早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

Tough Choice

2022

帝京大C戦/観戦記

春のリベンジを果たし、帝京大Cに大差をつけて勝利!!

雨が降りしきる中、早大Cは帝京大Cと対戦した。前半早々、帝京大Cに先制トライを許してしまう。その後は膠着状態が続き0-7で前半を終えた。後半は序盤から果敢に敵陣へと攻め込み、次々と得点を重ねる。勢いに乗った早大は試合終了間際まで集中力を切らさず、29-7で勝利。春のリベンジを果たした。

相手ボールで始まった前半。4分に相手ボールラインアウトからのモールで先制トライを献上。その後は一進一退の攻防が続いた。

26分には、帝京大Cのハイパントキックをハーフライン付近で  WTB三浦哲(文構2=東京・早実)がナイスキャッチ。ここから早大は一気に攻め込むが、勝負どころでノックオンし得点につなげることができなかった。前半は両チームともにチャンスを生かしきれず、0-7で試合を折り返した。

インゴールに飛び込むフッカー佐々木

「(ハーフタイムで)縦に勢いをつけて自分たちから仕掛けていくことを再確認した」(FB平田颯太(スポ4=福岡・東筑))。後半開始直後から、早大は積極的に仕掛ける。

後半7分、敵陣5メートル付近でモールを組み、フッカー佐々木柊(スポ2=東京・本郷)がインゴールへ押し込んだ。

続く10分には、佐々木が相手ディフェンスのギャップを抜けて一気にゲイン。ここから早いテンポで展開し、フランカー粟飯原謙(スポ1=神奈川・桐蔭学園)が左隅にグラウンディング。

その後再びモールトライで佐々木が追加点を挙げるなど、続けざまにトライし流れは早大に。

37分にも、帝京大Cのスクラムをターンオーバーすると、プロップ米澤結人(スポ3=東京・國學院久我山)が相手守備を突破。そのサポートに入ったSH島本陽太(スポ3=神奈川・桐蔭学園)がパスを受け、インゴールへ飛び込んだ。

帝京大Cの隙をついた鋭い攻撃で得点を量産し、29−7で快勝した。

突破を図るフランカー粟飯原

今回の試合で2トライを決めた佐々木は「練習から帝京大戦に向けてセットプレーで引かないことを一番に考えていた。前進あるのみというかたちで実現できた」と試合を振り返る。アタックで見せた連携は見事で、パワーが武器の帝京大Cにモールで押し勝つ場面も見られ、春からの成長を感じさせる試合展開となった。「荒ぶる」に向け、鍛錬する夏合宿も残り半分。どのカテゴリーにおいても、目の前の一戦一戦を全力で戦い抜き、意義ある夏にしたい。

文=鬼頭里歩 写真=谷口花・冷水睦実(早稲田スポーツ新聞会)