早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

Beat Up

2024

感謝!感謝! 『北風』のただ中に…、優勝パレードを開催!

 2008年1月26日。『北風』のただなかに、優勝報告会&パレードを開催。日頃より多大なるご支援を頂く杉並区、そして上井草の皆様からの温かな御もてなしに、改めて日本一を実感しました。

 まずは杉並区のシンボル・区役所にて優勝報告会。ワセダラグビーをこよなく愛してくださっている山田区長(ご自身もラガーマンでした)、さらには「決勝は慶應あってのワセダだった」と言う石原伸晃議員!(の今年は秘書の方…)から祝福の言葉を頂戴するという名誉を、2年ぶりに得ることができました。山田区長の「1年空きましたが~」の温かい?お言葉は、中竹監督にも、選手たちの心にも沁みたはずです(笑)。山田区長、お待たせ致しました。そして、準決勝はご心配をお掛けしました!


 これで上井草に移転してからの6年間で4度の日本一。「こんなにも多くの方に応援して頂いて、愛されて、これほど恵まれた環境のクラブは日本にありません」と言う中竹監督の言葉がすべてです。いつもいつも本当にありがとうございます。進取の精神を持つ、志高き杉並区の皆様とともに、ワセダは「世界一のクラブ」(中竹監督)を目指します!


 壇上挨拶で選手たちがハニかんで?いたのは、杉並にちなんであの王子を意識したのではなく、ちょっと緊張していたからです、はい…。


 そして優勝報告会の後には、ホームタウン・上井草にて凱旋パレード。華やかな先導に、上空より降りしきる紙吹雪、そして子供たちの笑顔…。ここでもやはり心温まる御もてなしを頂戴し、部員一同感激でした。毎日通る商店街も、この日は格別。やっぱり、ワセダは上井草! 改めて、地元の皆様には感謝、感謝です。ファンの皆様とも直接交流することができたのは、大きな大きな喜びでした。お寒い中、多くの方にお集まり頂き、また日本選手権へ向けての激励もたくさん頂き、本当にありがとうございました。


 祝賀会終了後、寮でワセダ満載のラグビーマガジンを読みながら、主将・権丈太郎は呟きました…。「そろそろ、切り替えていかないとなぁ~」。オフは残り1週間。『Penetrate』完遂へ。『権丈組』、必ずやみなさまの期待に応えます!!!