早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

Beat Up

2024

東日本大学セブンズセレクションマッチ

 『貫禄』。ジャパンセブンズプレート優勝メンバーが、その実力をまざまざと見せ付けた。
 序盤は完全な『ワセダ選抜』ペース。チームを率いた大田尾竜彦(4年)、佐々木隆道(2年)がゲームを組み立て、快速BKが仕留める。そんな理想的な展開で、小吹和也(2年)、今村雄太(1年)、首藤甲子郎(1年)が次々と防御網を切り裂いた。上井草を包み込む「まさか…」の雰囲気。26-14。『ワセダ選抜』リードで前半を折り返した。

 しかし、「最初はセブンズの感覚を忘れていたけど、途中からは落ち着いてできた。1年生には負けないですよ」(正木健介、4年)と言うとおり、後半はプレート優勝チームが爆発。栄冠を掴み取ったジャパンセブンズを彷彿とさせる動きで、面白いようにトライの山を築いていった。相手との間合いを計り、ギャップを巧みに突くその攻撃は、お見事の一言。『ワセダ選抜』にその力を誇示するように、山田智久、山岡正典、吉永将宏(すべて4年)がインゴールを駆け抜け、完膚なきまでに相手を叩きのめした。

 54-26と最終的には点差が付いてしまったが、「隆道、小吹のスペースを埋める感覚は素晴らしい。隆道はキックオフセンスも抜群」と今泉コーチ(セブンズでは監督)は新たな発見に満足気な様子。5月5日、秩父宮で『最強』チームが暴れます!

Championチーム
先発:正木健介、山岡正典(1T)、星野邦夫(2年)、後藤翔太(3年、2T4G)、菊地和気(3年、3G)、加藤かい、山田智久(3T)
交替:小島浩之(3年、←星野)、吉永将宏(2T、←山田)、遠藤隆明(3年、←加藤)

Selectチーム
先発:今村雄太(1T)、池上真介(2年)、佐々木隆道、安藤栄次(3年、3G)、大田尾竜彦、小吹和也(1T)、首藤甲子郎(1T)
交替:桑江崇行(3年、←佐々木)、矢富勇毅(1年、←安藤)、曽我部佳憲(1年、←大田尾)


 2003年度新人早慶明戦を、6月11日(水)<対慶大1年、慶大・日吉グラウンド>、6月25日(水)<対明大1年、明大・八幡山グラウンド>に開催致します。未来の赤黒戦士にご期待ください。入部式から成長した姿をお見せします。また、日程は変更になる場合もございます。予めご了承ください。