早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

Tough Choice

2022

大学選手権/帝京大学戦観戦記

2年ぶりに上り詰めた全国大学選手権決勝の舞台。対するは、帝京大。前半早々に先制トライを奪われたものの、セットプレーを起点にWTB槇瑛人(スポ4=東京・国学院久我山)、WTB松下怜央(スポ4=神奈川・関東学院六浦)がトライを挙げる。しかし後半の流れは、完全に帝京大だった。得点を取り返そうと奮闘したが20-73で大敗。準優勝という結果で、チーム相良の日本一への挑戦は閉幕した。

試合は早速動いた。前半2分、帝京大に先制点を奪われてしまう。勢いそのままに攻め入れられるが、フッカー佐藤健次(スポ2=神奈川・桐蔭学園)のジャッカルで攻撃の芽を摘む。すると11分、ビッグプレーが生まれた。

早大ボールスクラムからCTB岡﨑颯馬(スポ3=長崎北陽台)が敵の防御網を切り込み大きくゲイン。その後SO伊藤大祐(スポ3=神奈川・桐蔭学園)が内返しパスを放ち、これに反応した槇がインゴール中央にトライを挙げた。

「分析した上でのトライ。いい形のトライだった」(CTB吉村紘(スポ4=東福岡)。

続く16分にも、敵陣22メートル内でのラインアウトから左大外までボールをつなぎ、チャンスをものにした松下がインゴール右隅に滑り込み、トライ。

「FWが接点を頑張ってくれたおかげ(松下)」。

しかし、以降は相手FWの連続攻撃を抑え切ることができず、3トライを献上。12-28とリードを許し、ハーフタイムを迎えた。

突破を図るフッカー佐藤

後半開始直後、帝京大のオーバーザトップからPGを選択し、吉村が冷静にゴールを沈める。3点を追加し、スコアは15-28。だがここからは相手優勢の時間が続く。

「コリジョンの部分で負けてしまった」(NO8村田陣悟、スポ3=京都成章)と立て続けに得点を奪われ、早大は八方塞がりとなってしまった。なんとか食らいつこうとする早大であったが、帝京大は攻撃の手を全く緩めない。

しかし後半39分、帝京大が自陣深くに攻め込み、窮地に立たされていたところを槇がインターセプト。すぐさま攻勢に転じ、グラウンドの端から端までを走り切る見事なランで待望のトライを挙げた。

それでも王者の壁は高く、後半だけで7トライの暴れっぷりを見せつけられる。終盤に見せた粘り強いディフェンスも奏功せず、ノーサイドが告げられた。最終スコアは20-73。今季4度目の対戦でも敗戦を喫し、王者へのリベンジは来季に持ち越されることとなった。

2トライを挙げる活躍を見せたWTB槇

「帝京は1枚も2枚も上手だった」(フランカー相良昌彦主将、社4=東京・早実)。

完敗を喫し、目を赤らめた相良主将。『Tough Choice』をスローガンに掲げ、チーム相良は今日までを駆け抜けてきた。低く、強く踏み込んで、相手を倒す。倒れたらすぐに起き上がり、またファイトする。どこまでもスローガンを体現し、貪欲に突き進む赤黒戦士の姿は多くの人の目に映ったことだろう。この敗戦の悔しさを次の世代につなぎ、それぞれが新たなスタートを切る。

「絶対にどこにも負けないようなスクラムを組みます」(プロップ亀山昇太郎、スポ2=茨城・茗渓学園)。

すでにバトンは受け継がれた。『荒ぶる』という凱歌を響かせるべく、来季も再び決勝の舞台に戻ってこよう。飽くなき向上心を胸に日々戦い続けてきたチーム相良、たくさんの感動をありがとう。

文=谷口花 写真=冷水睦実・山田彩愛(早稲田スポーツ新聞会)