早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

Tough Choice

2022

帝京大A戦/観戦記

強い日差しが照りつける中、早大は菅平サニアパークで帝京大戦に挑んだ。試合開始早々から勢いに乗った早大は、立て続けに3トライを決めリードを奪う。その後は帝京大に3トライを返されてしまい、同点で試合を折り返した。後半も先に得点したのは早大であったが、追いつかれ試合は拮抗する。試合終了間際、帝京大に逆転トライを許し28-35。惜しくも敗れ、帝京大へのリベンジは秋へと持ち越された。 

インゴールに飛び込むフッカー佐藤

開始直後から試合は動いた。22メートル内からの脱出を図った帝京大のキックを、ロック池本大喜(文構3=東京・早実)がチャージ。相手インゴールに転がった楕円球を池本がそのまま抑え、先制に成功する。

その後も敵陣でのマイボールスクラムからBKで展開。大外でパスを受けたWTB槇瑛人(スポ4=東京・国学院久我山)が相手の守備網を抜け、サポートに入ったSH宮尾昌典(スポ2=京都成章)がインゴールを駆け抜けた。

さらに前半14分、左隅でのラインアウトモールからフッカー佐藤健次(スポ2=神奈川・桐蔭学園)がボールを持ち出しグラウンディング。序盤に流れをつかんだ早大は3トライを挙げ、一気に点差を広げた。だが中盤以降に早大は得点を挙げられず、ここから帝京大の反撃を受け、21-21の同点で試合を折り返した。 

相手を振り切りインゴールへ向かうセンター松下

後半、早大は帝京大のオフサイドなどから度々チャンスを迎える。しかし帝京大のディフェンスに阻まれ、なかなか好機を生かしきることができずにいた。

11分、敵陣22メートル付近へのキックを相手がノックオン。ここでのスクラムを起点として、NO8相良昌彦主将(社4=東京・早実)が激しく体を当て、徐々にゴールラインへと前進する。その直後にできたラックから、宮尾がCTB松下怜央(スポ4=神奈川・関東学院六浦)へとパス。松下が持ち前のフィジカルでディフェンスを次々に突破し、インゴールへ飛び込んだ。

7点を追加し再び早大リードの展開に。だが19分に帝京大がトライを決め、同点に追いつかれてしまう。両校とも好機でトライを取り切れず、ここからしばらく試合は膠着状態となる。

36分、帝京大が50:22を成功させ、これが帝京大の決勝トライに結び付く。早大は試合終了間際まで攻める姿勢を崩すことなく闘ったが、28-35で惜しくも帝京大に敗れた。

春のリベンジを誓い、挑んだ帝京大との一戦。「春シーズンから、取りきるところを取りきれないという部分がまだ改善できていない」(相良主将)。勝負どころでのミスやパスの乱れなど、トライへとつなげられる場面を生かせなかったことが敗因となってしまった。だが、モールやスクラムでは帝京大を押し返す場面も見られ、春、夏を通して着実に成長を遂げている。また、夏合宿を通しての進化を選手ひとりひとりが感じることができたという点で収穫があったといえる。次の帝京大との対戦は、関東大学対抗戦。今度こそ帝京大にリベンジを果たし、「荒ぶる」をつかむべく日々研鑽だ。

文=山田彩愛 写真=冷水睦実・谷口花