早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

Beat Up

2024

<中竹監督・他競技交流記>立命大PANTHERS・古橋HC編

 監督の中竹です。今回は「他競技訪問」ではありませんが、見事ライスボールを制し、アメフト日本一に輝いた立命館大PANTHERS・古橋由一郎ヘッドコーチと先日お話する機会を頂戴致しましたので、その報告をさせて頂きます。

 本来であれば、社会人チームを撃破し日本一に輝いた際に、こちらから滋賀へお伺いさせて頂こうと思っておりましたが、先月の終わり、ちょうど東京へいらっしゃるということで、上井草での、監督部屋での会談が実現しました。

 前々からじっくりお話させて頂きたいと思っていましたが、今回もっとも伺いたかったことは、競技は違えども、いかにして社会人チームを倒し、日本一の座に登りつめたのかという点でした。少しでもワセダに参考になることがあるのではないかと思ったからです。2時間弱、様々なことについて議論させて頂きましたが、共感を覚えることがたくさんありました。

 そのなかで特に印象に残ったのが、リスクを背負ってでもチャレンジングなディフェンスをすることで、ライスボールの勝利を手繰り寄せたという点でした。どこよりも前に出るディフェンスを志向するワセダに合致する点があると、非常に勇気づけられました。

 その他にも、ディテールの部分、勝負を分けたプレーがなぜ生まれたのかについても細かく話を聞かせて頂きましたが、そこでもやはり今年のワセダが取り組んできたことに共通する部分がありました。相手にプレッシャーを懸け続ける、先読み・プロジェクションする。学生たちにも、競技は違うけれど、力を借りようという話をしました。

 そして、何より驚いたのは、PANTHERSが試合に臨む準備をいかに念入りに、緻密にやっているかということです。今回特別にミーティングの資料、ビデオもすべて見せて頂きましたが、とにかく圧巻の一言でした。練習の前、後のミーティングのボリュームと質。本当に驚いたのと同時に、ワセダももっともっとミーティングひとつひとつに拘りを持てるのではないかと、思いを新たにさせられました。

  PANTHERSとの情報交換、今後の協力を約束させて頂けたことを本当に嬉しく思います。今回、古橋さんからは多くの勇気をもらいました。まだまだ高みを目指さなくてはならないと痛感させられました。日本選手権では結果を残し、いい報告をしたいと思っています。この場を借りてではありますが、貴重な機会をくださった古橋ヘッドコーチに心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

 最後に。指導方針の話をしたなかで、モラルの重要性を改めて感じました。今後のワセダの指導にも活かしていきます。