早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

Tough Choice

2022

【2022年度 1年生相互インタビュー vol.5】

第五回目の本日は、
谷司馬人(WTB/教育学部/早稲田実業出身)✕萩原武大(FL/スポーツ科学部/茗溪学園出身)

萩原選手が谷選手をお姫様抱っこ!(笑)

インタビューでは以下の質問をしてもらいました。

ラグビーを始めたきっかけは?(to選手、ラグビー経験者)
ラグビーにいつ出会ったか?(toラグビー未経験者)
いつから早稲田ラグビー部への入部を考えていた(憧れていた)のか?
入部を実感した瞬間は?
3(入部を実感した瞬間を感じた)の理由は?
初めての春シーズン、自身の印象に残っている試合もしくは練習は?
5(印象に残っている試合・練習を選んだ)の理由は?
今年拘りたいことは?
入部して知った、先輩の尊敬できるところ、尊敬した瞬間は?
オフの日は何してる?
10インタビュー相手に聞きたいことは?
11○○(インタビュー相手)を一言で表すと!
質問内容

谷選手に質問!
①小学校一年生の時に体験をして楽しかったからというのが建前ですが、本当は一番楽しかった野球をやりたかったものの、坊主になるのが嫌で仕方なく、次に楽しかったラグビーを始めました(笑)

②高校での引退後、自分は恵まれた環境にあったので、今まで支えてくれた人に感謝し恩返しをしたい、また小学校の時に成し遂げた日本一にもう一度挑戦したいと考えたから。

③サプライをもらった時
 
④サプライを受け取った時に、早稲田大学ラグビー蹴球部の一人の部員として認められ、「荒ぶる」を目指す気持ちをより一層強く感じたから。

⑤新人早慶戦

⑥前半慶応側にやられてはいたものの、後半に怒涛の追い上げを見せ、最後まであきらめずに戦うチームメイトに、全部員・観客の方々が応援していました。逆転を決めた真田君のトライでみんなが喜んでいるのを見て、チームが一つになっているのを感じました。

⑦スピード強化にこだわる!
その理由は今の自分のスピードは大学では通用しないと感じ、より上のチームでやっていくにはスピード強化が必要不可欠だと感じたから。

⑧2年の守屋大誠選手。
ついこの間までは早実の先輩として一緒にプレーしていたのに、今では上のチームで公式戦にも出場している姿をみて努力していると感じ、自分も同じようになりたいと感じたから。

⑨ライトノベルを読んだり、アニメを見ています。

⑩萩原選手からの質問:今1番やってみたいことは何ですか?
北海道の廃駅訪問 北海道にはたくさんの廃駅があり、鉄道マニアの私にとって、非常に興味があります。

⑪谷司馬人は「しっかりと自分を持っている人間」だ!

萩原選手に質問!
①5歳の時に保育園で地元のラグビースクールのチラシを貰って興味を引かれ、体験に行ってみたらラグビーの魅力にハマり、始めました。

②高校3年生になって進路を考えた時に、日本一を本気で目指せる早稲田に魅力を感じ、この大学のラグビー部に入ろうと決めました。

③早稲田のロゴの入ったサプライを頂いた時

④それまでは早稲田大学ラグビー蹴球部に入った実感が湧いていなかったのですが、実際に早稲田のロゴが入っているサプライを前にした時に、自分もこれを着てラグビーができる立場になったのだと強く感じたから。

⑤新人早明

⑥16年ぶりの新人早明戦勝利でチームは大いに盛り上がりましたが、僕個人としては出場することが出来ず、悔しさと情けなさが強く残る試合となったから。

⑦アタックでもディフェンスでもコンタクトの部分で一歩でも前に出ること。フォワードとしてチームのために最も求められることだと思っているので、練習からこだわりを持って取り組んでいきたい。

⑧2年の清透馬君
高校時代の同期。寮が同じこともあり、前にも増して彼のラグビーに対するストイックさを感じていて、自分も見習わなくてはいけないなと思っています。

⑨寮の友達と遊んだり、部屋でダラダラ過ごしたりしています。

⑩谷選手からの質問:「全部員の中でこれだけは負けない!」と思うことは?
ウエイトの伸びしろ(笑)
今は体重もウエイトの数値も求められているものに全然届いていないので、自分の努力次第でチームで1番成長出来る可能性があるし、成長しなければいけないから。

⑪萩原武大は、「競争心・闘争心の強い人間」だ!

第六回目は、
髙栁壮史(WTB/創造理工学部/早大学院出身)✕野中健吾(CTB/スポーツ科学部/東海大学付属大阪仰星出身)
お楽しみに!

文・写真=早稲田大学ラグビー蹴球部広報チーム