早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

Beat Up

2024

第二回 週刊ワセダラグビー 副将

みなさんこんにちは!3年分析・レフリーの山口明良です。
 
第二回目の週刊ワセダラグビー、今回は副将の布巻さん・小倉さんにお話を聞きたいと思います。
 
 
 
―――――副将としての今シーズンの決意を教えてください。
 
布巻 まずはプレーヤーとして高いパフォーマンスでやること、そしてチーム全体が円滑にまわるようにしっかり周りをよく見てサポートすることです。
 
小倉 グラウンドでみんながやりやすいような環境を作っていくこと、そして1年間怪我無くプレーすることです。
 
 
―――――布巻さん、ジャッカルのコツを教えてください。
 
布巻 ボールが見えたら迷わず、怖がらずにとりに行くこと。そして一回入ったらファイトし続ける。ペナルティのリスクは多少あるけど、自分でやってみていけるかいけないか見極める。無理だったらもうしないし、いけたらとことんする。最初からレフリーに合わせたりはしません。
 
 
―――――小倉さん、SOとして心掛けていることを教えてください。
 
小倉  DFです。早稲田のSOはDFが出来ないとだめだと思うので、しっかりタックルをすることを心がけています。DFでリズムを作ってその流れが攻撃につながると思っています。
 
 
―――――お互いの第一印象を教えてください。
 
布巻 真面目そうで賢いプレーヤーだと思った。けど…(笑)
 
小倉 けどなんだよ!!(笑)
 
小倉 初めて会った時はヌノが中学の時に一発レッドカードくらってたからびっくりした。
 
山口 何をしたのですか?
 
布巻 スタンピング。
 
山口 絶対にやってはいけませんよ!!
 
布巻 反省しています。(笑)
 
小倉 なんかヌノはイメージ通りでした。九州の人って感じがして。実際に大学であってもそのままでびっくりしました。
 
 
―――――オフはなにをしていましたか。
 
布巻 福岡帰って遊んでトレーニングしてました。
 
小倉 お世話になった人とご飯食べに行ったりして、体を休ませていました。
 
―――――将来のイメージはありますか?
 
布巻 これから体が動かなくなるまでずっとラグビーに携わりたいです。みんなからこんな人になりたいと言われるような人になりたいです。
 
小倉 一生ラグビーとは関わっていきたいです。どうやって関わっていくかは今後見つけたいです。
 
―――――次の人はどんな人ですか?
 
布巻 ものすごく真面目でしっかりしている人だけど、遊んだりしたらとても面白い。
もうひとりは逆のタイプで普段はふざけているように見えて、やるときはしっかりやるやつです。どちらもラグビー部を支えてくれて、すごいと思います。
 
 
 
布巻さん、小倉さんありがとうございました!!
プレーだけではなく、普段の寮生活から存在感があるお二人でした!!
 

 
(写真左から4年FL布巻峻介・4年SO小倉順平)
 
 
次回更新は4/9(水)です。