早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

WASEDA FIRST

2023

【部員紹介/第23回】桑原莉子(4年・マネージャー・厚木)

早稲田大学ラグビー蹴球部に所属する24年生の選手・スタッフが相互インタビューで理解を深める連載企画、第23回は桑原莉子(4年・マネージャー・厚木)。

取材:武者太郎 構成・写真:早稲田大学ラグビー蹴球部広報


初めて夢中になれた場所。

高校時代はテニスをやっていた。大学では応援する側になりたいと思いチアに。しかし高校の時の怪我があり、満足にチアができなかった。チアではマネージャー的な立ち位置もあったが、人間関係がうまくいかず夏でやめることになった。

バイトと学校の生活を送る中にはどこか満足できなかった。そんな時、たまたまキャンパスでビラをもらったラグビーの早慶戦を観に行き、慶應でマネージャーをしていた高校時代に尊敬していた先輩と再会する。そこからラグビーに興味を持ち、実際に早稲田のマネージャーと話すことで魅力を感じた。

ここでなら他人からの評価を気にしすぎる自分が変われると思った。そんな思いを抱き、1年生の途中から入部を決意した。

そこから時を過ごし、どんどんラグビーが楽しくなってきた。同期が試合に出てトライする姿がうれしいし、プロで活躍した選手を見るとうれしい。人の活躍を喜べる環境が楽しい。

今年は4年としてチームをまとめ、マネージャーの環境をよくしたい。また、なかなか直接の観戦ができない状況だからこそ、今までと違うやり方でファンの人とのつながりを作りたい。

早稲田ラグビーは自分に役割を与えてくれる場所だ。初めて夢中になることができた。忙しいし、やるべきことはたくさんあるけど、ラグビー部に貢献するために頑張れるこの時間を大切にしたい。