早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

WASEDA FIRST

2023

対立正大 あの悲劇からの生還


 共有されていた思いは、「原点回帰」。前に出る、テンポを上げる、動き出しのところで勝つ…。八幡山の悲劇から2週間、あるべき姿を思い出した赤黒予備軍は、ホーム・上井草で復活の勝利を挙げた。
 この日何よりも際立ったのが、FWの前に出る意識。アタックでもディフェンスでも常に『前へ』―。開始早々の2分、怒涛のドライビングモールで先制すると、ディフェンスでも自分たちより大きな相手(かなりのサイズに感じた立正大も、リーグ戦の中では一番小さいとか…。ワセダより小さいチームは存在しない???)に一歩も引かず、しっかりとワセダの形に引きずり込んだ。「あれは今のワセダが負けるときの典型的なパターンだから…」(中竹監督)。二度と同じ轍は踏まない。八幡山では仲良くお付き合いしてしまったあのスローテンポラグビーから一転、その意志の強さ、学習の跡をしっかりと見せ付けた。
 受けずに前に出て止める、正しい選択でしっかりとボールを動かす―。そんな「自分たちの形」に持ち込めさえすれば、あとは15人がひとつになって得点を重ねていくだけ。ターンオーバーからの切り返しあり、キレキレの『菅野エクスプレス』あり(教育実習明けでしたが、さすがに違います!)、CTB谷口拓郎のうまさ&強さありで、着実に相手を引き離した。「教育実習中はずっと早田くんの様子をHPでチェックしてました。昨日の試合を見て、自分もやらなきゃって…」(WTB菅野朋幸)。
 そしてそしてもうひとつ。この日強烈なインパクトを残したのが、SO村田賢史、FB田邊秀樹の啓光学園コンビ。SO村田が溢れるセンスと超ロングキックで魅せまくれば(すごかったです。まさに『プチキング』?)、FB田邊も『皇帝』五郎丸級の?ハイパンキャッチを連発(ひとつはトライに繋がってしまいましたが、抜群の安定感でピンチの芽を根こそぎ奪取!)。物怖じしない、その堂々たるプレー振りは、早くも中心選手としてのオーラが漂っていた。「こいつら、すげぇなぁ…」。前半終了間際、ふたりで崩して取ったビューティフルトライには、主将・東条雄介も思わず感嘆の声…。
 「BKのミスが多くて迷惑を掛けてしまった」(WTB菅野)と言う様に、後半は「裏に出たとき」の課題(奇しくも昨日の試合後、東条が口にしたところです)が改めて浮き彫りになったものの、ゲーム全体を通して見れば、あの悲劇を(ちょっとだけ?)払拭するナイスゲーム。「ジャパン組が抜けるので、来週は今まで以上に4年がやらないといけないですね」…。Bチームも復活し、さぁ試練の一週間。掲げる理念は、ブレない組織、マルチリーダー制。まさに格好の舞台…、『東条組』は全員で勝つ!


<教育実習明け初試合も格の違いを見せたWTB菅野先生>
「教育実習中はずーっと早田くんの様子をHPでチェックしてました(笑)。昨日もよかったっすねぇ。うまいです。ボールの貰い方がいいですし。昨日の試合の早田を見て、自分もやらなきゃと思いました。もっとトライして、もっといいプレーをしないといけなかったです…。相手も違いますから。個人としてもチームとしても課題がありますね…。個人的なことを言えば、昨年はずっと試合に出させてもらっていたけれど、最後の社会人相手ではいい突破ができなかった。もちろんAチームで赤黒を着て試合に出ることも目標ですけど、今年目指さなくてはいけないのはさらにその上。もっともっと強くて、トライを取れる選手にならないといけないです。ボールをもらったら必ずトライする。そんな選手に。WTBはトライを取る責任があるのに、昨年のトヨタ戦、東芝戦は何もできなかったですから。チーム全体として言えば、まだまだ抜けた後のフォローができていない。今日も50:50のプレーが多かった。オフロード狙ったり、そうしたところでミスが重なってテンポを下げてしまった。それで後半などは後手後手に。FWは今週の練習からすごくよくて、今日の試合でも前に出て止めてくれていたんですけど…。BKのミスが多くて迷惑を掛けてしまいました。申し訳ないです。そこはもっとつめていかないと。次は早慶戦、自分行けるんですかね…。ジャパン組が抜けるので今まで以上に4年がやらないといけないです。イキのいいのが出てきましたし、甲子郎に渉太、他のWTBもみんないいんで、争いが楽しみです。今年も赤黒を着て『荒ぶる』を歌って、最後には社会人を倒します!やっぱり2週間でもキツイですね。今週はずっと体やばかったですから(笑)」

<FB田邊秀樹抜群の安定感! 慶大のハイパントもウェルカム???>