早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

Tough Choice

2022

対抗戦/明治大学戦観戦記

舞台は東京・国立競技場。早大はこの地では実に9年ぶりとなる関東大学対抗戦(対抗戦)の最終節、明大戦に臨んだ。試合開始早々から失点し、3連続トライを許す苦しい立ち上がりに。反撃を試みた早大はWTB松下怜央(スポ4=神奈川・関東学院六浦)、FB小泉怜史(文構4=東京・早実)が得点を挙げ、7点差に迫って前半を終える。一転して後半は開始から早大ペースの試合運びを見せた。しかし、後半3分にインターセプトを許し、流れをつかみ切れない。24分にWTB槇瑛人(スポ4=東京・国学院久我山)のトライで追い上げを図るが、終盤に失点し万事休す。最終スコア21-35で敗北し、対抗戦を3位で終えた。

明大のキックオフで始まった前半、いきなり均衡が破れる。前半2分、自陣22メートル付近での相手ボールラインアウトから個々にゲインを許し、3フェーズで先制トライを献上した。9分にも明大の速いアタックに対応しきれずに被トライ。11分で14点のビハインドを負う苦しい展開になった。その後も敵陣に攻め込むものの、相手の前に出るディフェンスに苦戦し、チャンスを生かしきれない。

ようやく点を取ったのは、28分。敵陣右でのマイボールラインアウトから左に展開し、数的優位を作って最後は松下が22メートルライン付近から左際を走り切ってフィニッシュ。その後も敵陣5メートルでのマイボールスクラムを獲得し、12フェーズに及ぶ攻撃を見せるがターンオーバーされ得点には結びつかず。

だが44分、敵陣左5メートルスクラムから展開後、SO野中健吾(スポ1=東海大大阪仰星)のグラバーキックに反応した小泉がグラウンディング。CTB吉村紘(スポ4=東福岡)が難しい角度からのゴールを成功させ、14-21と7点差に追い上げて前半を折り返した。

初の赤黒スタメンで、攻守で体を張ったフランカー永嶋

後半は序盤から早大がコンテストキックを有効に使い、主導権を握ると思われた。しかし、後半3分に野中のロングパスがインターセプトされ、点差を14に広げられる。失点はしたものの、早大は敵陣でプレーする時間帯が続いた。何度も敵陣22メートルまで攻め込むが、あと一歩で取りきれない。

次にチャンスをつかんだのは24分だった。早大らしい速い展開ラグビーで数的有利を作り、大外にいた槇が10メートル付近からインゴールを駆け抜けた。再び7点差にまで追い上げ、その後も攻勢を続けた早大であったが、終盤にトライを奪われ試合はノーサイド。21-35で敗北を喫し、対抗戦最終戦を勝利で飾ることはできなかった。

右サイドを好走しトライを挙げたWTB槇

今試合の敗因は、「最初の10分間で圧力を受けてしまった」(大田尾監督)ことと、22メートルに入ったときの決定力だといえる。前半の中盤以降から後半の立ち上がりにかけて、早大らしい展開ラグビーを見せた。だからこそ、序盤の連続失点には悔いが残る。ただNO8相良昌彦主将(社4=東京・早実)という核を欠き、BKが奮闘しトライを取りきった点は収穫だろう。来週からは、いよいよ全国大学選手権が始まる。一度でも負けたら『荒ぶる』への道は途絶えてしまうトーナメント方式。来たる25日、明大にリベンジを果たすためにも、まずは来週の東洋大戦で確実に勝利を挙げたい。

文=森田健介 写真=谷口花(早稲田スポーツ新聞会)