早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

WASEDA FIRST

2023

第6回 主務部屋 「ツイスターバック 寄贈のご報告」

第6回  主務部屋  「ツイスターバック 寄贈のご報告」
こんにちは!
主務の近田です。

はじめに、
YC&ACセブンス、東日本大学セブンス、オール早慶明三大学ラグビー~東日本大震災復興支援チャリティーマッチ~大会会場へお越しくださった皆様ありがとうございました。

YC&ACセブンスはチャンピオンシップ準優勝と、優勝には一歩及びませんでしたが皆様の温かい声援によりチーム岡田の良いスタートを切ることができました。

5月5日(火)には秩父宮ラグビー場にて流通経済大学との春季大会初戦が行われ、
15人制シーズンもいよいよ開幕となります。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。
 
さて今回の主務部屋ではツイスターバック寄贈のご報告をさせて頂きます。
愛知県の神原一郎様、河合塾生の皆様がツイスターバックを寄贈して頂きました。
誠にありがとうございました。


ツイスターバックを掲げるJr.キャプテン吉中 大典(LO スポーツ科学部4年 崇徳 手前左)と井上 大二郎(HO スポーツ科学部1年 千種 手前右)
 
ツイスターバックとは筒状のバックの中に水が入っており、水が流動的に動くことで体のバランスや体幹を鍛えることができるトレーニング器具です。ランニング・スピードトレーニングに使用しており、選手たちはツイスターバックの予想しづらい動きに悪戦苦闘をしておりますが、確実にスキルが向上しています。
ラグビー日本代表でもトレーニングに使用されており、まさに最先端のトレーニング器具と言えます。
ツイスターバックでスピードスキルを上げることで、身体が小さい早稲田大学はスピードや小刻みなステップで相手を翻弄・突破していく力になっていくと信じています。


力強い姿勢でツイスターバックを掲げる小笠原 優(PR 商学部3年 秋田高 左)
 
神原一郎様、河合塾生の皆様
この度はこのような素晴らしい器具を贈って頂き、誠にありがとうございました。選手たちはツイスターバックでさらにパワーアップを成し遂げることができます。東京という離れた場所からにはなりますが、早稲田大学ラグビー蹴球部136名の部員全員が皆様の合格を心よりお祈りしております。
ありがとうございました。
 
以上、第6回主務部屋でした。