早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

Beat Up

2024

早明戦情報その④<早明戦の企画案内>

本日行われる早明戦の際のイベントを記載しました。

■一般開門
12時です。

■さよなら国立フィールドに立とう!企画
11:40~12:30
早明両校の一般学生各100名と早稲田稲門会から100名の計300名が、早明両校のラグビー部員とラグビー体験を行い、国立競技場のフィールドで記念写真を撮る企画。

■早稲田によるコンコースパフォーマンス
12:30~13:30
早稲田の学生サークルが、代々木門チケットもぎり付近でパフォーマンスを行います。
明治の参加はありません。

■キッズエスコート
13:53~13:55
選手入場の際、明早各校24名ずつエスコートキッズがつきます。
このエスコートキッズを行うことになったストーリーです。
心ある明治大学校友会台東区地域支部より、福島県の子供たちに「何か元気になれることに使ってほしい」ということで、明治大学校友会福島県支部宛に寄付があり、これを受けた同支部が校友課を通じてこのラグビー早明戦エスコートキッズの話を明治大学ラグビー部に打診。
この熱い想いを実現すべく、丹羽監督が早稲田の後藤監督に打診したところ、後藤監督は快諾。
早明両校で関東ラグビー協会に、この企画を申し出たところ、こちらも賛同を得て実現しました。
そこで明治大学校友会福島県支部が、福島県ラグビー協会を通じ、福島県のラグビーキッズ48名を選抜しました。
入場時には、早明両校の各スポンサー企業が提供するTシャツに、今回のプロジェクトロゴを貼りつけた同じデザインのTシャツを着用してもらい入場。すぐに記念撮影して退場します。
このTシャツは、残念ながら非売です。キッズたちにはこのTシャツを差し上げます。
このエスコートキッズにに選ばれた子供たち、そしてそれを見ている皆さんが、この早明戦を通じて元気になってくれることを、明早両校、ラグビー協会とで願う企画です。

■ハーフタイムパフォーマンス
チアリーディングほかのパフォーマンス

■プレイルームの設置
12:00~16:00
国立 青山門入って右側の通称「青山スタジオ」をプレイルームとし、子供を遊ばせたり、授乳やおむつ交換が出来るようにします。もちろん入場料などはありません。ここではおもちゃ美術館とコラボして、子供たちが楽しく遊べる場を提供します。
子連れのお客様にも、安心してご観戦できるよう企画したラグビーでは初の企画です。
なお、おもちゃ美術館館長は多田千尋さんで、明治大学のOBです。

■記念プログラム販売
早明戦の記念プログラムが販売されます。
1部1000円。
各入場門口付近にぴあの売り場が出る予定です。

■松任谷由実さん「ノーサイド」披露
16:00前後を予定
さよなら国立セレモニーとして松任谷由実さんに名曲「ノーサイド」を披露頂きます。
TV放送はなく、ご来場いただけた方のみのセレモニーとなります。
ビデオ撮影もNGです。