早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

WASEDA FIRST

2023

2024年度 学生よりご挨拶

主将 佐藤 健次(新4年/HO/桐蔭学園)
今季主将をつとめます、佐藤健次です。
過去3年間自分の思うような結果が出ずに、悔しい思いをしました。
その分今年は僕自身、荒ぶるに向けて一番強い気持ちを持ち続け、自分自身に厳しく、チームを勝たせられる選手になります。
4年生が主体性をもって、日本一のチームを作れるように、日々の上井草での練習を大切にしていきたいです。
また荒ぶるまでの過程の中で、全員が人として成長し、多くの人から応援されるようなチームになっていきます。
応援、宜しくお願い致します。

副将 宮尾 昌典(新4年/SH/京都成章)
応援してくださっている方々の為にも今年こそは日本一の早稲田を見せたいです。
早稲田のために一年間頑張ります!
応援よろしくお願いします。

左から、細矢 聖樹、 安恒 直人

寮長  安恒 直人(新4年/HO/福岡)
昨シーズンはチームとしても個人としても非常に悔しいシーズンでした。 今シーズンは、グラウンドで誰よりも体を張ります。
また、グラウンド外の規律を守ることで、全員が強い人間になれるよう尽力します。
応援よろしくお願い致します。

副寮長 細矢 聖樹(新4年/SH/國學院栃木)
今年度副寮長を務めます、細矢聖樹です。
今年1年ラグビーに全てをかけ、必ず日本一を獲れるように頑張ります。よろしくお願いします。

左から、守屋 大誠、井上 泰志、清 透馬、清水 翔大

委員 井上 泰志(新4年/SH/東筑)
昨シーズンはベスト8で負けてしまい、改めて日本一になるということの難しさを感じました。
個人としても赤黒を着てプレーすることができず、非常に悔しいシーズンでした。今シーズンは必ず赤黒を着て自分自身で「荒ぶる」を掴みます。
そして委員という立場に選出して頂いた以上、早稲田という組織が荒ぶるを獲るにふさわしいチームになるために尽力していきます。
全部員が本気で荒ぶるを目指し、規律高く主体性のあるチームになるために、自分にしかできないことは何かを考え行動します。
応援宜しくお願いします。

委員 清水 翔大(新4年/SH/早稲田実業)
昨シーズンは大学選手権準々決勝敗退と、非常に悔しい想いをしました。
早稲田が日本一を取るために個人として、組織として大きく変化しなければいけないと思います。
日本一に向けて想いを一つにできるように、全員が主体性を持てるような組織作りに貢献していきたいです。 選手としてグラウンド内外で高いスタンダードを体現することはもちろん、下位チームや外勤での時間が長かった経験から、そのような選手とのコミュニケーションや橋渡し的な役割を担っていきたいと思います。
ファンの皆様、いつもたくさんの応援ありがとうございます。 今年度も温かいご声援のほど、よろしくお願いいたします。

委員 清 透馬(新4年/WTB/茗溪学園)
昨シーズンは怪我で1年間チームを外から見てきて、チームがどうあるべきかを考え続けてきました。
今シーズンは自分自身が赤黒に拘り続ける姿勢で周囲に影響を与えるとともに、委員として自分なりの組織像を意識しながら学生とコーチ間、学生間の双方で対話を促進し、全員が主体的に“荒ぶる“に向けて努力するチームの構築に貢献していきます。
今年も応援よろしくお願いします。

委員 守屋 大誠(新4年/FB/早稲田実業)
今年度委員を務めます、守屋大誠です。
昨年度は目標としていた大学日本一に届かず悔しいシーズンとなりました。
今年はチームの代表として自覚と責任を持ち、荒ぶる獲得に貢献します。今シーズンも温かいご声援のほどよろしくお願いします。

左から、野中 健吾、田中 勇成、栗田 文介

委員 栗田 文介(新3年/LO/千種)
昨シーズンは悔しい結果でチームが終わってしまいました。
特にFWはセットプレーの部分で多くの課題が残り、ラグビーにおいていかにFWが重要なのかを痛感しました。今シーズン、FWがどれだけハードワークできるかが荒ぶるに繋がります。
グラウンド内はもちろん、グラウンド外でもいい影響を与えられる存在になります。
今シーズン強い早稲田で必ず荒ぶる歌います。
引き続き、熱い応援よろしくお願いします。

委員 田中 勇成(新3年/FL/早稲田実業)
昨シーズン、個人としてもチームとしても大変受け入れ難い厳しい結果になりました。この結果を素直に受け止め取り組んでいきます。
常に早稲田ラグビーに対する情熱を出し続け、チームに良い影響を与えます。
応援よろしくお願いします。

委員 野中 健吾(新3年/CTB/東海大大阪仰星)
昨シーズンの悔しさを忘れず、強い気持ちを持って挑みたいと思います。
チームに貢献できるよう日々努力していきます。
よろしくお願いします。

左から、渡邉 琉斗、松永 拓実、小野 史裕、谷口 宗太郎

主務兼学生コーチ 小野 史裕(新4年/本郷)
昨シーズンは多くの人に支えてもらいながら、そのほとんどを選手兼任で活動させていただき、本当に幸せな経験をしました。
みんなに支えてもらって、リーダーにしてもらった自分にしかできないことが、きっとあると思います。
今度は自分がみんなを支える番です。
主務として、グラウンド外からチームを日本一に導けるよう全力を尽くしますので、今シーズンも変わらぬご声援のほど、よろしくお願いいたします。

副務 松永 拓実(新4年/HO/浦和)
昨年度は副務と選手を兼任し、チームに対する視野が広くなると同時に、自身の甘さや部として正さなければならない点が多く見えた年となりました。
今年度も副務という肩書きに変わりはありません。しかし昨年よりも多くのことにこだわり、荒ぶる奪還のためにチームに全力でコミットいたします。
選手として上を目指し続ける、副務として早稲田を日本一に相応しいチームにする。この二つを軸に全力で取り組むことで、自分だけができる早稲田に貢献できる役割があるはずです。
自分らしく、自分にしかできないことに1年間全力で取り組みます。
今年度も応援のほど宜しくお願い致します。

副務 谷口 宗太郎(新3年/修猷館)
今年度から選手を引退し、学生スタッフとしてこの部に携わることになります。
選手として赤黒を着ることへの未練は、まだ拭いきれていませんが、副務という形でこの部に直接貢献できる機会をいただけたことに感謝しています。
スタッフとして今後2年間、選手に日本一の環境作りを提供し続けるという使命を全うします。副務に選出された意味を考え、常に責任と自覚の伴った行動に務めます。
今シーズンもファンの皆様の応援の程、宜しくお願い致します。

副務 渡邉 琉斗(新3年/WTB/本郷)
昨シーズンは怪我もあり、思うように対外試合に出られず、何度も悔しい思いをしました。また、「荒ぶる」に対して、自分は何か貢献できているのだろうかと思い悩むことも多かったです。
そのため、今年度から副務として「荒ぶる」に大きく貢献できる機会をいただけたことに、まずは感謝しています。
選手を裏から支え、チームのために動く経験は初めてで、副務としての責任を果たせるだろうかという不安はありますが、その反面、貴重な経験をさせていただけることを楽しみにしています。
自分は選手との兼任になるので、選手が100%練習にコミットできるようにサポートする一方、グラウンドで聞いた選手の声をサポート側に伝達する架け橋のような存在になれるように努めます。
副務として、自覚と責任を持って、自らの責務を全うします。
「荒ぶる」奪還のためにハードワークします。応援よろしくお願いいたします。