早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

WASEDA FIRST

2023

【ジュニア選手権/慶應大学戦観戦記】

慶大のディフェンスを前にチャンスを生かせず敗北

 

小雨模様の中、早大Bはジュニア選手権の第2節、慶大B戦に臨んだ。前節は明大Bを相手に1トライしか奪えず敗北を喫した早大B。今試合で課題の修正を見せたいところだったが、反則を重ねアタックをうまく継続することができない。何度も好機を作るが慶大のディフェンスに阻まれ、7-19で敗北。早大Bは連敗となった。

 

試合開始直後から両チームともにチャンスを作る。1分、敵のゲインからピンチを迎えるが、ノットリリースザボールを誘いピンチを脱出。するとここから早大の攻撃が始まる。8分、SO伊藤大祐(スポ2=神奈川・桐蔭学園)の抜け出しから敵の反則を誘い、敵陣深くでラインアウトを獲得。ラインアウトモールを組みインゴールに押し込むものの、グラウンディングできずノートライ。14分、CTB平田楓太(スポ3=福岡・東筑)が敵をうまくかわしてインゴールに迫るが、パスミスを犯し得点につながらない。ここから試合は一進一退の攻防を繰り広げる。

 

スコアが動いたのは前半終了間際。早大は自陣右22メートル付近でボールに絡んだ際にノックオンをしてしまい慶大ボールのスクラムに。スクラムでプレッシャーを受け、最終的にはモールを組まれて慶大が先制、0-5で前半を折り返した。

 

スクラムを組む永嶋

 

後半最初にチャンスを迎えたのは早大だった。4分、キックの蹴り合いから敵のノックオンを誘い、スクラムを獲得。数回フェーズを重ね、BK陣での展開で数的有利になるものの、パスミスを犯してトライにつながらない。一転して7分、早大は敵陣でキック処理に失敗し反則を与えると、自陣深くでラインアウトの機会を作られる。ここから慶大に得意のラインアウトモールを組まれ、追加点を許してしまう。

 

流れを変えたい早大だったが、14分には自陣で反則を重ねて攻め込まれ、連続失点。ようやくチャンスをつかんだのは27分。敵陣での展開から平田が抜け出しそのままトライを挙げると、FB小泉怜史(文構3=東京・早実)のキックも成功。7-19として追い上げムードに。試合終了間際にもチャンスを迎えたが再び反則を犯して得点には結びつかず、最後は慶大がボールを蹴りだしてノーサイド。7-19での敗戦となった。

 

トライを挙げた平田

 

「チームとして攻撃の完成度が低い」というフランカー永嶋仁(社2=東福岡)の言葉のように、多くのチャンスを作ったものの最後にミスでトライを取り切れなかった点が悔やまれる。またモールで押し負ける場面もあり、課題が浮き彫りになった。しかし、前半の要所でのディフェンスや、BK陣の突破は今後も期待できる。3連敗は避けたい早大B。次戦の帝京大戦にむけてどのようにチームの完成度を上げていけるか注目だ。

 

記事:森田健介 写真:水島梨花(早稲田スポーツ新聞会)