早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

WASEDA FIRST

2023

副務部屋第37回 寮長・男・高橋銀太郎

 副務部屋へようこそ!

 やっと試験も終わり、副務部屋も復活です!副務部屋を長く休みすぎて、「副務部屋の更新楽しみにしています」「早く更新してください」などの激励のメールを・・・もらったわけではありませんが、きっと誰かは楽しみにしてくれていると信じ復活です(笑)

 さて、今回は我らが寮長「高橋銀太郎特集」です。ちなみに、写真は2月3日、銀さんの誕生日に寮生で書いたメッセージです。銀太郎という人間がみんなに慕われている証拠ですね。

 寮長とはその名の通り、上井草ラグビー部寮の長です!寮生活においては、キャプテンも寮長の指示に従います。普段、あまり表にはでない寮長という仕事についてお話します。

 寮には約45名の選手が住んでいます。そこにはもちろん様々な寮則・規律があります。寮生は、朝7時に銀さんの「起床の時間です。起きてください」という放送で起き、夜11時に銀さんの「消灯まわります。」という放送で就寝です。僕らの一日は銀さんで始まり、銀さんで終わるわけです。

 起床で起きてこなかったり、消灯後にTVを見ていたりすると「サンキュー」という罰則がつきます。風呂掃除や皿洗いをしなければなりません。この罰則を取り締まるのも銀さんです。

 銀太郎:「罰する時が一番つらい。寮則を犯した奴が、俺に挑んで来るんだよ。風呂掃除はいやだって。まっ、そういう時は・・ブチぎれます(笑) だんだんとそんな奴も減ってきた。隆道はこのチームが始まった時から、俺らのチームはまずは私生活をしっかりすることが大事と言っていたから、俺の役割は大変だった。3年の時までは俺も消灯後にTV見ちゃう人間だったから(笑) でも、今はみんなに言えるように俺自身が変わった。地位は人を作るね(笑)」

 寮長とは僕たちの「親父」です。この銀太郎という人間はまさに「男であり親父」です。僕は、大学選手権前日に、銀さんからもらった「俺の背中見とけよ」というメールを保存しています。まだまだ銀太郎語録はあります。試合前の決意表明で叫んだ言葉・・「花は桜木、人は武士。桜のように武士のように潔く散ってきます!」かっこよすぎるでしょ?この人の言葉は部員に響くんですよ!

 そんな銀さんがよく言う言葉「ちょもりび」。副務部屋第24回でも銀さんは「ちょもりび」と言っています。この「ちょもりび」という言葉の意味は不明でした。しかし、今日・・その意味が明らかになりました。

 副務「銀さん、いつも言っている、ちょもりびってなんですか?」
 銀太郎「えっ?箱根彫刻の森美術館だよ」

 「ちょもりび」とは「ちょうこくのもりびじゅつかん」でした・・。あんなに熱い言葉を残してくれた先輩は、時に意味不明なのです(笑)とにかく、「ちょもりび」という響きが好きらしい(笑)次の試合、銀さんに「ちょもりび」って言ってあげてください!きっと、喜びますよ(笑)

 さっ、明日もこの高橋銀太郎という日本一熱い男の「起床の時間です」という声で一日が始まります!