早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

WASEDA FIRST

2023

【2022年度 1年生相互インタビュー vol.11】

第十一回目の本日は、

黒川 和音(SO/人間科学部/茗溪学園出身)✕中島 潤一郎(FL/教育学部/桐蔭学園出身)

サウナーな2人!サウナ中を再現してくれました(笑)

インタビューでは以下の質問をしてもらいました。

ラグビーを始めたきっかけは?(to選手、ラグビー経験者)
ラグビーにいつ出会ったか?(toラグビー未経験者)
いつから早稲田ラグビー部への入部を考えていた(憧れていた)のか?
入部を実感した瞬間は?
3(入部を実感した瞬間を感じた)の理由は?
初めての春シーズン、自身の印象に残っている試合もしくは練習は?
5(印象に残っている試合・練習を選んだ)の理由は?
今年拘りたいことは?
入部して知った、先輩の尊敬できるところ、尊敬した瞬間は?
オフの日は何してる?
10インタビュー相手に聞きたいことは?
11○○(インタビュー相手)を一言で表すと!
質問内容

黒川選手に質問!

①3つ上の兄の影響で5歳の頃ラグビーを始めました。

②高校でのラグビーを通して、高い水準でラグビーを続けたい、挑戦したいと思い、入部を考えました。

③上級生の部員と一緒にプレーした時

④新人練を終えた後、上級生と一緒に練習した時に自分もラグビー蹴球部の一員になったのだと実感しました。

⑤新人早明、新人早慶

⑥自分たちの学年が主体となり、勝利することができ、印象に残っています。

⑦向上心を持って、ひたむきに努力を重ねることです。細かいことでも手を抜かず行うことが自分を成長させてくれると思います。

⑧練習後の個人練習やウエイトなどを主体的に意識高く行っている点がとても尊敬できます。

⑨最近は、サウナ巡りをしています。

⑩中島選手からの質問:座右の銘は何ですか?

「人事を尽くして天命を待つ」

⑪黒川和音は、「普段は物静かな印象だったけれど、話していくと自分なりの考えを持っていて、芯のある人間」だ!

中島選手に質問!

①以前ラグビーをしていた父の影響で、3歳の頃からワセダクラブに所属していました。正直なところ、気付いたらラグビーをしていたような感じなので、はっきりとは覚えていないです。

②小学生の時に所属していたワセダクラブの練習に当時参加してくれていた大学生の方達が早明戦に出場しているのを見た時です。

③上井草のグラウンドでワセダクラブの小学生や中学生が練習しているのを見た時です。

④幼い頃からずっと見て憧れてきた大学生の立場に自分がなったのだなと感じたからです。

⑤新人早明戦

⑥自分達の代での初めての試合で、早稲田らしさを出せた試合だったからです。

⑦今年こだわることはコンタクトの精度。

大学ラグビーと高校ラグビーでは一回一回のコンタクトの重さや激しさが違います。80分通して接点で戦えるように、大学レベルのコンタクトに早く追いつけるように頑張ります。

⑧桐蔭学園、そして早稲田大学の偉大なる先輩、後藤翔太さん

いつも的確なアドバイスをくださいます。入部してからより尊敬するようになりました。

⑨サウナに行ったり、一人で映画を観に行ったりしています。

⑩黒川選手からの質問:座右の銘は何ですか?

「無知の知」

⑪中島潤一郎君は「まっすぐな人間」だ!

第十二回目は、

山下 一吹(FB/教育学部/早稲田実業出身)✕吉田 慎太郎(グラウンドサポートスタッフ/政治経済学部/早大学院出身)

お楽しみに!

文・写真=早稲田大学ラグビー蹴球部広報チーム