早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

Tough Choice

2022

菅平日記/Day2

菅平での練習、1日目。本格的なトレーニングがスタートしました。

いつもの上井草グラウンドとは違う環境で初日の練習を終えた選手たちに、感想を聞いてみました!

和田 遼(4年)

たくさんの試合が控えている中で、今日からは厳しい日々が続きます。初日の練習を経て、まだもう一段階レベルを上げられると感じたので、個人だけではなくチームで高め合って、どんな相手でも立ち向かえるチーム作りをしていきたいです。

金井 奨(4年)

個人で立てた目標に対して、どれだけ成長できるかがこの合宿では重要になると思います。自分自身成長できるように、1日、1日を大切にしていくと共に、チーム全体の士気を高められるように、自分から積極的に発信していきたいと思います。

磯崎 錬太郎(3年)

今回の合宿テーマにフォーカスした練習に取り組みました。基礎的な練習を積み上げていき、最後に試合形式の練習でそれらを体現することができたと思います。これからもチームが目指す目標にコミットして、まだまだ続く夏合宿、日々鍛錬を積んでいきます。

清水 翔大(2年)

上井草とは違う環境で、いつもとは違う刺激を受けながら、よい練習ができたと思います。ただこれからの試合に向けては、自分自身まだまだ課題が多く残るので、明日以降の練習で個人としてもチームとしてももっとレベルを上げて、どの試合でも勝てるように頑張りたいです。

玉川 皇一(1年)

入部して初めての菅平で初日の練習を終えて、標高が高かったり早朝から練習があったりと辛いことはありましたが、普段の上井草とは違った環境で非常に充実感を覚えています。個人としては、早稲田ラグビーの理解を高めた上で、試合で使っていただけるよう心技体のレベルアップをしていきたいと思っています。

厳しい合宿も、まだまだこれから。「1/1000の拘り」、2022チームスローガン「Tough Choice」を体現する夏に。

引き続き、温かいご声援のほど、何卒よろしくお願い致します!

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため練習見学はご遠慮いただいております。ご了承ください。

文・写真=早稲田大学ラグビー蹴球部広報チーム