早稲田大学ラグビー蹴球部

早稲田大学ラグビー蹴球部公式サイト

WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE
MAIL facebook twitter Instagram YouTube

関東大学ジュニア選手権   試合結果

2012/09/23
(Kick off 14:00)

上井草グラウンド

早大B 慶大B
  24 19 - 0 10  
5 10
T G PG DG   T G PG DG
3 2 0 0 0 0 0 0
1 0 0 0 1 1 1 0
4 2 0 0 1 1 1 0

T:トライ G:ゴール PG:ペナルティゴール DG:ドロップゴール

レフリー
塩原克幸
タッチジャッジ
加古大樹
大平昂

対慶大B 『慶大Bを下し、今シーズン初勝利 』

2012/09/24



 悪天候のなか、ホームの早大上井草グラウンドで慶大Bと対戦した。先日の開幕戦では明大Bに競り負けて出鼻をくじかれただけに、勝って勢いに乗りたい早大Bは、序盤からキックパスを織り交ぜた積極的なアタックをしかけ、前半に3トライ、後半に1トライを取り、24-10で勝利した。

 
慶大Bのキックオフで始まった前半。立ち上がりは両者とも雨の影響を受けて、ミスを連発し、幾度となく攻守が入れ替わる。先手をとったのは早大B。15分に相手陣内まで攻め込むと、SO吉井耕平(スポ4=奈良・御所工)がインゴール左隅へ絶妙なキックパスを放り、それに反応したWTB土肥将也(人3=東京・三鷹)がボールを抑えトライ。ボールが弾まないグランドコンディションを逆手にとった好判断で、早大Bが先制する。24分にはラックからこぼれたボールをフッカー伊藤平一郎(スポ4=大分舞鶴)が持ち出し、追加点。34分には1次攻撃でCTB坪郷勇輝(商3=東京・早実)がラインブレイクすると、快足を飛ばし、そのままインゴールへ。前半を19-0で折り返す。
 
後半も前半の勢いのままにいきたい早大Bであったが、慶大Bの決死のディフェンスに阻まれ、なかなかチャンスを活かすことができない。10分にはPGを決められ、初失点を喫す。だが、スクラムや接点で優位に立つ早大は、慌てることはなかった。24分に、吉井が逆サイドへ敵の隙を突くキックパスを蹴ると、それをWTB山崎智朗(スポ4=東京・国学院久我山)がダイレクトでキャッチ。ハンドオフで相手をかわし、トライを奪う。終盤に攻め込まれ、トライを献上するも、24-10で今シーズンの関東大学ジュニア選手権、初勝利を収めた。
 
雨の日ということで、両チームともボールをこぼす場面が多く見られた。そのなかでも印象的だったのは、SH岡田一平(スポ1=大阪・常翔学園)のこぼれたボールに対する反応だ。ボールに対する反応の速さはさることながら、蹴られることを恐れずに果敢にセービングにいく姿は、チームに刺激を与えたとともに、Aチーム昇格への絶好のアピール材料となったに違いない。ジュニア選手権でのアピールが赤黒を着るための足掛かりとなるだけに、今後も選手の気持ちの入ったプレーに期待したい。          
 
(記事 坂田謙一、写真 小笠原芳、西脇敦史)

 
◆コメント
プロップ安江順(社4=東京・早実)
――きょうの試合を振り返って
いつもと違うキックの多いラグビーになりました。きょうはチームとしてはプランを変更したんですけどそれが上手くはまったというか、後半は特にいい感じでエリアを取りに行けていてよかったんじゃないかなと思います。
――先週明大に敗れてから1週間でどういった修正をしましたか
僕たちとしては、強気だけどミスをしない、ということをずっと考えて練習をしていました。本当は、きょうはもっとボールを回していくはずだったんですけど、こういう天候だったのでキックがメインになりました。FWを主とした攻撃がきょうは結構上手くいったんじゃないかなと思います。
――きょうのスクラムを振り返って
スクラムは、後半は自分としては少し納得いかなかったんですけど、押せていたことは押せていたと思います。
――具体的にどういう点に不満が残りましたか
若干僕の対面に当たられていたかなと思います。
――プレーで押していた割には点差が開かなかった要因は
やっぱりペナルティだと思います。あとは小さなミスと、キックでどんどん自陣に食い込まれてしまったかなと。でもそこはディフェンスで結構我慢ができたのでよかったです。
――次はAチームの青学大との対戦が控えていますが、意気込みをお願いします
何分出られるか分からないですけど、1つ下のプロップ垣永真之介(スポ3=東福岡)を追い抜けるようなプレーができたらいいなと思います。フィールドで活躍したいです。
 
フランカー植田耕平(スポ3=東京・本郷)
――きょうの試合を振り返って下さい
きょうは、先週のメイジ戦で負けているということもあって、何としても勝ちたい試合でした。天候が悪かったので、戦術的な部分を徹底してやるということを話し合って、それがしっかりとできたのでよかったです。
――序盤はなかなかトライが生まれませんでした
こういう(天候の悪い)試合だとボールが動かないことは分かっていました。ロースコアになると思っていたので、ある程度対応はできましたね。
――調子はいかがですか
きょうは暑くなくて動きやすかったので、今までの試合よりはそんなに疲労する部分もなかったんですけど、やっぱりまだ精度の部分では僕自身ミスが多かったので、頑張らなくてはと思いました。
――関東大学対抗戦も開幕しました
いま、秋シーズンに向けてチャンスだと思っているので、ジュニア選手権で結果を残して赤黒を着られるようにがんばりたいです。
――どのような部分でアピールしていきたいですか
技術的なところはあまりないので、タックルと泥臭い仕事でグラウンドを走り回りたいと思います。
――ジュニア選手権の筑波大B戦に向けて
筑波は今年あがってきたチームなのであまり詳しいことは分からないんですけど、春に戦った時点では勝っているので、自信を持って勝てるように準備していきたいと思います。
 
WTB山崎智朗(スポ4=東京・国学院久我山)
――きょうの試合を振り返って
雨の日だったので、雨の日用のゲームで、点差が開かないのはわかっていましたが、しっかり勝ててよかったなと思います。
――トライを決めましたね
SO吉井(耕平、スポ4=奈良・御所工)が良いキックパスをくれました。WTBとして本当にトライをとっていかないと上のチームに残っていられないし、本当にそれがなかったらきょう何もしていなかったので、トライできてよかったと思います。
――反省点はありますか
先週BKの積極性がなかったため負けて、今週もっとBKで行きたかったのですが、やはり雨の日だったので、FWに頼ってしまった部分があります。正直もっとBKで行かなければならないという気持ちはあるのですが、雨の日でこういうゲームになるのは、しょうがないと思います。
 ――次戦にむけて
次の試合まで間があくので、それなりにしっかりアピールして、上のチームでプレーできるように継続していきたいと思います。
 
FB滝沢祐樹(基理1=福島)
――きょうの試合を振り返って
前半は硬さもあって思うようにプレーができませんでした。ミスが多くてチームに迷惑をかけてしまいました。
――初めてBチームの試合に出場しましたが
絶対に点を与えない、絶対に相手に抜かれないことを意識して試合に臨みました。完封したかかったです…。
――何を評価されてBチームに上がったのですか
自分は足も速いわけでもなく、アタックセンスがあるわけでもないです。常に点を与えないディフェンス、安定したフィールディングを意識しています。その部分の意識が評価されて上がったんだと思います。そこが自分の強みです。
――今後のご自身の抱負を教えてください
Bチームとしては関東大学ジュニア選手権での優勝です。チーム全体としては大学日本一です。自分はAチームに上がってチームの目標に貢献することが今後の目標です。

他の選手のコメントが読める早稲田スポーツページ

関連ロケーション

地図を大きくする。 [上井草グラウンド]

B関東大学ジュニア選手権 試合情報一覧

2012/11/25 帝京大B ● 17-24 ○

2012/11/11 筑波大B ○ 24-14 ●

2012/11/04 帝京大B ● 14-30 ○

2012/10/21 東海大B ○ 38-19 ●

2012/09/23 慶大B ○ 24-10 ●

2012/09/15 明大B ● 10-14 ○

慶大Bとの戦績

公式戦対戦成績(2000年〜2011年) 早大 6勝2敗2分

過去3試合の対戦結果

2012/05/19 練習試合 ○ 77-0 ●

2011/11/13 関東大学ジュニア選手権 ● 8-12 ○

2011/06/11 練習試合 ○ 26-14 ●

トラックバック一覧

TOP
OUR PARTNER
asics
株式会社共立メンテナンス 新潟の新しい米 新之助 POWER PRODUCTION CITIZEN GAME READY
Wattbike ATARIYA 当矢印刷株式会社 株式会社 識学 Diverta Nakashima & Co.
nendo finan=sense cocolone AuB Valor Holdings
LINK
MAIL facebook twitter Instagram YouTube
OUR PARTNER