早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

WASEDA FIRST

2023

【部員紹介/第74回】小池航太郎(2年・FL・早稲田実業)

早稲田大学ラグビー蹴球部に所属する2~4年生の選手・スタッフが相互インタビューで理解を深める連載企画、第74回は小池航太郎(2年・FL・早稲田実業)。

取材:岡﨑颯馬 構成・写真:早稲田大学ラグビー蹴球部広報

一番体を張れる選手でありたい。

父親が早稲田の出身だった影響で大学と言えば早稲田。中学生の頃から志望していた。ラグビーは高校の先輩(相良先輩)に憧れて始めることになる。そんな高校時代は選抜大会に出場できた喜びを強く覚えている。初めて大切なトーナメント戦で勝ち抜くことができてうれしかった。

高校時代には今につながる反省もある。1・2年生の時、先輩たちに委縮してしまい、ミスを恐れて100%の力を出せずに試合に出場する機会がなくなった経験。3年生では恐れがなくなっていいプレーができるようになり、再び試合に出場できるようになった。

この後悔を繰り返さないよう、今年はチームのために体を張り、各試合でタックルとジャッカルがチームで一番の選手になりたいと思っている。そのために、ポジション練習では妥協せずタックルに取り組んでいる。自分は器用な選手ではないと知っている。だからこそ、チームのために一番体を張れる選手でありたい。

早稲田ラグビーとは目的を明確に持てる場所だ。大学生活をしているだけでは得られないような経験をさせてくれるチームに対し、低く鋭いタックルで貢献したい。