早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

Beat Up

2024

2023年度 1年生相互インタビュー vol.2

第2回目の本日は、

早乙女遼(SH/人間科学部/國學院久我山高校出身)×野口大雅(HO/文化構想学部/早稲田実業出身)

インタビューでは以下の質問をしてもらいました。

ラグビーを始めたきっかけ、もしくはラグビーにいつ出会ったか?
いつから早稲田ラグビー部への入部を考えていた(憧れていた)のか?
入部を実感した瞬間は?
3(入部を実感した瞬間)の理由は?
初めての春シーズン、自身の印象に残っている試合もしくは練習は?
5(印象に残っている試合・練習を選んだ)の理由は?
今年極めたいことは?
入部して知った、先輩の尊敬できるところ、尊敬した瞬間は?
オフの日は何してる?
10座右の銘や大切にしている言葉は?
11インタビュー相手に聞きたいことは?
12○○(インタビュー相手)を一言で表すと!

早乙女選手に質問!

①父が早稲田大学ラグビー蹴球部OBで、小学1年生の頃から上井草に通っていました。

②中学生の時からです。

③宮尾昌典さんとウエイトのペアになった時。

④テレビで見ていて憧れていた人だったから。

⑤新人早明

⑥日本トップレベルの相手と試合をすることができたから。

⑦今年私はやり切ることを極める。

何事も全力でやり切ることが大事だと思っているからです。

⑧毎週試合があるのにもかかわらず、一試合一試合絶対に勝ちに行くメンタリティを切らさない、先輩方の姿勢をすごく尊敬しています。

⑨自分と向き合い、自分を知ることに時間をかけています。最近は、一人で楽しめるようなことを探しています。

⑩とにかくやってみる。幼稚園の頃からの僕の座右の銘です。

⑪野口選手からの質問:ストレス発散のためにやっていることを教えてください。

風呂場で熱唱ですね。最近は立ってシャワーを浴びながらback numberの歌を歌うのにハマっています。

⑫早乙女遼は「あらゆるジャンルに強い、激chill」な人間だ!

野口選手に質問!

①小学校3年生の時に友達に誘われたからです。

②高校生の頃からです。

③新人パレード

④パレードの時に歩道のファンの人たちに新人ながら声をかけてもらえて応援していただいていることを実感したから。

⑤春季大会の帝京大学戦

⑥Aチームの人たちがとても悔しがっている姿を見て、その組織に自分がいるという自覚、実感が芽生えたから。

⑦今年私は、当たり前なことを当たり前にやることを極める。

自分は周囲と比べて体が小さいため、プレーの精度を高めてチームに貢献したいと考えているから。

⑧部室で他愛もない話をする先輩が、グラウンドに出ると目の色を変えて練習に取り組むところ。

⑨平塚英一朗くんや鈴木大和くんと銭湯や公園などでゆっくりします。1人の時間も好きです。

⑩継続は力なり 幼稚園の頃からの僕の座右の銘です。

⑪早乙女選手からの質問:モノマネしていて一番気持ちいい人は誰ですか?

とんねるずの石橋貴明さんです。

⑫野口大雅は「ユーモアの溢れる努力家」だ!

普段はふざけたり、しょうもないことを言ったりして僕たちを笑わせてくれるが、1人でスローの練習をしているのをよく目にするので、ラグビーに対する想いや努力はすごいと思う。(早乙女)

第3回目は、

狹間大介(CTB/スポーツ科学部/福岡高校出身)×原田恒耀(LO/スポーツ科学部/修猷館高校出身)

お楽しみに!

文・写真=早稲田大学ラグビー蹴球部広報チーム