早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

WASEDA FIRST

2023

【部員紹介/第24回】和田遼(3年・CTB・早大本庄)

早稲田大学ラグビー蹴球部に所属する24年生の選手・スタッフが相互インタビューで理解を深める連載企画、第24回は和田遼(3年・CTB・早大本庄)。

取材:金井奨 構成・写真:早稲田大学ラグビー蹴球部広報


全力を尽くす場所。

中学3年生の時、最後まであきらめず戦い早慶戦に逆転勝ちした姿に感動し、将来は早稲田でラグビーをしたいと思った。どうしたら早稲田大学に入れるだろうかと考えた末に、家の近くにあった本庄早稲田を目指し、見事合格。この高校合格は彼の人生を大きく変えるものであり、今まででもっともうれしかった出来事である。そして現在、早稲田大学ラグビー蹴球部の一員となっている。

中学の時から、早稲田大学でラグビーをしたいと思い、どうしたらいいのかについて自分で調べる行動力はとてもすごいと思う。中学生の時にひとつの大学のために今後どうしたらいいのかについて考えられること、またそれに向けて努力することができる部分に感動した。先のことを見すえ、しっかり考え、行動できるところ。それが彼のよさだと思う。

今年度から監督が変わり、いつか訪れるであろうチャンスの日に備えて、彼は日々の練習に励んでいる。上井草グラウンドでの練習だけでなく、自宅に帰ってから自身のプレーを見返したりや食事管理を徹底したりしている。またプレーの面ではディフェンスで前に出ることを常にやり続けることを意識している。彼の前に出るディフェンスでチームに勢いをつけてほしいし、必ずできると感じた。

「全力を尽くす場所」が彼にとっての早稲田ラグビーである。選手だけでなく、スタッフも含め、今できる全力を尽くしているのが当たり前であるのが早稲田ラグビーのいいところだと彼は言っていた。そのような環境の中でラグビーができること、そして自分自身も全力でラグビーができていることに感謝し、日々の練習や試合に取り組んでいく。