早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

Tough Choice

2022

春季大会/帝京大学戦展望記

ついに昨季の大学王者・帝京大との対戦を迎える。関東大学春季大会の山場となる一戦だ。前回の慶大戦では、継続的なアタックからチャンスを生み、BKで展開して仕留める早大らしいラグビーを発揮。組織的なディフェンスとアタックが奏功し、38-21で慶大から白星を挙げた。この勢いのまま帝京大に勝利し、春シーズン最終節へと弾みをつけられるか。

招待試合として行われた慶大戦、強みである展開力を生かし、BKを中心に得点を重ねた。重要とされる入りの部分からマイボールを継続し、フッカー佐藤健次(スポ2=神奈川・桐蔭学園)が慶大の堅守を切り裂く突破力をみせる。直後にSH宮尾昌典(スポ2=京都成章)が佐藤の生んだチャンスを生かし、相手の守備の隙を突きインゴールへと駆けた。

その後NO8相良昌彦主将(社4=東京・早実)がうまく相手のディフェンスに切り込み、守備網を潜り抜けてビッグゲインする場面も。の堅実なプレーでチャンスメイクし、決定力のあるBKの攻撃につなげた。

またCTB吉村紘(スポ4=東福岡)から正確なキックパスを受けたWTB槇瑛人(スポ4=東京・国学院久我山)が鮮やかなトライを挙げるなど、積極的に仕掛けるプレーから得点を量産した。FWとBKの息の合った連携で、一貫してアタックを継続できたことが勝利に結びついたといえる。

慶大戦でハットトリックの活躍を見せたWTB槇

一方、帝京大は前節の明大戦が春季大会の実戦初陣となった。ハーフバックを起点としてBKが展開力をみせたものの、強力なFWを武器とする明大にスクラム、モールで劣勢となりセットプレーに課題が残った。

多彩なキックを持ち味にゲームをコントロールするSO高本幹也(帝京大)と、鋭いパスで積極的に仕掛けるSH李錦寿(帝京大)が指揮するBK陣の攻撃には警戒が必要だ。また、両フランカー青木恵斗(帝京大)、奥井章仁(帝京大)らを筆頭に、試合経験豊富なFW陣がラインブレイクを狙う。

前節の明大戦で敗れはしたが、まだまだ力は未知数である。早大の武器であるBKの展開力で真っ向勝負を挑み、激しいぶつかり合いを制したい。

慶大戦で圧巻の突破力を披露したフッカー佐藤

鍛錬したフィジカル、そしてスクラムとブレイクダウンでのせめぎ合いは、ここまでの試合の中で確実に手応えを感じつつある。新たにフランカー小池航太郎(商3=東京・早実)をスターティングメンバーに加えた早大FW。「セットプレーの安定」(佐藤)が勝敗を左右する鍵となることは間違いないだろう。まずはセットプレーで優位に立ち、秋に向けての自信をつけたい。一方のBKは慶大戦と同じ布陣で挑む。テンポのよい展開ラグビーで精彩を放ち、盤石の試合運びをみせたいところ。また槇、FB小泉怜史(文構4=東京・早実)らの俊足を生かし、確実に点数を取り切りたい。帝京大から大きな一勝を挙げ、秋に向かっていく追い風を吹かせたい。

(文=山田彩愛 写真=谷口花)