T:トライ G:ゴール PG:ペナルティゴール DG:ドロップゴール

レフリー
下井 真介
タッチジャッジ
下村 大樹
堀江 学
永田 瞬

対明大 『早田組』、らしさ全開で対抗戦制覇!

2009/12/07


 何から何まで『早田組』らしさに満ちていた。目の前の戦いに没頭し続けること7試合、ふと気づけば聖地・国立に大きなご褒美が待っていた。強くないと思われながら、何度も逆境に追い込まれながら、終わってみれば「しれっ」と勝つ。いつの間にか頂点に立つ。「今日は逆境、真価が問われたゲーム。この大舞台で味わったあの焦りから自分たちで道筋をしっかりと立てて、思惑どおり逆転したのは大きな自信になる。学生たちだけで本当によく勝ってくれた。今日は褒めてあげたい。今年は一戦一戦接戦を物にしながら、全力で登っていく」(中竹監督)…。近年のワセダからすると、極めて異質。でも…、そこには一本筋が通っている。誰が何と言おうとも、これが早田健二の率いる今年のワセダ!
 『荒ぶる』のため、伝統を守るため、『爆発』をターゲットに臨んだこの日も、フタを開けてみれば、完全に生き地獄。キックオフから僅か数秒、鋭く強く刺さられた時点で紫紺の「本気」、90年の歴史でもっとも苦しんできた試合であることを痛感。ここまでは当たり前の話も、チームの中枢を続々失うことは、さすがに想定内とは言えなかった。モールを押し込まれ(6分、かつてのVTRを見るよう…)0-7で迎えた10分過ぎ、ラインアウトリーダーであり、FWの核である中田英里が負傷。さらに23分、ワセダの象徴・有田隆平までが戦線離脱。逆境、逆境、何があってもブレないチームと言ってはきたが、リアルな危機。ビッシビシ感じる明治の勢い…。頭をよぎる昨シーズンのあの悪夢…。3万人が見守るなか、『早田組』の真価が問われた。チームに混乱が残る28分、またしても大外フリフリでトライを許し0-14。「2本目のトライを取られたときは、昨年の試合が甦る感じでした。あぁ、昨年もこうやってトライを取られて、国立のこの場所でみんなで集まったなぁって。そこからひっくり返すことができたのは…、みんなが勝ちたいと思い続けたから。それが一番です。負けたままでは終われない。とにかく勝ちたいって」(プロップ瀧澤直)…。
 そして、何とか体裁を整え迎えた後半、誇り高き赤黒は、今シーズンの真骨頂を見せる。ハーフタイムでは、マッチスローガン『チームコンセンサス』の下、各ユニット、チームで、ラインアウト、攻め方、ゲームプランetc修正点を確認。「一点差でも、ノートライでもいいからとにかく勝って来い!お前らこの逆境を楽しもうぜ!」(中竹監督)。あとはもう、自分を信じ、仲間を信じ、ワセダを背負い戦うだけだった。
 3分、帝京戦、早慶戦から三度目の正直でPG(6-14)。その後もジワジワ相手を追い込み、19分にはコンセンサスどおりのアタックでWTB中濱寛造がディフェンスを攻略。そして30分、1人の男の『爆発』が、ワセダに歓喜のときをもたらした。ついに大舞台に降り立ったロック・星野泰佑! ラインに入り、SO吉井耕平(光る戦術眼!!隠れMVP?)のパスを受けると、狂気で前へ。迫り来る相手を片っ端から吹き飛ばすザ・『Explosion』で、逆転トライを呼びこんだ。響き渡る、スタンドで共に戦う仲間からの、観客からの大歓声…。「とにかく流れを変えたいと。自分が強いプレーをしてチームに勢いを与える。自分がトライを取れなかったとしても、チームを前に出す。それができると信じていました。あの瞬間は、無心、無音。無の世界。今日は4年の意地です…」(星野)。思えば、有田の穴を埋めた和田卓也。そのモラルで相手を上回った桜井朋広。そして、焦らず、冷静にチームを勝利に導いた早田健二。これが過去何でも目にしてきた4年の意地というやつか…。飛びぬけたプレーヤーはいなくとも、やっぱりここぞでは頼りになる。そこには90年受け継がれてきた伝統が脈々と流れていた。
 最後はシビれる局面を凌いで、凌いで、笑いながらの16-14。かっこよくなかろうが、理想からは程遠かろうが、この逆境を乗り越え、対抗戦を制することができたのは、『早田組』であればこそ。もちろん、今のままではこれからのバトルに生き残れないことは百も承知。それでも、最後には絶対に頂点に立つ。全員で『荒ぶる』を絶唱する。「今年こういう試合が増えることは分かってますから。俺はこのメンバーで『荒ぶる』が歌いたい。それができると信じてます」(主将・早田健二)。もう覚悟は十分。俺たちはワセダ。針の山でもガラスの道でも、何だって登りきる―

<また一歩前進! 学生たちに最大の賛辞を贈る中竹監督>
「今シーズンは選手主導でテーマ、スローガンを掲げて練習をしてきて、今日も同じように臨んだゲーム。やはり伝統の早明戦、順位に関係なく強い明治に完全に受けて、自分たちのやりたい形で逆にトライを取られて、エリアの取り合いでも素晴らしいキックに翻弄された感は否めません。キーマン数人をケガで失い、セットがかなり崩れたゲーム。ハーフタイムにしろ、試合中にしろ、選手たちがどこまで修正できるか、不安半分、楽しみ半分でした。ハーフタイムに関しては、非常に濃い過ごし方ができたと思います。公式戦では投げたことのない山下で、さらにこれまで組み立てをしてきた中田がいなくなったなか、しっかり修正したのは素晴らしかった。1点差でもいいから勝てばいいと送り出して、勝ち切ってきた選手たちは素晴らしい。でも、早慶戦にしろ早明戦にしろ、本当の試合はまだ終わっていない。1日やそこらではなく、しっかりと修正していかなくてはいけない課題が今日も見えた。選手たちのますますの成長に期待したいです。(星野はこれまでどういった選手だったのかの問いに)星野という人間は、小さいFWのワセダのなかで、体のアドバンテージを持っていながら、そのよさを発揮しきれていなかった。チャンスを物にできずにきた悔しさで、今はそれを乗り越えつつありますし、ジュニア選手権での活躍、リザーブでの活躍を見て起用しました。ただ、最後に学生たちに言ったのは、これからも切磋琢磨して全員で勝負しろということ。今月に入ってからチームづくりを始めて、今は3日目。今年はチームの前にまず個人。今日活躍できた人間でも安泰ではないし、逆に活躍できなかった人間も諦めずにこれから勝負。今日のメンバーがこれから残るとは限らない。全員でがんばって欲しい。(山中から吉井の入れ替えについて)山中に関しては、体が強いですし、キック、パス、代表に選ばれるだけのパフォーマンスがある。けど、早慶戦のプレーもあって、今日は明治にかなりマークされ、プレッシャーが懸かっていた。それを跳ね除ける交わし方が、今日のチームには合っていないかなと。今日のプレーが悪かったうんぬんではなく、全員で落ち着いて崩していこうというあの状況では、特別すごいプレーをする訳ではないけれど、常に及第点のプレーをする吉井の方が流れがくると判断しました。実際に吉井のよさは出たと思いますし、山中もひらめきのよさを持っている。お互い最後まで勝負して欲しいです<以上記者会見>今日はよく選手たちだけで勝ってくれた。そのがんばりは大いに評価してあげたい。今日は逆境、真価が問われたゲーム。ケガ人あり、明治のあの勢い。この大舞台で逆境に直面して、味わったあの焦りから自分たちで道筋をしっかりと立てて、思惑どおり逆転したのは大きな自信になる。トライを取られる前から、今日の明治は強いと一瞬で感じていた。そして、自分としてはこの状況を楽しんでいた。これからどうやって戦っていくんだろう。やるべきことをみんなでまとめたけれど、本当にやろうとしたことができなかったら、どうするんだろうと。楽しみな気持ちで選手たちを見守っていました。今日は学生たちを褒めてあげたい。今年はこういった接戦を物にしながら、一戦一戦全力で登っていく。まだまだ『荒ぶる』への挑戦権を得るためには、カベがたくさんある。ひとつひとつがんばっていきます」

<コンセンサス! チームを対抗戦制覇へ導いた主将・早田健二>
「まずファーストトライを取られて苦しい、追う展開。ハーフタイムではやるべきことをしっかり決めました。ショットをして、取るべきことで取っていく。今日はしっかりと意思統一、判断を共有できたと思います。有田、中田と負傷者が出ましたが、代わりのメンバーがしっかりとコミュニケーションを取ってくれて心強かったです。ただ…、まだ両CTBとのところだったり、取れていないところがあったので、そこは課題です。練習でできていても、試合でできなくては意味がないので。これからは大舞台でいかにできるかに懸かってくると思います。今日は明治のブレイクダウンが激しくて受けてしまいました。しっかりとやり直して、強いチームを作って、次に臨んでいきたいです。(ハーフタイムの修正はどうしたのかの問いに)追う展開だったので、まず全体を落ち着かせること。チャンスはある、絶対に大丈夫だって。やってきたディフェンスをして、今週取り組んだフェーズアタックをして、テンポを上げたら流れは来る。焦るなと。後半ペナルティでスクラムを選んだのは、ラインアウトのことを考えたというのが1番です。FWからスクラムは大丈夫という声もありましたし <以上記者会見> 苦しかったです…。早明戦の重さを感じました。試合をしている感覚としては、何かうまくいってないなと。やられている訳ではないんですけど、明治の勢いに受けてしまって、何て言うんでしょう…。やっぱり前半の入りは大事だなと。早慶戦を含め、入りで苦しくしている。そこはこれからも勝負になると思います。なかなか崩しきれなかった点については、明治はあまりブレイクダウンに入らず、外に人がいる感じだったので、もう少し判断をうまくして、もっと近場にいけばよかったかなと。後半はみんなでコンセンサスを取った結果だと思います。敵陣でアタックすれば、反則をもらえる感覚があったので、まずエリアを取ること。そしてFWで拘るところは拘って、BKで仕留めようって。キャリアがしっかりと立って、ドライブした局面ではいいブレイクダウンができていたので、これからはその精度を上げていきたいと思います。こういう試合を物にできるのは、力があるということですし、自分たちの力を100%出しさえすれば、絶対にいい試合ができる。今日も前半は力を出し切れなかったので、これからはどうチームを勢いづかせるかが勝負です。次からは負けたら本当に終わり。ひとつひとつ本気で戦って、目の前の相手と勝負していきます。最後は楽しかったです(笑)。厳しい試合ではありましたけど、勝ったことが1番。今年はこういう試合が増えることは分かっていますから」

<本当の勝負へ!その覚悟を口にする副将・山岸大介>
「苦しかったです…。毎回毎回入りが悪すぎます。あのモール。あれは競りにいったこともあって、ディフェンスに入っていない。その時点でオブストラクションをもらおうと思ったんですけど、もらえず、中途半端になってしまい、ズルズルいかれ、悪いところが出てしまいました。あの展開になっても焦りはなかったです。アタックをすれば敵陣に入れましたし、テンポもよかったので。ただ、ワセダの枚数が足りなかったです…。アタックはしながらも、結局ワセダの枚数が少なくなってしまう感じで…。練習でやってきたようなアタックができなかったということです。後半はそこを修正して臨みました。FWは大変でしたね…。特にラインアウトが。隆平が抜けた場合、誰が投げるのかは決まっていたんですけど、他は詰めきれていなかった。ハーフタイムでは修正できましたけど、あれはオンプレー中に修正しなくてはいけないです。今日勝てたことは大きいと思いますし、トライに関しても、練習してきた形も出せ、ワセダらしく外で取れたことは大きな成果だと思います。これからが本番。今日はその戦いに向けて気持ちを切り替えられるような、課題の多く出た試合でした。覚悟はできています。今のままではダメ。ひとつひとつ成長できなければ、終わり。4年がその覚悟を持てるかが勝負だと思います」

<復讐!見事な暴れぶりでチームを救ったプロップ瀧澤直>
「チームとしてはめちゃくちゃいい試合ではないですし、次に繋がる試合だったかというと…、まだまだです。そして僕自身としては、やっぱり早慶戦、早明戦はこういうものなんだなぁって。そのなかで、昨年がどうとか、今年勝てば優勝とか関係なく、とにかく勝ちたいと。負けたままでは終われないですし、卒業できませんから。2点差、キック差の試合ではありましたけど、勝ったことに意味があります。前半2本目のトライを取られたときは、昨年の試合が甦る感じでした。あぁ、昨年もこうやってトライを取られて、国立のこの場所でみんなで集まったなぁって。そこからひっくり返すことができたのは…、何でしょう、みんなが勝ちたいと思い続けたから。それが一番です。テーマにしていたチームコンセンサスは、みんながどう言うか分からないですけど、まだまだでしたね。本当はこの試合で『Explosion』したかったんですけど…。もう次からは本当に負けられないです。攻め続けながらなかなか崩せなかったのは、ボールキャリアが簡単に倒れすぎてしまったからだと思います。強いプレーヤーが強くプレーしたときはいいアタックができていましたから。それぞれが勝負しながら、最後には無理をせずボールを出す。これを続けることができれば、テンポもよく、いいアタックができると思います。アタックはまだまだこれからです。細かいところをやって~というレベルにもない。そんななか、対抗戦を優勝できたというのはいいことです。今日の試合を勝てたことは大きい。最後の挨拶をしながら、あぁ早明戦に勝つことができてよかった。これで負けていたら最低だったなと思いましたから(笑)。今日はインパクトのあるプレーを少ししただけ。もっといいスクラムを組まなくてはいけないですし、まだまだ全然です。試合後、みんなにも言ったんですけど、特に4年が1月10日を見ていたら絶対に負ける。昨年も1試合1試合という覚悟ができたから4つ勝つことができた。まず、次の20日に向けて覚悟を決められるかです」

<『ベストエクスプロージャー』①!最高の輝きを見せた星野泰佑>
「前半ああいう劣勢、自分にとっては初めての国立という大舞台。早く出番が来いと思ってました。いざ出るときも、気負いはありませんでした。とにかく流れを変えたいと。自分が強いプレーをしてチームに勢いを与える。自分がトライを取れなかったとしても、チームを前に出す。それができると信じていました。そして、最初のキックオフで自分のところにボールが来いと思っていたら、そのとおりにきた。しっかりキャッチすることができて、緊張がほぐれたことで、その後のプレーに繋がりました。トライに繋がる一連のプレーは、もう無心です。無音。声援は聞こえてはいるんですけど、無の世界。とにかく積極的なプレーをしようと思っていたので、よかったです。今日は…4年の意地ってやつですね(笑)。自分はいいプレーをした次に同じことができない、ブレずにプレーできるかが課題なので、次が大事になると思ってます。来週またいいプレーをして変わることができるか。そのためにブレないことです。しっかりと自分を出していきます」

<『ベストエクスプロージャー』②!抜群の安定感を見せた飯田貴也>
「自分にとっては初めての大きな舞台だったので、緊張もありました。どうしても昨年の帝京戦のことが頭から消えなくて…、あの試合は自分のプレーで相手を乗せてしまい、ああいう結果になった。今日は同じ過ちは繰り返さない。自分が抜けるようなプレーができなかったとしても、確実なプレーをしようと思っていました。ハイパン処理はたまたまです。キックに関しても、最近悪かったなか、練習してきた成果が出せたのかなと思います。エリアのところは相手も切るところをしっかり切ってきて、うまかったです。ほぼ考えていた形にいきましたけど、ラインアウトのことを考えると、もっとカウンターにいって、継続してもよかったかなと。後半は、もういこうと思いました。前が空いてなくてもいこうと。昨年と似た展開だったかもしれないですけど、勝てたのは大きな違いです。相手は内側に寄っていて、ディフェンスを流してきましたけど、スペースが外にあったので、後半はそこを攻めました。CTBのディフェンスも堅かったので、もうひとつ外に。今日は一人ひとり誰も気持ちが切れなかったことが一番の勝因だと思います。自分自身としては、相手に流れをやらない最低限のプレーはできましたけど、流れを持ってくるようなプレーはまだできていない。それができないとAはないと思うので、そこを意識してこれから勝負していきます」

<真骨頂?そのスキルで緊急事態を見事に乗り切ったフランカー山下昂大>
「今日は明治のディフェンスがすごくよくて、いいアタックができなかったというか、取りたい形に持っていくことができませんでした。こういった試合になった要因は、そこだと思います。いいテンポでアタックできてはいましたけど、相手の人数が減らずに、逆にワセダの人数が減ってしまう。どうにもならなくなって停滞。そういうシーンが多かったです。まず1人ひとりが相手をしっかりと仕留めることだったり、FWはしっかりと相手を寄せることだったり、少し外ばかり行ってしまったところもあるので、そこは少し形を考えなくてはいけないなと。ブレイクダウンに関しては、やっぱり明治のプレッシャーが結構きてました。前半は煽られてしまう場面があったり、まだまだです。後半を迎えるにあたっては、一度冷静になって、やるべきことをしっかりやろうと、意思統一しました。コンセンサスを取れた結果が2つのトライ。みんなでできた証拠だと思います。スローイングは……(笑)、前半はテンパッてました…。準備はしていたんですけど、実戦では投げたことがなかったので。後半は落ち着いて投げられましたし、みんなで修正できてよかったと思います。今日は勝っても負けても次がありましたけど、これからは1つでもこういった試合をすると即終わる。この状況で勝ちきれたことは、色々と勉強になったと思います」

<ワセダの誇り・奥大使に黙祷を捧げ、キックオフ>

関連ロケーション

地図を大きくする。 [国立競技場]

関東大学対抗戦 試合情報一覧

2009/12/06 明大 ○ 16-14 ●

2009/11/23 慶大 ○ 20-18 ●

2009/11/07 日体大 ○ 70-0 ●

2009/10/31 帝京大 ○ 6-3 ●

2009/10/17 筑波大 ○ 50-5 ●

2009/10/04 立教大 ○ 94-5 ●

2009/09/13 成蹊大 ○ 106-0 ●

明大との戦績

公式戦対戦成績(1923年〜2008年) 早大 50勝42敗3分

過去3試合の対戦結果

2009/06/21 招待試合 ○ 33-17 ●

2008/12/07 関東大学対抗戦 ● 22-24 ○

2008/05/31 招待試合 ○ 57-0 ●

関連画像

トラックバック一覧

  • » ラグビー:早稲田vs.明治戦 from レコード会社社員の勝手にプロモーション
    快晴の国立競技場へラグビーを観に行きました。早稲田vs.明治戦。前日の慶應vs.帝京戦で帝京が勝利したため、この早明戦の結果で対抗戦の優勝校が決定することになりました。早稲田が勝つか引き分ければ早稲田の優勝、早稲田が負けると慶應の優勝です。明治は既に5位が決定し...
  • » ありがとう、櫛風沐雨の戦士たちー09ラグビー早明戦を終えて from 八田修一・奇跡の言霊ブログ(旧・奇跡の占いブログ)
    日曜日に国立競技場で行われた関東大学対抗ラグビー・第85回早明戦を観に行った。前日に慶應義塾大学が帝京大学に敗れたので、早稲田は明治に引き分け以上で優勝が決まる。8年連続勝利していた早明戦だったが、昨年は遂に記録にストップがかかった。優勝のかかった今年は、絶対に負ける訳にはいかない。代々木口で幹事の吉田英史君と合流。チケットを持って席に入る。座席は、早稲田のえんじ色と明治の紫紺が拮抗していた。明治は、平成時代初頭に主将を務めた吉田義人氏が監督に就任。「重戦車」復活で、昨年に引き続いての早明...
  • » 意地と誇りの早明戦 from 新・ぽっちゃりスポーツ天国
    数々の名勝負と名選手たちに彩られた歴史と伝統。早明戦は大学ラグビーで最も大切な試合。お互いの誇りと意地、存在意義を賭けてぶつかる戦い。だからこそ1982年以来、一度も欠かさず...
  • » 九州電力キューデンヴォルテクスが逆転負け9連敗 from My suggestion(社会人野球、ラグビー、きらきらアフロetcのファン)
    N日本新聞より。■九州電力キューデンヴォルテクスが逆転負け9連敗:不運重なり、残留厳しく ラグビートップリーグラグビートップリ...
  • » [ワセダラグビー]やはり早明戦 from 赤・黒・黄色のひとりごと
    2年連続で番狂わせはない、と思いながらも、すんなり行かない。やはり早明戦。 早慶戦からバックスメンバーが3名変更。一抹の不安を感じていたのだが、まさか前半早々に攻守の中核、有田が負傷退場。さらにはロックの中田も負傷、と、いきなりセットプレーの中核が崩壊。
  • » ◆09年早明戦      dimanche 6 dec 09 from  Libération/blog 
    関東大学対抗戦・早稲田×明治(国立競技場 14:00KO)昨日、慶応が帝京に負けたため、早稲田が勝つか引き分けで優勝が決まる。慶応戦で脳震盪のFB田辺が規定で欠場、今季成長著しいCTB村田大も欠く苦しいスタメンとなった。更にFO有田、LO中田(一時退場して治療後戻っていたが結局駄目だった)が負傷交代し、ラインアウトの精度を欠くことになってしまった。2トライを取られ前半3-14で折り返し、ズルズル萎縮してしまうのかとも思われたが、さすがに早稲田の修正能力は機能していた。後半20分連続攻撃して中濱が右中にトライ。その後、現在の早稲田の中心選手ともいえるSO山中も代え、テンポアップを計り、星野の力強い前進と瀧澤の好プレーからのボールを桜井がトライして逆転した。連続攻撃が出来、いづれ明治ディフェンスに穴が開くと考えられ負ける気はしなかったが、力の差が明白な相手という慢心や驕慢が失点を重ね、本...
  • » 早稲田VS明治<関東大学ラグビー対抗戦A> from ★ Blog Funky Town ★
     慶應が帝京に敗れ、優勝のチャンスが舞い込んだ早稲田。  対するは明治大学。今年
  • » さすが! 白熱した伝統の早明戦!  from フランクの感動雑記帳
    国立競技場に30、000人を越える観衆を集め、NHK総合第一放送で全国に実況されるのは、それだけの価値があるということだろう。  試合は期待を十分満足させてくれる両軍のフアイトだった!
  • » 早稲田対明治(試合経過・前半) from 2019
    今日は早明戦。前日の天気が嘘のように絶好のラグビー観戦日和となった。また、慶応が帝京に負け、早稲田に優勝のチャンスが残ったこともあるのだろう。過去最低のチケット売上と報道...
  • » ラグビー早明戦 from プロパガンダファクトリー
    大学ラグビーは二つの「関東一部」がある。リーグ戦は東海大の全勝優勝で幕を閉じた。対抗戦は今日が最終戦である。慶應義塾が昨日の試合で帝京に逆転敗け。勝てば優勝という試合を落としてしまった。早稲田に優勝の可能性が残った。対抗戦は「伝統と格式」の....
  • » ワセダ、とにかく明治にも勝った! from 想い出のブリーフケース
    ○早稲田 16-14 明治帝京、慶應戦に続き、後半の逆転勝ち。昨日、慶應が負けて
  • » 早明戦(2009年12月6日) from お遊び&more
    16対14と僅差で早稲田の勝利。このシーズンの関東対抗戦優勝。前半は明治が押し気味に進め、フォワードから1本とバックスから1本の2本のトライとゴールを決めて、14点。これに対し、早稲田は、山中選手の正面のペナルティゴール1本だけ3点。また 前半、フッカーの有田選手が和田選手と交代し、以後、ラインアウトのスローインは フランカーの山下選手が受け持つ。後半も攻めあぐねているようにみえた。ペナルティを1本決めて 14対6。トライがなかなかとれない時間帯が続く。中田選...
  • » ★ジギル博士とハイド氏★ from 猫じゃらしの猫まんま
    今日は早明戦。部長と同期のMくんと3人で観戦。この時点で2-1のワセダ有利!?前半の明治の出だしはお見事!縦巻きロールならぬ縦巻きモール??後半。ワセダBKの優位はやっぱり否めないね。ボール支配率が上昇。最近の“創業版”の株価みたい^^明治の衛藤くんのタックル...
  • » 早明戦 from 井上太市 blog
    早稲田 16-14 明治肝を冷やしました。メンバー表に村田選手、田邊選手の名前がない時点で嫌な予感がしましたが、さらに有田選手が負傷交代、山中選手もいなくなり(これは戦術的な交代かもしれませんが)、そんな中でもなんとか勝ててよかったという風です。有田選手が早々と退場した後、HOの控えがいなかったのか、なんと7番の山下選手がラインアウトのスローワーを勤めているのを見たときは眩暈がしましたが、最初の数回は案の定ミスやターンオーバーの連続でしたが、次第に安定してきたのにはほっとしたのと、山下選手の万能ぶりに感嘆しました。とにかくなんとか勝ちを拾ったという感じで、昨年に引き続き早明戦としてはよかったのかも知れませんが、早稲田贔屓の目からみると随分神経に障る試合でした。早慶戦と同じくあっけなくリードされましたが、我慢強くペナルティゴールを重ね、ここぞというときはしっかりトライを取りきったのは成...
  • » ラグビー早明戦を前に from チャーリーのブログ
    今日はいよいよラグビー早明戦。90年代までは早稲田、明治双方が全勝で当日を迎え、勝った方が対抗戦グループの覇者となるのが通例でした。90年代の早明戦は、確か明治勝利の方が多かったような気がしますが、1999年に勝利した後はずっと長いこと早稲田の連勝が続い....
TOP
OUR PARTNER
asics
株式会社共立メンテナンス 新潟の新しい米 新之助 POWER PRODUCTION GAME READY
Wattbike ATARIYA 当矢印刷株式会社 Diverta Nakashima & Co.
finan=sense cocolone AuB Valor Holdings
LINK
MAIL facebook twitter Instagram YouTube
OUR PARTNER