早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

WASEDA FIRST

2023

「”B”oost Up-Aチームに駆け上がるー」【第5回】黒澤×山崎×平繁

早稲田スポーツ特集 “B”oost Up-Aチームに駆け上がるー

【第5回】黒澤健×山崎智郎×平繁秀治
 

 大学界屈指のBK陣を誇るワセダ。ことしはラストイヤーを迎えた4年生に主力が多く、春シーズン全勝の大きな原動力となった。ワセダでの学生生活はこれが最終年。今季にかける思いとは――。最終回は、バックスリーのWTB山崎智朗(スポ4=東京・国学院久我山)、FB黒澤健(スポ4=東京・国学院久我山)、FB平繁秀治(教4=広島・尾道)の3人に話を伺った。

 

――全勝で春シーズンを終えましたが

平繁:チームをまとめる側の人間じゃなかったのですが、チーム全体が監督を信じるというか、監督の言うことを意識して守ってやっているので、意思統一ができていたと思います。

山崎:いや楽しかったですね。4年生になってすごい。監督も変わってすごいやりやすかったし、雰囲気も良くて楽しかったなあというふうに感じます。個人は調子のいいときと悪いときとの差が激しくて、いいパフォーマンスができていない中でも、充実していたと思います。 黒澤  全勝は僕らが入って初めてというか、4タテとかを経験したことがほとんどなくて。やっぱり試合に勝つというのはすごい楽しいですし、その中で個人の中で、ただ勝つんじゃなくて、失点をいかにして抑えるかという高いレベルに目標を持ってきたんで、そういう意味でもいいシーズンでしたし、自分の課題も見つけることができてそれを克服できましたし、充実していたなと思います。

――春シーズンで印象に残った試合は

平繁:正直相手がどうこうというのはあんまりなかった気がしますね。チームどうこうじゃなくて、自分らがやることをやるっていう感じだったので、僕個人はそんなに敵を意識することはなかったです。

山崎:筑波大戦(早大B対筑波大B)ですかね。結果的には大勝で終わったんですが、始まる前は春一番強いと思っていましたし、きょねんあれだけやられていて、(関東大学)対抗戦でも負けてたので。チームの中でも気合いが入っていたと思います。

黒澤: 僕は最後の(Aチームの)東海大戦に出られて、その前日にはB(早大B対東海大B)でも出てたので、やっぱりレベルの違いというか、東海大、明大はやっぱりレベルが高いなと感じました。チームとしてはいけそうな感じもあったんですが。ただそこで最後締まって終われたのでよかったかなと思います。東海大とやっておいてよかったかなと思います。

――春シーズンで成長した、伸びたと思う部分は

山崎:アゴ(笑)。

平繁:アゴは伸びてねーよ!(笑)。 まあディフェンスとかは個人個人でやり方とかもあると思うんですけど、無駄走りというかフィールディングの面で全チーム安定しているなという印象があります。それに負けるわけにはいかないので、ノーバウンドでキャッチするとか、目立たないところでの当たり前のことを確実にできるようになってきてるなというのは感じました。

山崎:きょねんとやることはそんなに変わっていないというか、やることが変わっていない中で、やっぱり気持ちの部分で余裕があるというか、考えられるようになったかなと思います。いろんなことに挑戦してみようかなというのがことしだったので。

黒澤: 僕は春に体重を落として、スピード出すようにしていて、それで横の動きができるようになったので、良いものを手に入れられたかなという感じだったんですが、逆にそっちにこだわりすぎちゃってたんですよね。シンプルに突破するであったり、FBとして当たり前のことが出来ていなくて。良いものを得た反面、課題にもなってしまったかなと。ただそれは東海大のA、B戦で克服できたかなとも思うんで、タテとヨコの両方を使えるようになったのが成長ですね。

――ご自身のプレースタイルを教えてください

平繁:タテのオフェンスが売りなので。それだけですし、それしかできないので。

山崎:僕が盛り上げられるような、面白い選手になりたいです。僕がボールを持ったら、何か起こしてくれるんじゃないかっていう。見ている人が面白がってくれるような、面白い選手になりたいです。目指してます!。

黒澤:黒澤がいれば蹴られても、抜かれても大丈夫っていう。あとはもうFBのタテで突破して、(WTB原田)季郎(教4=福岡・筑紫)であったり、WTB中鶴(隆彰、スポ4=福岡・西南学院)にトライとってもらって楽しようかなという感じですね(笑)。ていうかアシストランキング欲しいよね、サッカーみたいな。

平繁:そうだよね。トライの前にラック作った選手とかね(笑)

――ラストイヤーとなりますが、4年生の雰囲気はいかがですか

山崎:こういうのを待ってたんだよね(笑)

平繁:みんながすごい変わってるなというのを感じますね。上のチームも下のチームも。多種多様で。4年のカラーって言われるとあれなんですけど、個性が強いやつが多いんで。すごい真面目に自分を追い込んでるやつもいれば、周りを巻き込んで楽しくやっているやつもいるし。バラバラなのがかえっていい方向に向かっているというのがありますね。

山崎:そうですねーいいですね(笑)。いやホントに。ふざけてるし、みんな勝手に行動しますけど、ラグビーのときはみんなちゃんとストイックにやるし、それこそ4年生に赤黒目指していない選手は一人もいないと思いますし。でもラグビー以外だと、みんなふざけてるというか、僕は真面目なんですけど、すごい楽しいです。みんな大好きです!

黒澤:僕らの代は、1年生のときから個性がすごい強くて、山下さん(昂大前主将、平23スポ卒=現コカ・コーラウエスト)の代に比べて、誰かがまとめるっていうのがなかなか難しい代で今まできたんですけど、なんかそのまんま4年生になったっていう感じで。まとまるというか、変にジェントルマンシップとかチームワークを掲げてやろうっていうんじゃなくて、自然にちゃんとできるというか。

山崎:まあこの3人は真面目なんですけどね。

一同:(笑)。

――上田竜太郎主将(スポ4=東福岡)の印象はいかがですか

黒澤:プレーで引っ張るというか。しゃべらないし。でもあんだけスクラム押してればみんなも頑張ろうと思うし。東海大戦のときの円陣でも、やっぱりオーラあるなというか、熱いことも言ったりして。

――4年生から見た下の代の印象は

山崎:普通に上手いよね。

平繁:まとまってるなあと感じます。仲良いよね。うらやましいなと思います。

黒澤:うーん僕ら4年生は、言い方悪いかもしれないですけど、他人の興味がないというか、上下というのは区別してなくて、仲良い人とは仲良いし、年齢はあまり意識してないよね。

黒澤:それはないんだけど、仲良い人同士で集まってるというか。まあでも2年生はあんまり、まとまろうっていうのは多分まだないと思いますね。3年はさすがにもう上級生なんでまとまりは意識してるのかなと思います。

――1年生の印象は

黒澤: 1年生かあ・・。

山崎:ここは平繁君が。

平繁:僕は最初の方は結構下のチームにいたので、この中ではしゃべったりしてるんですけど。うーんまあ僕から見た印象なんですけど、センスフルなやつは藤田(慶和、スポ1=東福岡)とかだけで少ないと思うんですけど、ラグビーに対して熱いやつが多いなというのを感じますね。

――特に名前を挙げるとすれば誰ですか

平繁:盛田君(志、スポ1=広島・尾道)を推したいですね。

黒澤:うんうん盛田ね。

平繁:普段はヘラヘラしてるんですけど、試合になると熱いタックルを見せてくれたり、体張るやつなんで。

――後藤禎和監督(平2社卒=東京・日比谷)はどういった方ですか

黒澤:これは誰もなにも言えないでしょ(笑)。

山崎:めっちゃいい人です。大好きです。これ書いといてください(笑)。

黒澤:言葉に愛があるよね。死と書いて愛と読むみたいな。突き放してるけど全然突き放してないみたいな。選手一人一人をしっかり見てくれている感じがしますね。

山崎:めっちゃ楽しいよね。練習とか。

平繁:もちろん厳しいから、怖いなあと思うときもあるけど、選手のとってはすごいやりやすい環境を作ってくれてるなと感じます。

山崎:きょねんと同じフィットネスやっていてもことしの方が全然楽に感じちゃうよね。あるでしょ?俺一番フィットネス好きだからチームで。

黒澤:まあきょねんを批判している訳ではないです。どっちがいいとかじゃなくて。

山崎:でも求めてた監督だからね、みんなが。なって欲しいと思っていたから。

黒澤:元々1年のときから教えてもらっていたから、どんな人かはみんな知っていたんで。逆に他の人がやる方がリスクもあるしね。

山崎:まあでも皆いいよね。監督も、4年生も下の代も。後輩も俺たちだったらやりやすいよね。

黒澤:まあ興味ないから怒らないっていう感じだけどね。僕らが1年だったときの4年生とは多分空気が違うと思います。

――3人は仲がよさそうですが、それぞれに対しての印象はいかがですか

黒澤:山崎先輩は、高校でも一つ上で、直属の先輩なので。

山崎:僕先輩なんす。

一同:(笑)。

黒澤:ということなので、高校のときから仲良くさせていただいてるんですが、本当に…。

山崎:面倒見のいい先輩で…。

黒澤:お前のしゃべる番じゃないから(笑)。BチームでBKを一緒に組んでてすごいやりやすいし、パス回せばどんどんゲインしてくれるし、まあ試合によってはきょうこいつがWTBかとかあるんですよやっぱり。まあその中で、僕の中ではランキング上位者ですね。

平繁:(山崎に対して)嬉しそうな顔しとんなぁ。

――今は敬語ではないのですか

山崎:入ってきて3日で敬語が取れました。

黒澤:智さんがザキヤマになりました(笑)。

一同:(笑)。

平繁:僕は高校のとき総体で山崎選手を見たのですが、小学生相手にプロサッカー選手がプレーしているような衝撃を受けたので山崎に憧れてて。それで同じチームになって、だんだん仲良くなっていまはハチャメチャやってますけど、僕らのチームの中で一番プレースタイルを変えて成功している選手だと思いますね。

黒澤:高校のときはもっとガチムチというか、ずんぐりむっくりしていたんです。

平繁:人にバーンとあたっても力で圧倒するようなプレーヤーだったのに、いまは正反対のスピードプレーヤーで。本当にすごいなと思います。

――では平繁選手の印象を教えてください

山崎:アゴが長いっすね。

平繁:絶対言うと思った(笑)。

山崎:いま気付いたんですけど。横向いたら長いなぁって。まあ平繁は、ずっとケガしていて、きょねんの冬にようやく復帰して、どんどん調子上げてきて、ことし初めてシニアに上がって。ケガしてはい上がってくるっていう典型的なスタイルなんで、ケガしても絶対に諦めないで、4年目で赤黒の射程圏内にいるっていうことは、今ケガしてる下級生にも絶対には励みになると思うし、そういう選手がいるっていうのはチームにとってもプラスだと思います。すごい男前でかっこいいと思います!

黒澤:普段はあんまりラグビーの話はしないよね。

平繁:そうだね。つっこみたくないとこもあるしね。

黒澤:うんうん。僕がCに落ちて平繁がBに上がったり、僕がBに上がったら平繁がCに落ちたり。なんか直接そういうのは話さないよね皆。でも春シーズン見てて平繁がすごい躍動していて、もうボール持ったら自分で突っ込むって割り切ってますね。でも僕はプレーに迷いがあって、パスなのかキックなのかとか。平繁の思い切った感じから、僕のそういう欠点を直すヒントをもらったと言いますか、お互いがいい影響を与えあっている相手ですね。グラウンド離れたら一途なんですよ(笑)。

――では最後に黒澤選手の印象を教えてください

平繁:健は、高校のときはCTBで、1年か2年の春にFBに来たんですけど、そのときからずっと、まあ同じポジションで、高校のときからどんなプレーヤーかは知ってるんで、正直嫌だったんですけど、今ははこう、すごい良い意味で自分に刺激を与えてくれているというか。僕がケガして筋トレしかできなかった中でずいぶんと差をつけられているなというのは見ていて感じるので、いま僕にとってすごいいい刺激になってます。

山崎:でも本当に結構きょねんから一緒に試合出ることが多くて、ことしの方が全然やりやすいなっていうのがあって、SOやってたのですごい器用なんですよね。平繁は逆にボール持たせていかせるみたいな感じなんですけど、黒澤は自分の要求を聞いてくれるんで、こういうふうにして、とかこんなパスちょうだい、とか言うとちゃんと対応してくれるし。まあ多分みんなそう思ってるんですけど。すごいっすね。あと年齢差を感じさせない仲の良さ!普段はやらしいですね(笑)。

――絶対に負けられないライバルはいますか

黒澤:FB片山(大輔、基理4=愛知・明和)、平繁、FB廣野(晃紀、社3=東京・早実)、藤田ですかね。その4人ですね。全員。誰がAチームで出てもFBとしてやっていけるので、一番ライバルが多いポジションだと思うので。

山崎:Aの中鶴、原田のどちらかに勝たないとAには上がれないので、その下というか、その二人以外は誰が出てもおかしくない状況なんですけど、やっぱり二人が飛び抜けてるというか、プレーを見てても、誰もがあの2人がスタメンだろうと思っているだろうし、やっぱりその二人と勝負できるように頑張るしかないと思っています。

平繁:僕も健と一緒ですね。平繁のところを黒澤に変えただけで。誰がシニアにいてもおかしくない。下手したら春シーズンで一番入れ替わりが激しかったポジションだと思うので。

――FBのポジション争いの激化についてどう考えていますか

黒澤: まあ赤黒着るっていうただの目標で考えたら、いいことじゃないですけど、『荒ぶる』歌うためには、チームにとってもいい状況だと思いますし。ね。

平繁:全く同じなんだけど(笑)。

――夏合宿にはどういう意識をもって臨みますか

平繁:僕はいままでずっとケガしてたので、皆からすればふざけるなっていう感じで、苦しみを味わわずに日陰で筋トレしてただけっていう感じなんで。だからことしは絶対にケガするわけにはいかないですし、一番成長できるっていう夏合宿を3回も逃してきているので、みんなの4倍くらいと言いたいんですが時間的にも無理そうなので、しっかりと成長していきたいと思います。

山崎:1年のときは練習以外のことがきつかったので、やることがありすぎて、練習以外で頭いっぱいだったとこもあるし。2、3年はどうだろうな・・。でもこんなにチームがいい調子で山に上れるのは初めてですし、1、2年とかのときは春全然勝てなくて山に登って、また基礎からみたいな。なんか遠い感じがしたんですけど、ことしは、チームが本当にいい状態なので。まだ分かんないですけど楽しみですね。

黒澤:今まではやりきることに精一杯というかなにか一つできるようになろうとか、そういうことを意識してやれてなかったんですが。なんか多分ことしはできそうじゃない?

山崎:うん。後藤監督がうまくやってくれそうな気がするよね。

黒澤:何回も言うんですけど、本当、例年に比べてすごい得られるものが多いような気がします。あとは帝京大戦があるので、絶対Aで出たいですし、勝ちたいですねやっぱり。

――やはり帝京大戦が一つのキーポイントになってくるのですか

山崎:そうですね。後藤さんがミーティングでAチームからEチームまで5試合あるって言ってて、5タテができたらいいというか。帝京大は上から下まで総合的に全部強いので、それはきょねんから分かっていたことで、ジュニアもやられてますし。でもことしはワセダの総合力も上がっていますし、『荒ぶる』歌うための、大きなきっかけになりうるんじゃないかなと。5タテできれば、いいきっかけになるんじゃないかなと思います。

平繁:僕は今まで試合に出られてなかったので、相手はあんまり意識したことがないというか。自分のやるべきことをやるだけです。

――ところでラグビー部のメンバーでどこかに行ったりするのですか

山崎:基本的にオフの日は会わないんですよ僕たちは(笑)。だから部室とか来たらめちゃ仲良いんですけど、みんなでどっか行こうっていうのはめったにないよね。

平繁:ないね。むしろあったら「何でなん?」ってなるよね(笑)。

山崎:オフの日に同期と会いたくないっす!

黒澤:誘われてないだけじゃないの?

山崎:あ、まじ?俺の勘違い?

一同(笑)。

――4年生はまとまっているとおっしゃてたので少し意外ですね

山崎:ラグビーはまとまってるんだよね。

黒澤:私生活ではバラバラなんだよね。オンとオフみたいな。

平繁:そうだね。

――3人はとても仲がよさそうですが、それぞれの大学での第一印象はいかがでしたか

山崎:そら僕は気まずいっすよねぇ。

黒澤:なんで山崎さんいるんだっていう話ですよね(笑)。

山崎:最初は気まずかったですよ。「こんにちは!」とか言って。

黒澤:(国学院)久我山の上下関係厳しかったからね。

平繁:高校のときはしゃべってなかったの?

山崎:いや、仲よかったよね?

黒澤:しかもCTB一緒に組んでずっと一緒にやってたので。

山崎:まあ特別仲良いってわけじゃなかったけど。でもいまは大親友です。これ書いといてください。北風祭も踊ったしね一緒に。

黒澤:そうだね。平繁は、高校ジャパンで一緒だったから。

平繁:でもそのときはそんなに絡んでなかったよね。

黒澤:そうだね。あんまりしゃべんなかったね。

――ちなみに皆さんはなぜワセダを希望したのですか

平繁:やっぱり最初は、ネームに憧れるじゃないですかワセダって。地方からするとやっぱ憧れだったので、しかも勉強では行けないので。自分でやってきたことでワセダに行けるんならと思ってワセダを志望したんですけど、いまは内側の赤黒だったり『荒ぶる』だったりを知れたので入れたことには感謝してますね。

黒澤:僕はなんか漠然と大学としてワセダっていうのを知っていて、中1からラグビー始めたんですけど、そのときは駅伝とかも強くて、エンジ色も名前もかっこいいいし、そういった漠然としたイメージがあったんですよね。高校受験のときに、ワセダに行けるんならと思って早実を受けようと思ったんですけど、電車通学が嫌だったので、そういった理由で断念しまして、久我山に入って…。でもリスクあるよねワセダ受けるの。

平繁:期間も最後の方やしね。でも他にも健は(選択肢)いっぱいあったでしょ?

黒澤:まあそうだね。でもまあ漠然とですね、ワセダに決めたのは。ラグビー部とかじゃなくて、ワセダに憧れてっていう感じですね。

平繁:でも俺らの代どっちかだよね。本当に憧れててワセダに来たっていうやつと、健みたいに漠然とラグビーやりたいって言ってワセダに来たやつと。

――山崎選手はいかがですか

山崎:僕は大学どこ行こうってなったときに、早く決めて楽なとこ行こうって思って、ラグビーできればどこでもいいやって感じだったんですけど、親っすね僕は。親がすごいワセダ薦めてくれて、幼いながらにワセダに行ってほしいっていうのを感じて。

黒澤:(笑)。

山崎:家族第一なんだよ。でも一回落ちて。もう他に行こうと思ってたんですけど親が(笑)。

黒澤:自分で決めろよ進路くらい(笑)。

山崎:まあでも親が「来年受ければ」って言ってくれて。だから端から見たらめっちゃ熱い人なんですよ僕。一浪してワセダ入りましたみたいな。まあ本当にワセダ入れてよかったし、大満足してるんで今。親に感謝です。

――ワセダの話を聞かせていただいたので、最後に他校の話を。最も意識する相手はどこですか

平繁:尾道。母校が気になる(笑)。僕のところ変わったところだったんですよ。4時起きの10時就寝みたいな。いま後輩がどんな思いをしているか(笑)。

黒澤:逆に久我山はあんま気になんないよね。大学だと、きょねん(全国)大学選手権で優勝した帝京大もそうですし、あとは明大。僕らの代は新人早明戦で96点差で負けている代なので。「4年後それを追い越す。それがワセダなんだよ」って1年のころからずっと言われてて、ことしちゃんと勝ちましたし、秋の早明戦でも勝てればいいですね。やり返したいですね。

――それでは最後に、今シーズンの抱負を教えてください

平繁:先を見て目標とか考えたことがないんですよね…。ありきたりですけど一戦一戦頑張る、ですかね。

山崎:みんなから愛されるナイスガイになりたいです。赤黒と『荒ぶる』は、あえて言うまでもないというか。それは全員、特に4年が求めているだろうし。去年とかは正直、自分が出ていなかったから『荒ぶる』と言ってもどうなのかな、と思っていたんですけど、今年になって『荒ぶる』への思いは4年だけじゃなくて部員全員が持っていてほしいと思ったし、ワセダにいる上で当たり前のことなので。毎日一日一日努力して、やるべきことをやって。誰からも愛されるナイスガイになって、結果もついてくればなと思います。

黒澤:学生スポーツ最後の年なんで、僕は社会人になってもラグビーは続けるんですけど、社会人になると引退っていうのは自分で決めるので、この時間内にどこまで行けるか、挑戦できるのは今年が最後です。やっぱり赤黒、『荒ぶる』は取りたいですけど、それは結果であって絶対に後悔したくないですね。今までやってきた学生ラグビーの集大成として後悔したくないです。トレーニングしてるときとかも、今ここで力抜いたら後悔しちゃうんじゃないかって、思うことが最近すごく多くて。だからがんばれる、それが4年生だと思うんですけど。終わったときに赤黒を着られていようがいないか、『荒ぶる』を取れていようが、分からないですけど、後悔したくないです。それだけです。

――ありがとうございました (早稲田スポーツ新聞会 北川翔一、千歩まゆあ)

早稲田スポーツページ