早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

WASEDA FIRST

2023

【部員紹介/第86回】石橋華子(2年・マネージャー・ 東京女学館)

早稲田大学ラグビー蹴球部に所属する2~4年生の選手・スタッフが相互インタビューで理解を深める連載企画、第86回は石橋華子(2年・マネージャー・東京女学館)。

 取材:五十嵐心之介 構成・写真:早稲田大学ラグビー蹴球部広報

全力にさせてくれる場所で。
2020年の大学選手権決勝を見て、自分も早稲田大学ラグビー蹴球部の一員となり日本一を目指したいと思った。だから、実際に合格できたことが人生で一番うれしい瞬間だ。
以前タイに住み始めたばかりの時、言葉も話せず自分が言いたいことを言えずとても悔しい思いをしたことがある。そんな経験を経て、今では失敗したなと思っても、考えすぎることなく前に進もうとするため、後悔のない日々を過ごしている。
マネージャーとして選手とコミュニケーションを深めていい環境を作ることが大切だと思っている。同期をはじめとした選手と仲を深めるために、自分から笑顔で話しかけることを意識している。
また、コロナ禍もあってファンの方と関わる機会が少ないので、自分がマネージャーとしてチームの顔となり、選手とファンの方の架け橋になりたい。
早稲田ラグビーは自分を全力にさせてくれる場所だ。この舞台で全力を出し切りたいと思っている。