早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

WASEDA FIRST

2023

【新入生紹介/第4回】岡村圭悟(スポ1=東京・本郷) by早稲田スポーツ新聞会

――ラグビーを始めたきっかけを教えてください
中学生の時に友達に誘われて始めました。小学校の頃から今もまだ剣道を続けているのですが、部活では剣道をやりたくないと思って、そのままラグビー部に入りました。
 
――他のスポーツがやりたいと思った時期はなかったのでしょうか
他の球技もやったことはなかったので、それはありませんでした。やったことのなかったスポーツの中で、友達にたまたま誘われて始めたラグビーが楽しかったのでそのまま入部しましたね。

――早大を選んだ理由は何ですか
一個上に岡本大輝さん(スポ2=東京・本郷)という先輩がいて、岡本先輩が大学1年生で頑張って寮に入ったという話を聞いていました。「そういうのって格好良いな」と思って早大に決めました。

――ラグビーを続けないという選択肢はあったのでしょうか
結構ありましたね。部活に入るというよりも、サークルで違う競技をやってみたり、アルバイトをしてみたりしたいとも思っていました。しかし、結局ラグビーが好きでしたし、高校の頃の仲間も多いので、続けてみようかなという気持ちが芽生えて「やってみよう」という気持ちで入部しました。

――ラグビーの魅力は何だと思いますか
僕はラグビーを始める前までは剣道しかやっていなかったので、いろいろ思うことがあります。その中で一つ挙げると、ラグビーというチーム競技に出会って、一人ではどうにもならず、全員が助け合って勝利を目指すところが魅力だと感じました。

――これまでのラグビー人生を振り返って一番思い出に残っていることは何ですか
やはり高校の引退試合ですね。中高一貫の学校で、多くの同期とは6年間一緒にラグビーをやってきたので、それは一番思い出に残っています。

――大学ラグビー部に入部して高校と一番違うと感じたことは何でしょうか
やはり体の大きさですね。先輩方を見ていると全然違うと感じます。また、男子校だったので女子マネージャーがいることは新鮮に感じましたね(笑)。

――自分の強みは何だと思っていますか
自分はジャッカルが得意なので、自分の強みはそこかなと思います。ジャッカルをするためには良いタックルをするということが重要なので、そこは意識していますね。

――現役の早大で尊敬している選手はいらっしゃいますか
4年生の小柳圭輝さん(社4=東京・国学院久我山)です。小柳さんも僕と同じように、そこまで身長が高い訳ではない選手なので、体重の面でもプレーの面でも参考にさせていただいています。身長が低くても体を張ってプレーしているところが自分の中では本当にすごいと思っています。

――ラグビー人生で感謝している人はどなたですか
たくさんいるのですが、一番は中高大とラグビーを続けさせてくれている両親ですね。中学時代のコーチや顧問の先生もそうです。そのような方々がいなかったら今の自分はいないと思っています。

――この1年の目標を教えてください
まずは体作りをしっかりしたいので、体重を増やすことを一番の目標にしています。今自分は82キロしかないのですが、90キロを目標に体作りをしていきたいです。

――早大での4年間での目標は何ですか
プレーの面も、そうでない面でも仲間を支えられるような選手になりたいと思います。