早稲田大学ラグビー蹴球部WASEDA UNIVERSITY RUGBY FOOTBALL CLUB OFFICIAL WEBSITE

Tough Choice

2022

慶應義塾大学C戦/観戦記

すがすがしく晴れ渡った秋空の下、早大Cは慶大Cとの一戦に臨んだ。前半、自陣から抜け出せず守る時間が続く。攻撃の機会を伺うが、終始慶大ペースで試合は進み2トライを許すと、早大無得点のまま後半へ。序盤に1トライを返すが、その後は再び攻め込むことができず、7-40で慶大Cに敗北した。

前半は両校とも思うように攻められない時間が続いた。前半12分、早大がハイタックルを犯し、22メートル陣内に侵入される。ゴール前でFW陣が粘り強く守り、なんとかゴールラインから遠ざけたものの、ノットロールアウェイを取られ早大Cのピンチは続く。そしてこれを起点として慶大FWが決め切り、先制トライを献上した。

この後も慶大Cに主導権を握られたまま、自陣に閉じ込められる時間が約15分も続く。早大のミスやブレイクダウンで圧倒されると、何度も危ない場面を迎えた。それでもなんとかしのぎ切り、CTB中谷波一土(人2=東京・本郷)のキックでエリアを獲得する場面も見られた。

だが前半終盤には、ブレイクダウンの攻防戦でターンオーバーを許すと、慶大Cが再び優勢に。そして自身の反則から慶大に速攻され、インゴールを明け渡した。その直後は久しぶりに敵陣深くまで攻め込んだ早大であったが、チャンスの場面でノックオン。ミスが目立ち、無得点のまま0-14で試合を折り返した。

ブレイクするCTB中谷波

防戦一方だった前半から一転、後半戦ではどうにか攻勢に回りたいところ。だが開始早々キックオフをミスし、このチャンスから慶大にトライを許す。後半7分には、相手のペナルティーから敵陣ゴールライン手前でのラインアウトを獲得。そこから一度は慶大にボールを奪われたものの、相手のミスでボールはインゴールへ。この好機を見逃さなかったSO仲山倫平(法1=ニュージーランド・ウェリントン・カレッジ)がボールを押さえてトライ。仲山はコンバージョンキックも決め、待望の得点が生まれた。

だがその後も流れを引き寄せられず、慶大が優位なまま試合は進んだ。中盤以降には自身のミスから苦しい展開を生み、さらに3トライを追加されると7-40。大差をつけられ敗北し、課題が露呈した一戦となった。

相手をかわそうとするSO仲山

試合を通して守勢が続き、早大らしい攻撃を展開することができなかった。満足のいくような試合内容とはならなかったが、この敗戦から多くの課題が明確化したことは確かだ。ひとりひとりが感じた「自分に足りない部分とはなんなのか」という反省点。これを突き詰めていった先に、さらなる強さが待ち受けているはずだろう。「練習を頑張りたい」(中谷波)。ここからはリベンジに向け、ひたすら己を磨くのみだ。

文=山田彩愛 写真=千北佳英・森田健介(早稲田スポーツ新聞会)