早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

WASEDA FIRST

2023

第1回週刊ワセダラグビー 主将

皆様、こんにちは。
4年レフリーの山口明良です。
昨年度に引き続き、今シーズンも週刊ワセダラグビーを担当させて頂きます。
昨年は皆様に早稲田大学ラグビー蹴球部のことをより知ってもらいたいと思い取り組んで参りました。
今年も「愛されるチーム」になるため、ラグビー部の魅力をもっとファンの皆様に伝えていきたいと思います。
1年間宜しくお願い致します。
 
さて、記念すべき第1回目はキャプテンの岡田一平(4年SH常翔学園)に話を聞きました。
 
 
山口 3月1日から新チームが始まりましたが、状態はどうでしょうか?
 
岡田 チームで色々変えようとしていますし、新しい事に対してみんなチャレンジしようという意欲があり、胸が高鳴っている状態です。
 
山口 新しい事とはなんでしょうか?
 
岡田 今年のテーマが『変革』ということで色々とチームの体制や、方針が変わりました。そのために自分達自身も、もっと変わろうとしていますし、それを感じることが出来ています。
 
山口 自分自身が変わると言うと、具体的にはなんでしょうか?
 
岡田 今までの三年間で、もっと団結力が欲しいと思いました。それはラグビー以外にも言える事です。例えば戦術はもちろん、私生活においても、みんなが同じベクトルに向けるような環境を自分達が作れるよう取り組みたいです。
 
山口 キャプテンに任命された時、どう思いましたか?
 
岡田 やるからにはやってやろうと。なんで自分かと思いましたけど、
後藤監督からは、冷静な時の判断力、発信力を買われたようです。
ただ、冷静な時だけってことは強調されました(笑)
 
山口 冷静ではない時が課題でしょうか?
 
岡田 冷静ではない時は、判断ミスがチームの穴になってしまうことが多々ありました。だから常に冷静であり続けなくてはいけません。
 
山口 今までキャプテンをやったことはありますか?
 
岡田 キャプテン経験はほとんどありません。
小学生の時にやっていたソフトボールチームではキャプテンでした(笑)
 
山口 ではキャプテンは重圧でしたか?
 
岡田 考える事は多いですが、プレッシャーではありません。ミーティングの数も増えていますし、これを継続して出来ればチームの軸がぶれることは無いと思います。
 
山口 今年はスクラムハーフの層が厚いと思いますが、そこに関してどう思いますか?
 
岡田 後藤監督には、キャプテンだけど試合に出られる保証は無いと言われましたし、みんなにも言ってもらいました。
でも、自分の中ではキャプテンは絶対に試合に出るべきだと思うので、自分がそれに見合ったスキルを身につけられるよう努力するだけです。
だから自分の中では試合に出ていないイメージはもちろんありません。
 
山口 では最後にファンの皆様へ一言お願いします。
 
岡田 多くのファンの皆様の応援や支えが力になっています。本当に感謝しています。今年は見ていて興奮するような、面白いラグビーをして行きたいです。そのために今は基礎的なことを積み上げて、反復練習を続けて土台を作って行きます。ご声援の程宜しくお願いします!!
 
ありがとうございました。チーム一丸となって岡田主将についていきます。