早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

Tough Choice

2022

菅平日記/Day8

本日は合宿2戦目となるD vs 武蔵大学戦が行われました!

関東学院大学戦に次いで、Dメンバーによる試合。晴れ間が差し込んだと思いきや夕立に見舞われ、天気の変化に左右される一戦となりました。

<vs 武蔵大学 メンバー>

前半から着実に点差を開き、56-21で快勝!来たる明治学院大学戦、帝京大学戦に向け、チームに勢いをもたらす試合になったことは間違いありません。

本試合で活躍を見せたメンバーに、試合の感想と今後の展望を聞いてみました!

三浦称児(CTB/3年)

自分にとって武蔵大学戦は、今回の合宿ではじめて出場した試合でしたが、成長を感じられた内容でした。怪我などで春のシーズン思うようにプレーできず、もどかしい時間が続きましたが、秋のジュニア選手権や対抗戦に出場できるよう、合宿期間中、一回一回の練習や試合を大切にしていきたいです。次の試合では、さらに成長した姿を見せられるように頑張ります。

山本竜大(FL/1年)

ハードなトレーニングが続く中で、身体的にも精神的にも厳しかったですが、全員が試合の中でハードワークをしたことで勝利することができたと思います。まだ試合は続くので、今試合の課題をクリアしていきながら上のカテゴリーを目指して頑張りたいです。

西野直樹(HO/4年)

本日の武蔵大学戦では、チームとして夏合宿での練習の成果を発揮することができました。同時に、粗い部分やこだわりきれない部分を再確認しました。本日の試合での課題を修正し、次戦以降は上のチームに上がり、荒ぶるに貢献できる選手になれるように精進してまいります。

佐土原脩(LO/3年)

菅平で厳しい練習が続く中、いかに試合でチームに貢献し、自分をアピールできるかを考えプレーしてきました。武蔵大学戦では合宿における成長を少しは感じられたと思います。ただ、まだまだ課題が多いため、合宿を通してより成長し、上のカテゴリーに上がれるように頑張ってきたいと思います。

次戦は8月20日(土)、D vs 明治学院、C vs 帝京、D vs 帝京となります。

※時間と場所は非公開で関係者のみでの試合実施となります。試合観戦はご遠慮ください。

引き続き、温かいご声援のほど、何卒よろしくお願い致します!

最後に、練習後の補食を食べる選手たちをお届けします!

文・写真=早稲田大学ラグビー蹴球部広報チーム