早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

Tough Choice

2022

対抗戦/青山学院大学戦展望記

9月10日に早大ラグビー蹴球部の秋が幕を開ける。NO8相良昌彦主将(社4=東京・早実)が率いる今季のチームのスローガンは、『Tough Choice』。加えて、昨季の敗戦でわずかなミスが敗因となったことから、細部へのこだわりの重要性を実感したという大田尾竜彦監督(平16人卒=佐賀工)は、新たに『1/1000の拘り』を要求している。チーム全員が目指す『荒ぶる』に向けて、まずは関東大学対抗戦(対抗戦)での一戦一戦の勝利をつかみ取ることが不可欠。昨季の敗戦を糧に、早大の挑戦が今始まろうとしている。

春シーズンに尽力したFWの強化。さらに、自信をつけてきたスクラムが奏功したのは、夏合宿での連戦だろう。春には完敗を喫した帝京大へのリベンジは秋に持ち越されたが、帝京大を含め、フィジカルを武器とする京産大、同大を相手にスクラムでのペナルティーを獲得し、早大は確かな手ごたえをつかんだ。

さらに、この春夏でFW選手には、より一層感情を露わにする様子が伺える。プロップ井元正大(文4=東京・早実)をはじめとしてセットプレーで勝ち切ったあとに見せる笑顔、そして雄叫び。むき出す感情の中に、春からの厳しい練習を乗り越えた選手の努力の証が感じ取れるはずだ。攻撃の起点となる頼もしいFW、もう早稲田の武器はBKだけではない。

夏合宿同大戦でボールキャリーするフッカー佐藤

一方、個々のプレーも必見である。昨季NO8としてチームを勢いづけた佐藤健次(スポ2=神奈川・桐蔭学園)は、今年度からフッカーへと転向。関東大学春季大会でもフッカーとして全試合に出場し、NO8で培ったダイナミックなフィールドプレーと共に、チームのセットプレーに安定感をもたらしている。

強みのボールキャリーでチャンスメイクするロック前田知暉(社4=東海大大阪仰星)、屈強なフィジカルとスペースを見抜いた攻撃力を有するCTB松下怜央(スポ4=神奈川・関東学院六浦)、パワフルな走りで相手を置き去りにするフィニッシャー・WTB槇瑛人(スポ4=東京・国学院久我山)などラストイヤーを迎える4年生の奮闘からも目が離せない。

さらに対抗戦デビューを飾り、新戦力として名を連ねるCTB野中健吾(スポ1=東海大大阪仰星)とフランカー粟飯原謙(スポ1=神奈川・桐蔭学園)の暴れっぷりにも注目が引き寄せられる。

WTBでの起用となる岡﨑

開幕戦となる青学大との一戦。昨年度の対抗戦は61-13と快勝したものの、前半部分で苦しめられた場面があったように80分間を通して決して油断はできない。そんな青学大戦に挑むメンバーは、ルーキーを含め対抗戦デビューを飾る選手が多い。

タテへの突破力と積極的な声掛けで鼓舞するWTB岡﨑颯馬(スポ3=長崎北陽台)は公式戦初新ポジションでの起用だ。「CTBのよさを残し、WTBの型にはまらないプレーを目指したい」(岡﨑)。

早大の安定したセットプレーからBKの展開力、そして得点に結ぶ連携の強さで確実な白星を手に入れ、開幕戦で幸先のよいスタートを切れるか。

相良主将は「一戦一戦しっかりいい準備をして、全勝できるように頑張っていきたい」と強く意気込みを見せた。テーマのひとつとしても掲げた『一戦一勝』。春から尽力してきたスクラムで優位に立ち、今年こそは『荒ぶる』へ。飽くなき向上心を胸に、早大は大学ラグビーの頂に挑む。

文=谷口花 写真=山田彩愛(早稲田スポーツ新聞会)